参観日の服装【小学校】春・夏・冬で気を付けることは?

小学校の授業参観へ行くと、自宅では見られないお子さんの姿が見られて楽しみな反面、自分はどのような服装をして行くべきなのか悩んだことはありませんか?

私の住む地域では「授業参観」は、年1回程度で、その他に「学校公開」と言って、公開授業があります。
意味合いとしては授業参観なわけですが、学校公開は保護者だけでなく地域の方も自由に参観できるというものが年に数回あります。

ですから私は子供が入学前からリサーチ兼ねて学校公開に行ったことがあります。
その時の経験なども含めてお話させてもらいたいと思います。

スポンサーリンク

【小学校の参観日の服装のポイント】

では早速話を進めさせてもらいます。

まず、小学校の参観日の服装のポイントを紹介します。

入学式や卒業式ではないので、フォーマルである必要はありません。

平日の午後ですとスーツの方も見掛けますが、これは授業参観だからスーツというわけですなく、おそらくお仕事帰りに寄られる方だと思います。

世間は一般的にどうなのかなと思い調べてみると、清潔感と親しみやすさがポイントということです。

カジュアルすぎると目立つし、フォーマルである必要もないので、キレイめなカジュアルがベストということですね。

パステルカラーやモノトーン、ネイビーなどのカラーを選ぶようにして、悪目立ちしないように気を付けてください。

小学校に入学して始めての授業参加ですと、他の保護者と交流を持てるチャンスでもありますね。
ママ友を作りたいと思われている方にとってもチャンスの時です。

もし、この時にはあまり話す機会が持てないとしても、周りへの印象は大切だと思いますので、やはり服装は気を付けたいですね。

そこで、キレイめなワンピースはいかがでしょうか。

オールシーズン使えるものを1着持っていると便利です。

他には、カットソー+ロングスカートという組み合わせも最近多く見られます。
プリーツスカートを持っていると、重宝しますよ。

しかし実際に学校へ行ってみると、ジーンズの方も多くいます。

反対にいつもキレイめコーディネートの方もいますし、好みといったところでしょうか。

公立小でしたら、無理して普段着ないような服装を用意しなくても特に心配はないと思います。

【春・夏・冬のときに気をつけることは?】

授業参観は、オールシーズンあります。

私の子供が通う学校でも春・夏休み前・秋・冬に参観日がありますね。

季節の変り目など着ていくものに悩むことがあります。

そこで、季節ごとに気を付けることなどを紹介したいと思います。
まず春と夏についてです。

春と言いましても、入学式が終わってすぐの時期ですと、まだ肌寒いような日もありますし、夏と言って梅雨明けする前ですと、やはり肌寒い日もあります。

このように、春と夏は天気により、肌寒い日があり、また反対に真夏を思うような暑い日もあります。

ですから、トップスは七分袖のシャツや五分袖のサマーセーター、涼しげなブラウスなどを持っていると良いかなと思います。

それらのトップスに加えて調節ができるように、ジャケットやカーディガン等、羽織るものを持っていると安心です。

ボトムスは、ミディアム丈のスカートや膝下丈のスカート、ストレートパンツやセミフレアパンツなどがあると、その中で天気と気温に合わせて上手に組み合わせて着ていくと良いのではないでしょうか。

冬は、寒くないように身支度をして行ってください。

ただし学校は暖房が入っているので、教室で上着を脱いだら手に持つことになるので、あまりかさばらないものが良いでしょう。

またストールなどもあると便利かもしれません。

体育や総合の学習で行程体育館など寒い場所での参観もあるので、事前に参観する場所はしっかり確認して、寒くないように、また暖房で暑くなりすぎないように気をつけて準備をしていってください。

【父親の場合】

母親は、授業参観の他にも役員の仕事や保護者会等で学校に行く回数も多く、だんだんと慣れてくるかと思いますが、父親は参観日以外はあまり学校に行くということもないと思うので、服装は母親よりも悩むかもしれませんね。

お仕事の合間に来られる方は、スーツや作業着等を見掛けることもあります。

また普段着の方も多くいらっしゃる印象です。

ラフな服装でも、清潔感がある服装が望ましいですね。

しかし、ジャージで来られている方もいます。

周りは、あまり気にしてないと思いますが、悩まれるようでしたら襟付きのシャツやジャケットを着ていくようにすると特に目立つこともないかなと思います。

一般的な学校では服装は問題ない

私の話をさせてもらいます。

子供が入学前、学校に対して漠然とした不安があり、地域の小学校の学校公開に何回か行ったことがあります。

同じ幼稚園に通う友達のお兄ちゃんやお姉ちゃんがいる方に公開日を教えてもらい、参観に行かせてもらいました。

学校の授業の雰囲気・子供たちの様子・保護者の様子が見たいと思って行きました。

保護者の服装も気になってリサーチしました。

スーツの方もいますし、ニットの方もいました。

スカートの方もいますし、ジーンズの方もいました。

自由で良いんだな、と安心したことを覚えています。

【まとめ】

授業参観等、母親が学校へ行く服装、自分が子供のときに自分の親がどんなだったかを思い出すと、いつも白系のブラウスやシャツに紺の膝丈スカートという印象が強く残っています。

当時ジーンズの方はいませんでしたね。

今でいうキレイめというのでしょうか、小綺麗な服装でしたね。

しかし最近は、昔を思うと自由だなという印象が強いです。

始め周りの様子がわかるまでは、今回紹介したようなことを参考にしてもらえれば、悪目立ちすることはないと思います。

その後は、ご自分の好み、普段のスタイルでも大丈夫そうでしたら、それで良いと思います。
気負わずに、授業参観の主役はお子さんです!

お子さんの学校での姿をたくさん見てきてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました