35歳の少女『3話』ドラマネタバレ!多恵との仲直り方法とは?

スポンサーリンク
35歳の少女『3話』ドラマネタバレ!
この記事は約7分で読めます。

35歳の少女は、10歳の時の事故で25年間眠ったままだった望美が目を覚まし、自分の置かれた状況に戸惑いながら自分を見つめていくドラマ。

35歳の少女の第2話では、望美が家族の苦しみに気付き自分が成長することで家族の罪悪感を取り除こうとします。

最後には家族の絆がもう一度強くなるかと思われました。

しかし、第3話では再び家族の絆に亀裂が入ります。


(参考:日テレ公式チャンネルより)

望美は壁を乗り越えることが出来るのでしょうか。

ネタバレがありますので、知りたくないという方は気を付けてくださいね。
スポンサーリンク

結人と会わせたくない多恵の心情。

25年の眠りから覚めた時岡望美(柴咲コウ)は、母の多恵(鈴木保奈美)と2人で暮らしています。

25年前は父の進次(田中哲司)と妹の愛美(橋本愛)と4人で仲良く暮らしていたので、怖い顔ばかりする母の多恵との暮らしにはまだ慣れていません。

望美は小学校の同級生だった広瀬結人(坂口健太郎)に勉強を教わりたいと相談しますが、多恵は結人に会うことを快く思っておらず、望美を学習塾に通わせることになりました。

小学生に混ざって勉強する望美でしたが、全くついて行くことができず肩身の狭い想いをしていました。

達也に向き合おうとする進次

仕事先でキャッチボールをする親子を見た進次は、血のつながらない息子である達也(竜星涼)ともう一度向き合おうと決意し、達也の部屋をノックします。

部屋から出てきた達也は、整形がしたいと言って「100万円くれるなら部屋から出る」と言い出し、進次と加奈(富田靖子)を驚かせるのでした。

翌日、進次が望美と2人と会っていると、突然多恵があらわれ進次を攻め立てます。

進次の言動を全否定する多恵に対して、進次は「お前の周りからは誰も居なくなる」と捨て台詞を吐き去っていきました。

仕事もプライベートもうまくいかない愛美

大手広告代理店で働く愛美は、仕事ができるのに評価されず、恋人だった上司の相沢秀男(細田善彦)は部下の林田藤子(大友花恋)に奪われストレスをためていきます。

愛美は結人に愚痴聞き代行を頼み、お酒を飲みますが悪酔いして頭部にケガを負ってしまいました。

けがをした愛美は実家に連れてこられて、多恵に看病してもらっていました。

一瞬、昔のママかと思い喜ぶ愛美でしたが、目の前にいたのは不機嫌そうな顔を浮かべ自分の失敗に冷たく意見する母だったので不貞腐れてしまいます。

望美が結人に会いたいと言うのに反対していることを知ると、愛美は多恵の行動を否定し家を出て行ってしまいました。

進次も愛美も、望美を守ろうとする多恵の行動を全否定します。

否定されても平気な顔の多恵でしたが、心の中では傷ついていたのです。

多恵の目を盗み結人の代行業を手伝う望美。

望美は結人に図書館で勉強を教えてもらっていました。

結人は小学生の頃から教えるが上手かったので、よく理解できると喜ぶ望美でしたが、結人は代行業の仕事が入っていて忙しかったのです。

望美は、世の中を知るため結人の代行業を手伝いたい言い、リア充を求める依頼人のパーティに参加することになります。

うまく空気を読むことが出来ない望美は依頼者に対して失礼な態度をとってしまい、挙句勝手にお酒を飲み倒れてしまいました。

結人が望美を連れ帰ると、多恵は望美を危険にさらした結人に怒り、もう望美と会わないようにと迫ります。

対して結人は、教師をしていた経験から多恵がなんでも理解している口ぶりだが「何もわかっていない」と反論したのです。

多恵は少し傷ついた顔をしながら、「まるで今でも教師みたいね」と結人を冷ややかな目で見つめます。

教師という仕事に未練のある結人、望美の携帯の番号を消し家から去っていきました。

父に教わった母との仲直り方法。

多恵による望美の監視はさらにエスカレートしていきます。

望美の部屋に監視カメラを取り付け、玄関にも外から鍵をかけてしまいます。

望美は25年前に進次から教えてもらった仲直りの方法を思い出しました。

仲直りの方法とは、手紙を読むこと。

25年前、知らない人について行って多恵に怒られた時にもおこなった方法でした。

望美は手紙を書こうとしましたが、何を書いて良いのかわかりません。

家を抜け出し、結人に会おうとした望美でしたが、多恵に見つかってしまいます。

変わってしまった多恵の真相。

家に戻り自分の言う通りにしろという多恵に対して、望美は
「大好きだったママじゃない」
と多恵を振り切り結人のもとへ走り出してしまいました。

図書館で結人にあった望美は、母のことを相談しますが自分で考えろと突き放されてしまいます。

1人考えこむ望美でしたが、手紙は書けません。

息抜きのためカフェで結人と話していると、望美はやっと大切な事に気が付き手紙を書くことが出来ました。

一方、望美に嫌われ落ち込む多恵は、望美が眠っていた25年間を思い出していました。

望美が目覚めれば、幸せなことが待っていると信じていたのに進次にも愛美にも、望美にさえ嫌われてしまい悲しむのですが、「嫌われることには慣れている」と強がるのでした。

手紙を書き終え、明るい表情で帰宅した望美は25年前と同じように、多恵に手紙を読み始めます。

望美が気づいた大切なこととは、母・多恵を抱きしめて「ありがとう」という事。

ハグをしたいという望美に対して多恵は、字が上手くなったと望美を褒め、週に2回結人と勉強する事を認めました。

喜んだ望美は多恵に抱きつき、多恵の目を見て「ママ、大好き」と言うのでした。

まとめ:母・多恵の葛藤と苦悩。

第3話では望美の母・多恵の心の動きが繊細に描かれていました。

望美を危険から守りたいという気持ちが暴走してしまい、監視カメラやGPS、しまいには玄関に外から鍵をかけて望美を閉じ込めようとする多恵。

もちろん過剰な行為でありますが、娘を心配する親心なのでしょう。

多恵は自分の気持ちを表に出すことが苦手なので、夫の進次や娘の愛美にも傲慢だと誤解されてしまいます。

望美が目覚めるまでの25年間でも多くの誤解があったのだと思います。

仕事でも嫌われ水をかけられてしまう事があった多恵は「嫌われることは慣れている」という言葉で自分を律していました。

そんな多恵に対し、今回は10歳のままの望美の素直さがハグという形で多恵の心を軽くする事が出来たのではないでしょうか。

次回は進次や愛美の抱える問題にも深く切り込んだ内容になると思います。

望美は家族の絆を取り戻す事ができるのでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました