映画『デメキン』は実話?ネタバレラストと感想!今田美桜がカワイイ♪

映画『デメキン』は実話?ネタバレラストと感想!今田美桜がカワイイ♪
この記事は約11分で読めます。

映画『デメキン』は、2017年に公開されました。

目が大きすぎて「デメキン」と呼ばれていじめられていた少年。

主人公デメキンの成長と、最高な仲間と喧嘩に明け暮れる、熱いヤンキー青春物語です。

そんな映画『デメキン』の実話のことや、キャスト、ネタバレと感想を紹介していきたいと思います。

>>映画デメキンを今すぐ見る!

スポンサーリンク

今をときめく俳優陣キャスト

このままではいけないと、拳を握ってやり返し、やがて福岡最大の暴走族を率いる総長になっていく。

そして、原作はお笑いコンビ・バッドボーイズの佐田正樹さんによる自叙伝な小説・コミックスになります。

大活躍の若手俳優人たちが集合しています。

主役級の方々を紹介いたします。

佐田正樹役(伊藤健太郎)

いじめられっこから暴走族の総長へと昇りつめる、赤い髪のリーゼント佐田正樹役を、健太郎さん(現在は伊藤健太郎と改名されています)

人気急上昇の若手俳優さんですね。

『アシガール』、『今日から俺は!!』、朝ドラ『スカーレット』など、人気作品に出演し、知名度がどんどん上がっている俳優さん。

映画『デメキン』が初主演となります。

合屋厚成役(山田裕貴)

主人公の唯一無二の親友。中学時代から2つ年上の彼女と付き合っている合屋厚成役を、山田裕貴さん

テレビドラマ『海賊戦隊ゴーカイジャー』のゴーカイブルー役でデビュー。

『亜人』や『あゝ、荒野』、『HiGH& LOW』シリーズなど、数多くのドラマ・映画に出演し、幅広い役柄を演じることから「カメレオン俳優」と呼ばれています。

アキ役(今田美桜)

厚成の2つ年上の彼女で、妊娠を機に結婚する美人ヤンキーなヒロイン、アキ役を、今田美桜さん

「福岡で1番可愛い女の子」のキャッチコピー通り、映画の舞台である福岡出身の女優・グラビアアイドル。

映画『デメキン』では早口な博多弁で姉さん女房的なヤンキーを好演。

最近では、テレビドラマ『半沢直樹』『親バカ青春白書』に出演して、話題となっています。

真木役(柳俊太郎)

正樹と厚成のあこがれの先輩で、弱いものを守りながらも早世した真木役を、柳俊太郎さん

 

この投稿をInstagramで見る

 

柳俊太郎(@shuntaroyanagi)がシェアした投稿 –

183cmの高身長を活かし、2009年に「MEN’S NON-NO」でモデルデビュー。

映画『東京喰種トーキョーグール』や、映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない第一章』など、個性的な役柄を演じています。

監督(山口義高)

監督は、山口義高さん。

三池崇史監督の下で助監督を務めてきた山口監督は、北村一輝主演の時代劇コメディ『猫侍』の監督さんでもあります。

他に映画『アルカナ』、映画『極道大戦争』などでメガホンを取られています。

映画『デメキン』はどこまで実話?

