バチェロレッテ1話~4話のネタバレ!選ばれた人と選ばれなかった人は?

バチェロレッテ・ジャパン1話から4話までネタバレ
この記事は約13分で読めます。

「バチェラー・ジャパン」の男女逆転版。

「バチェロレッテ・ジャパン」がAmazonプライムにて配信されました。

初代「バチェロレッテ」に選ばれたのは、モデルで、スポーツトラベラーの福田萌子さんです。

沖縄県出身の32歳。

スタイル抜群で、自信と知性に満ち溢れた美しい女性です。

そんな萌子さんの相手の男性陣は個性豊かな17名。

あの手、この手と、さまざまな形で萌子さんにアプローチしていきます。

はたして、だれが選ばれ、だれが落とされるのか……

「バチェロレッテ・ジャパン1」の現時点でのネタバレと感想をまとめていきます。

スポンサーリンク

バチェロレッテ・ジャパン1初代バチェロレッテと男性陣について

初代バチェロレッテの福田萌子さんは、笑顔がステキな、とてもチャーミングな女性です。

スポーツが大好き。

ごはんを食べることも、お酒を飲むことも大好き。

そして、自信があることは、なんでも楽しめること。

「愛」や「価値観」を大事にしている萌子さんは、短い時間でも17人の男性、それぞれのことが知りたいと、本気で向き合っていきます。

そんな萌子さんを奪い合う男性17人は、とても個性派な方ばかり。

また、お互いライバルなのですが、基本的にはやさしい人ばかりの印象です。

みな、それぞれがんばって萌子さんにアプロートしていきますが、その中でもアプローチできずにいるライバルを応援するなど、温かみも感じます。

そんな彼らがこの先、どうなっていくのか。

とても楽しみですね。

バチェロレッテ1話ローズはだれの手に?

「ファーストインプレッションローズ」とは、バチェロレッテである福田萌子さんが、第一印象が特に良かった人にだけ渡す、最初の、特別なローズです。

レッドカーペットの上、福田萌子さんが17人の男性をお出迎えします。

歌を歌ったり、着物で殺陣をしたり、自分で作ったスーツのジャケットを萌子さんに着させたり。

みなさん、それぞれ、自分の得意なものを披露して、アピールしていきます。

そうして、始まったカクテルパーティー。

お酒を飲みながら、萌子さんと二人でお話しようと、17人の男性が猛アタックしていきます。

初めの1本は北原一希さん

結果、萌子さんは、料理研究家の 北原一希さんに渡しました。

北原さんは常に笑顔で、自然体。

緊張していた萌子さんは、北原さんのやさしい笑顔に和んだようです。

そのほかに、自分からは全くアタックできなかった画家の杉田陽平さんが、みんなからの後押しもあって、萌子さんにイラストを渡していたのが印象的でした。

そうして、カクテルパーティーはあっという間に終わりを迎え、最後に、ローズセレモニーが行われます。

バチェロレッテが次回も会いたいと思う人にだけローズを手渡ししていくのですが、全員が渡されるわけではありません。

用意されているローズは12本。

そのうちの1本は北原さんに渡されているので、残りは11本となります。

そして、萌子さんから、ローズを渡されたのは、

残る11本のローズが渡されたのは?

  • オーダースーツテイラーの牧野龍介さん。
  • 通訳のエバンズ・マラカイさん。
  • イベントオーガナイザーの藤井達也さん。
  • 実業家の黄皓さん。
  • 金融業の榿澤涼太さん。
  • 美容系インフルエンサーの瀬戸口弘樹さん。
  • サーファーの萩原章太さん。
  • 歌手の當間ローズさん。
  • 映像クリエイターの下山裕貴さん。
  • 着物を着た役者の五島幸夫さん。
  • 画家の杉田陽平さん。 

でした。

ここでローズを渡されなかった5人は、お別れとなってしまいました。

ローズを渡されなかったのは?

  • アパレルメーカーの鈴木祥友さん。
  • モデルの楠ダニエルさん。
  • 写真家の谷口達郎さん。
  • シンガーソングライターの林完伍さん。
  • 旅作家の芹澤東洋さん。

萌子さんは5人の方とはあまりお話できなかったそうです。

短い時間で、人を選ぶのは難しいことだと思います。

萌子さんが、もっと5名の方ともお話したかったと、おっしゃっていたところが印象的でした。

バチェロレッテ2・3ネタバレ!涙を流して去っていく男性はだれ?

