東京タラレバ娘2020リターンズドラマの感想!2017年ドラマ内容と比べてみた!

東京タラレバ娘2020リターンズドラマの感想!2017年ドラマ内容と比べてみた!
この記事は約6分で読めます。

2017年に放送されていた日本テレビの人気ドラマ「東京タラレバ娘」。

物語は東村アキ子のマンガが原作となっています。

東京タラレバ娘リターンズドラマでは、高校の時の同級生の3人、倫子(吉高由里子)、香(榮倉奈々)、小雪(大島優子)の恋、仕事や、3人の女の友情が描かれています。

「○○だったら、○○してれば」と好き勝手に愚痴を言いながらの女子会。

丁度アラサーの私も「その気持ちわかるー!」

と、勝手に共感し、恋模様にキュンキュンしながら見ていた大好きな東京タラレバ娘です。

そんなタラレバ娘が2020年10月7日(水)「東京タラレバ娘2020」としてスペシャルドラマでかえってきましたー!

今回の東京タラレバ娘2020リターンズと、2017年のドラマの内容とについて触れてつつ感想を書いていきます。

スポンサーリンク

2017年放送の「東京タラレバ娘」の内容

高校生時代からの親友であった売れない脚本家の倫子(吉高由里子)と、ネイリストの香(榮倉奈々)居酒屋呑んべぇの看板娘の小雪(大島優子)の3人は、30歳。

日々「あーだったら」「こうしていれば」と好き勝手言いながらお酒片手に女子会をするのを楽しみにしていました。

彼氏のいない倫子の前には、以前にフッたことのある早坂(鈴木亮平)が制作会社のプロデューサーとなり登場。しかもかっこよくなっていて倫子も好意的な感情が…。

また香や小雪から「今度はプロポーズさせるのでは?」と冷やかされ、まんざらでもない倫子です。

「タラレバ女子会」している時に現れる金髪イケメンKEY(坂口健太郎)。倫子たちを「タラレバ女!」と名付けた彼に「ムカつく!」と良い印象を持っていなかった倫子でした。

しかし、そんなあるときKEYと一夜をともにしてしまいます。本名も知らないし、彼の本心もわからない。恋から遠のいていた倫子は、次に進めず、自分をどう思っているのか彼に聞くこともできずにもやもやとしてしまいます。

早坂と付き合うこととなり、ふつうの幸せを感じていた倫子でした。

そんな中KEYに心惹かれている事に気づいてしまい…

香は倫子と小雪とライブで人気のバンドをみていると、その中にはなんと香の元カレの涼(平岡祐太)の姿がありました。

運命的な再開で再び付き合う事となったのですが、涼がモデルの女と2股をかけていることが発覚。

しかし香は2番目のポジションでも良いと関係を続ける事にしたのです。

そんな中、香の妊娠の可能性が発覚します。

「これを機に涼の本命になれるかも」と思う反面、「もし嫌な顔をされたら」という思いよぎります。

結局妊娠はしていいませんでしたが、KEYのおかげで香は涼との別れを決断する事ができました。

しかし、その後涼にモデルの彼女と別れ香と付き合いたいと言われ…

小雪は石橋をたたいて渡るタイプでしたが、顔、話し方、食べ方すべてがドストライクの丸井(田中圭)に惹かれ、妻子持ちであることを知ったうえで不倫の道へと足を踏み入れてしまいます。

そんな中ルール違反だと思いながらも、妻が里帰り中の丸井の自宅へと行ってしまい…
といった内容でとっても人気のあるドラマでした。

「東京タラレバ娘2020」リターンズドラマの内容

 

今回のドラマでは33歳になった3人。

前回よりちょっと大人になった恋愛、仕事、結婚などの悩みに悪戦苦闘しています。

安定のタラレバ女子会も健在です。

初恋相手だった同級生の平沢(渡辺大知)と、恩師の葬儀で再開し、いち早く結婚した香。

幸せだと思っていた結婚生活。

実際は違っていて「結婚するのがしあわせなのかな」と思いふけってしまう状況になってしまっています。

彼のおおらかだと思っていた長所が、結婚後「鈍感」という短所になってしまっています。

また彼の母親が香の悩みの種に。「いつまで仕事をするの?」「早く孫の顔みせてもらわなきゃ」と嫌味を言い、香のいない間に掃除をしていく夫の母親。

何にも気にしていない呑気な夫。

香の「つっら…」の言葉に共感してしまいました。

早坂と別れ、KEYは海外に旅立ってしまい、新しい恋に進んでいる倫子。

朝倉(松下洸平)との順調な交際で、幸せを感じながらの「私たち結婚してみるっていうのはどう?」と逆プロポーズに成功します。

順調に結婚に向かって、準備を進めながら、幸せをかみしめる倫子。

そんな中、帰国したKEYと再会。

「元カレが花嫁を奪いにきたらどうするのか」と問われ、どぎまぎしてしまう倫子でしたが…結婚式当日、皆に祝福され、幸せいっぱいの倫子でしたが、あっと驚くまさかの展開が待っています。

自分のカフェを開業する事になり、仕事にやりがいを感じながらも、友人の結婚に寂しさと焦りを感じている小雪。

香に勧められたマッチングアプリで、いい感じの人が現れます。

一緒に飲む事になった、その人と「そこから何かが始まる事」を期待して、一夜をともにしますが…

東京タラレバ娘を視聴した感想!アラサーなら共感度抜群!

3人それぞれ立場は違います。

それゆえに、アラサーの女子なら誰かの立場に自分を投影して「わかるー」と共感してしまうはずです。

特に主婦である私は、香の夫の平沢(渡辺大知)見ながら

「なんだ、このダメ夫は!そりゃ妻出てくわ…」

結構リアルで実際こういう夫婦は多いのではないかと思いました。

そして、何よりKEY(坂口健太郎)の金髪姿、とってもかっこいいんです。

あのツンツンした所も素敵で「こんな坂口健太郎、近所にいないかなぁ…」とキュンキュンしてしまいました。

今回の「東京タラレバ娘2020」タラレバ娘の悩みの内容もちょっと大人になっています。

やっぱり共感しながら、とっても楽しく見る事ができました。

最後香は妊娠し、倫子とKEYもなんだかいい雰囲気。

小雪の今後の恋なども、気になってしまいます。

個人的には3人の今後をまた続編のドラマで見たいなぁと思いました。

タイトルとURLをコピーしました