原作者の佐田正樹さんの不良時代を描いた『デメキン』は2009年に小説が発売。

2010年よりヤングチャンピオンにて漫画化されました。

そして今回の映画化ですが、実際に存在する人物が登場する、全て実話だということです。

これまでも、映画『クローズ』や映画『ドロップ』など、不良が喧嘩する映画などは多数ありました。

しかし、実在する暴走族を題材にした不良青春ドラマは例がないとのこと。

中でも、映画『デメキン』では、佐田さんが当時乗っていたバイクと同じようにカラーリングしたバイクを使用。

特攻服なども、当時の写真からデザインを再現しているそうです。

映画実写化にあたり、不安よりも期待が大きかったという佐田さん。

最初は「本物の不良を使いたい」とおっしゃっていたそうですが、このご時世にそれはちょっ……と、却下されたとのこと。

それでも、オーディションの時から参加された佐田さんにとって、映画化は「う、れ、し、い」の4文字だったそうです。

映画『デメキン』あらすじとネタバレ

バイクがカッコイイですね。

主人公の佐田正樹は、小学生の頃、 “デメキン”と呼ばれていじめられていました。

このままではいけないと柔道を習い、いじめっ子に反撃してからは、喧嘩負けなしの少年に成長。

中学時代に、合屋厚成と親友になり、喧嘩三昧の日々を過ごします。

やがて正樹は、高校へ進学。

一方、厚成は彼女のアキだけ働かせるわけにはいかないと、高校にはいかずに地元のラーメン屋で働き始めます。

実は、正樹と厚成には、真木伸彰というあこがれの先輩がいました。

しかし。ある日、真木の彼女が敵対するグループに暴行される事件が発生します。

怒り狂った真木は相手グループを半殺しにしましたが、その帰り路に交通事故にあい、帰らぬ人となってしまいます。

チームは解散。以来、正樹たちの地域では暴走族を作ることは禁止に。

けれど、正樹と厚成は、真木さんはきっとチームが消えることを望んでいない。と、不良仲間たちと新しいチームを結成します。

その頃、大八という、男が少年院から出所。

福岡統一の夢に、大八は正樹のもとへやってきます。

しかし、正樹は内心ビビリながらも屈しません。

そんな正樹の度胸を認めた大八。正樹もまた、大八の中に、あこがれの先輩だった真木の姿を重ねます。

チーム名を変えた正樹たちは、大八が初代総長の『福岡連合』に加わりました。

その後の正樹は、他のチームをどんどん『福岡連合』に加えていきます。

そして、18歳を迎えた大八は、総長から引退。

特攻服を正樹に渡し、二代目総長、佐田正樹が誕生します。

>>デメキン映画とマンガも!

映画『デメキン』のネタバレ結末

一方。西の方では、『蝉魔丸』というチームが、正樹たちと同じく、福岡統一の野望を抱いていました。

総長の蘭忠次は、正樹たちのメンバーを次々に襲い、病院送りにしていきます。

そこで厚成は、一人で『蝉魔丸』のアジトに向かいました。

実は、彼女のアキが妊娠し、厚成は、一刻も早く福岡統一の夢を叶えて、引退したかったのです。

しかし、厚成は返り討ちにあい、半殺しにされます。その上、病院の2階から突き落とされてしまいます。

ズタボロになった厚成のもとへと駆けつけた正樹は、アキのことと、厚成も幼少の頃は自分と同じく、いじめられっ子だったと知りました。

正樹は、厚成のかたき討ちのため、チームのメンバーで相手のアジトと乗り込みます。

大乱闘の末、正樹は忠次と屋上で一対一の勝負に挑みます。

それまでの乱闘で疲れていた正樹は、忠次の強さに圧倒されます。

しかし、正樹の強い想いは忠次を追い詰めて、重い拳で殴った正樹が勝利しました。

そうして、地元に戻った正樹は、出迎えてくれた厚成に笑いかけ、強く抱きしめ合いました。

映画『デメキン』の感想

映画『デメキン』は、原作の小説や漫画よりも、正樹と厚成のバディ感が前面に押し出された作品となっています。

お笑い芸人の佐田正樹さん原作のためか、コミカルな部分も多いですが、内容的にはドメスティックなシーンも多々あります。

これが実話とは……ハードな10代を過ごしているな~とは思いますが、正樹と厚成の絆や、先輩たちの刹那さに、胸が熱くなること間違いなしです。

正樹も厚成も、昔はいじめられっ子だったからこそ、肉体的な痛みだけではなく、精神的な痛みを乗り越えて、強くなっていったのだと思います。

血まみれで喧嘩ばかりの暴走族の映画ですが、最後まで見ると何故かさわやかな気持ちになってしまう。

どこまでも真っすぐな映画だと思います。

>>映画デメキンを今すぐ見る!




無料トライアル実施中!<U-NEXT>

タイトルとURLをコピーしました