エピソード2、3では、福田萌子さんが生まれ育った沖縄県が舞台です。

ここでは、1on1デート。

すなわち、一対一のデートを、バチェロレッタの萌子さんから気になる男性を誘います。

ただし、1on1デート中に、萌子さんからローズを受け取れられなかった場合。

その男性は、すぐさま終了。

帰ることになってしまう、まさしくハイリスクハイリターンなシステムです。

そして。

最初に萌子さんが1on1デートに誘ったのは、若干23歳の通訳、エバンズ・マラカイさんでした。

見た目は完全に白人のエバンズさん。

でも、実は北海道生まれ、北海道育ちのバリバリ日本人。

その見た目から、いろいろな差別を受けていたのでしょうか。

萌子さんに最初、出会ったときに、彼は一冊のノートを渡します。

『表紙だけで中身を判断しないで』

エバンズさんの言葉に、萌子さんも共感します。

萌子さん自身、沖縄生まれ、沖縄育ち。

だけど、両親は関東の方なので、沖縄の血が入っていないと、自分ではどうしようもない差別を味わったそうです。

二人は全く同じ悩みを抱えながらも、乗り越え、前向きに生きようとしています。

そうして、萌子さんは、もっとエバンズさんを知りたいと、ローズを渡すことになりました。

歌手の當間ローズ

次のデートは、浜辺のサバイバルゲームを勝ち抜いた、歌手の當間ローズさん。

最初の出会いで歌いながら萌子さんの顔に触れた彼。

ブラジルとイタリアと、そして日本の血が入っているということですが、3歳の時に来日。

そこから日本に暮らしているそうです。

ローズさんが初めて覚えた日本語は「仲間に入れて」だったそうで……切ないですね。

それでも、明るく、テレビに出て、同じような状況の子どもたちの星のような存在になりたいと語るローズさんに、萌子さんもまた、心打たれます。

そして、ラテンの血でしょうか?

真っ直ぐに萌子さんの目を見つめて「好き」と呟くローズさん……

ここで、當間ローズさんもローズをもらうことが出来ました。

しかし。

翌日、新しいイケメン男性が登場。

福田萌子さんをやさしくハグする姿に、男性陣はヤキモキします。

けれど、ここで出てきた男性は、萌子さんの弟のような存在である、ケビンさんでした。

ケビンさんはパーソナルトレーナー。

ここで、全員で極限までのワークアウトがはじまります。

体力がない人はもちろん、普段から鍛えている人たちも大変そうなぐらいハードな運動をすることにより、またそれぞれの本質が見えてきた萌子さん。

藤井達也

そこで、萌子さんが次に1on1デートにお誘いしたのは、 イベントオーガナイザー の、藤井達也さんでした。

藤井さんは心底明るく、その場を盛り上げていくムードメーカーな存在です。

悪く言えば、お調子者のところがあります。

それでも、ケビンさんに対して、萌子さんと直接話して、彼女のことを知りたいとおっしゃっていたのですが……

実際に、萌子さんに質問されても何も答えられない藤井さん。

特に、「理想の自分」について聞かれても、理想の仕事像を語ってしまい、自分について語ることができません。

藤井さんは、他人に合わせられるからこそ、ご自身の言葉や考えがうまくまとまらなくなっていたのかもしれません。

人生のパートナーとしては合わないけれど、向き合いたいと言ってもらえたのは嬉しかったと言う萌子さん。

最後は、藤井さんとハグをして、その後は、和をテーマにしたグループデートをしたり、萌子さんはどんどん相手を知ろうと会話を重ねます。

そうして、沖縄最後のカクテルパーティーがはじまりました。

ここでも天然を発揮する杉田さん……

萌子さんもとうとう笑いながら「杉ちゃん」とあだ名で呼んでしまう辺り、かなりなごみ系キャラのようです。

そうして、二回目のローズセレモニーがはじまります。

ここで選ばれるのは8人。

すでに、エバンズさんと當間ローズさんがわたされているので、残りは6人になります。

選ばれたのは?

そうして、黄さん、榿澤さん、北原さん、杉田さん、牧野さん、萩原さんが選ばれました

渡されなかったのは、美容系インフルエンサー の瀬戸口さん。

沖縄での直射日光を嫌って常に日傘を持っていた瀬戸口さんですが、会話していても本当のことを言っているように思えなかったとのこと。

映像クリエイターの下山さんは、不倫をして、離婚経験があることを萌子さんに伝えました。

けれど、それはそういう経験があるだけのこと、と言い切った萌子さん。

ですが、より、萌子さんに真剣に向き合ってくれた人にローズを渡した、とのことでした。

もう一人は、役者の五島 幸夫 さんです。

言葉一つをとっても、合わない感じがしたとのこと。

何気ない一言が、合う、合わないを感じさせるのだと、改めて考えさせられました。

そうして、次の舞台は、台湾へと移ります。

エピソード4台湾編!新たなバラのストールンローズとは?

エピソード4からは、日本を出て、台湾が舞台となります。

ここから、新しいルールが加わりました。

ストールンローズという、紫色のバラが1本。

これを持っていけば、萌子さんが他の男性とデート中でも、そのデートの権利を奪うことが出来ます。

ただし。

バチェロレッテが拒めば、そこで終わり。

逆に、デートの権利を奪われたと側は帰らなくてもいいというルールです。

リスクが大きすぎると、だれもが戸惑いますが、はたしてストールンローズを使う人は現れるのでしょうか……

さて。

台湾の夜が始まりました、萌子さんの大好きな紹興酒で乾杯します。

そのまま結婚に対しての想いを語る萌子さん。

子どもがほしいという理由に、男性陣も深く頷きます。

デートの相手は?

そして、翌日、グループデートをする3人が選ばれました。

北原さん、牧野さん、杉田さんです。

朝、昼、夜と時間帯を3回にわけて、デートをします。

朝一番のデートを選んだのは牧野さんでした。

牧野さんは、朝からやっているお店で食べ歩きをした後、台湾の愛染染め体験をしにいきます。

そこで、この番組に応募したのは、スーツの魅力を広めたかったからと、はっきりと口にした牧野さん。

萌子さんはやっと本音が聞けたと喜びます。

昼のデートを選んだのは杉田さんでした。

ランタンに字を書いて、ランタンを浮かべる体験をするデート。

そこで、「愛」についての言葉をそれぞれランタンに書いてみることに。

杉田さんは愛のことを「花びら」と表現しました。一方、萌子さんは「生きる」という言葉を書きました。

過去の恋愛話や、その後に感じたことを話す杉田さんを、真剣に見つめる萌子さん。

ランタンを上げたあと、杉田さんは萌子さんを描いた油絵をまた見せます。

萌子さんの色を知り、沖縄の海の色を重ねて、指先にオレンジを載せた杉田さんの絵に、萌子さんは感動して涙を流しました。

最後の夜のデートは北原さんです。

パンっと手を叩くと、たくさんの提灯に火が灯り、幻想的な台湾の夜が始まります。

そこで、北原さんは自慢の料理を振舞いました。思い出の親子丼を、大きく口を開けて食べる萌子さんがとてもかわいかったです。

しかし。

なんとここで、カクテルパーティーと、ローズセレモニーとなりました。

デートをしたのは3人だけ。

他の人たちは焦りだします。

サプライズローズを受け取ったのは?

その上、みんなの前で、萌子さんからのサプライズローズを受け取ったのは、だれも予想していなかった、杉ちゃんさんでした。

杉田さんの感受性の豊かさに、萌子さんは「すべての瞬間が幸せだった」そうです

感激のあまり、言葉が出ない杉田さんに対して、嬉しそうに笑う萌子さんがとても美しかったです。

そうして、ここで選ばれる男性は7人となりました。

既に、杉田さんがサプライズローズを受け取っているので、残りは6人。

サプライズローズを受け取ったのは、

  • ローズさん。
  • 黄さん。
  • エバンズさん。
  • 牧野さん。
  • 北原さん。
  • 榿澤さん。 

選ばれなかったのは萩原さんでした。

萌子さんにとっては、萩原さんと会話をしていても、どこか合わない、ちぐはぐな印象だったようです。

さて。

ここで、明日の朝、6時からランニングをしましょうと約束して、笑顔で先に部屋へ戻る萌子さん。

残った男性陣の和やかな雰囲気の中、黄さんは一人だけ無言のまま去っていきます。

中国人の黄さんにとって、台湾はホームグランド。

なのに、萌子さんに対してあまりアプローチができないことに、あせってきているのかもしれません……。
\\バチェロレッテ・ジャパンはアマゾンプライム限定//
>>>Amazonプライム・ビデオ

\初回30日間は無料!/

バチェロレッテ・ジャパン1話~4話までの感想まとめ!

旅の終わりは私が決める。私の旅だから。

これは福田萌子さんが、最初に語っていた言葉です。

この言葉通り、萌子さんの旅は始まったばかり。

今回の、男女逆転版の「バチェロレッテ・ジャパン」は、かなり好評のようです。

それはやはり、バチェロレッテである福田萌子さん自身の魅力が素晴らしいからではないでしょうか?

聡明で、思いやりがあって。

かわいらしい笑顔と、芯の強さを兼ね備えた、真のセレブ。

けれど、萌子さんもまた、過去になんらかのトラウマがあったような感じもします……

そして。男性陣を選んでいく姿がブレずに、一貫しているのが素晴らしいと思います。

そんな素敵な萌子さんに、どんどん惹かれ、成長していく男性陣。

特に、杉ちゃんこと、杉田さんと萌子さんの距離の縮まり方には、きゅんとしました。

けれど、他のみなさんにも頑張ってほしいです。

はたして、バチェロレッテに選ばれる最後の1人はだれなのか。

早く続きが見たいな~と思います。

タイトルとURLをコピーしました