姉ちゃんの恋人第2話!両親の交通事故がトラウマの桃子の心の傷

スポンサーリンク
姉ちゃんの恋人第2話!両親の交通事故がトラウマの桃子の心の傷
この記事は約6分で読めます。

姉ちゃんの恋人第2話は、一家の大黒柱として家族を支える安達桃子に訪れた恋の予感。

クリスマスに向けて仕事を頑張る桃子と真人は徐々に仲良くなっていきます。

しかし第2話では、桃子の心の傷が明らかに。

今回も見逃せない、姉ちゃんの恋人第2話をさっそく見ていきましょう♪

ネタバレがありますので、ご注意ください。
スポンサーリンク

クリスマス商戦を通じてお互いに意識しあう桃子と真人

安達桃子(有村架純)は両親を亡くし一家を支える大黒柱。

ホームセンターの仕事では、クリスマス商戦のリーダーを任され気合が入っています。

桃子は店内のクリスマスレイアウトにかかる予算審査の結果を待っていました。

今年のクリスマスレイアウトでは、桃子と配送部の吉岡真人(林遣都)の案で本物のモミの木のツリーを飾る計画なのです。

母・貴子(和久井映見)が働くお弁当屋を手伝う真人も予算審査を気にしています。

真人はモミの木のツリーが実現できなかったら、桃子が悲しむだろうと心配していたのです。

ホームファッション売り場のチーフ・市原日南子(小池栄子)の元に電話がかかってきて、無事予算が承認されクリスマスレイアウトを実現することが出来るようになりました。

早速、クリスマス商戦の会議で報告すると、真人もひときわ喜びます。

やる気にあふれる会議の中、部下の桃子の様子から真人を意識し始めていることに気付いた日南子でしたが、そっと2人を見守ることにしました。

ハロウィン当日の営業終了後は、クリスマスレイアウトを1晩で完成させなければならない大仕事。

リーダーとして張り切る桃子と、モミの木を搬入する真人は連携を確認しながら仲を深めていきます。

仕事中の真人を見る桃子。

会議が終わったあと、桃子は配送部の様子を見かけます。

そこには真人がフォークリフトを操作し、熱心に仕事をしている姿がありました。

桃子は以前親友の浜野みゆき(奈緒)に対して、「楽しそうに仕事する人が好き」と話していたことを思い出し、真人に恋心を抱き始めていることを自覚するのでした。

一方真人は、クリスマス商戦の計画を上司の高田悟志(藤木直人)に説明の上、協力をお願いします。

悟志と話す真人は、みんなで一緒に取り組む楽しさを感じクリスマスレイアウトを成功させたいという気持ちをより一層強くしていました。

しかし真人の母・貴子は、楽しそうに仕事をする真人を見て喜びますが、同時に真人が傷つくのではないかと心配もしていました。

真人は過去に心の傷を負っているのです。

真人はふとクリスマスのことを考えることも増えたのですが、他界した父との楽しい思い出を思い出し、悲しみと苦しみでつらくなることもあるのでした。

10月28日のトマト鍋パーティ

朝から上機嫌な桃子は3人の弟たちと食卓を囲っていると、農学部に通う長男の和輝(髙橋海人)から相談を持ち掛けられます。

大学で育てているトマトを大量に譲ってもらえるから、トマト鍋パーティをしたいと言うのです。

4人の予定を確認してパーティは28日に開催することとなり、叔父の川上菊雄(光石研)と浜野みゆきを誘うことになりました。

パーティ当日、桃子が仕事の間弟たちが鍋の準備をしているところに叔父の川上とみゆきがお土産を持参してやってきます。

あとは桃子が帰ってくるのを待つだけだったのですが、桃子は仕事でミスをしてしまっていました。

桃子はお客様に受け渡す商品の配送ミスをしてしまい、お店に商品が無かったのです。

調べてみると夜には配送スタッフが荷物を届けてくれるので、桃子はお客様の自宅まで届ける約束をして何とかトラブルは回避。

自分でミスをカバーできたものの普段あまりミスをしない桃子は落ち込んでいます。

パーティに遅れると連絡をもらった弟たちも桃子が落ち込んでいることに気付き、トマト鍋を食べるのは桃子の帰りを待つことになりました。

ゲームをしながら桃子の帰りを待つ間、話題は桃子のことばかり。

弟たちは「誰かが姉ちゃんを傷つけたら許さない」と言い、桃子を大事に思っていることを川上もみゆきも再確認したのでした。

桃子の心の傷。理想のドライブデートを語る桃子。

お客様に届ける荷物を受けとった桃子はお客様の家まで自転車で向かおうとしますが、距離があるので真人が車で送ることになりました。

お客様の家に向かう途中、緊張した面持ちで車に乗る桃子。

無事にお客様に荷物を届けホッとする桃子でしたが、車に乗るとまた様子が一変して手が震えだします。

帰宅途中、どうしても怖くなってしまい桃子は車から降りしゃがみ込んでしまいます。

桃子は高校生の時、目の前で両親を信号無視した車にはねられ亡くしている過去があり、車が怖くなってしまい乗れなくなってしまいました。

いつまで経っても克服できないことに悔しがる桃子でしたが、真人は「克服なんて簡単にできるものじゃない」と言い励まします。

真人の言葉は自分自身にも向けられた言葉で、桃子に触れようとした手をそっとしまうのでした。

桃子は自分を奮い立たせるように理想のデートについて語り出します。

小さな赤い車で彼氏が迎えに来て湘南や鎌倉デートするのが桃子の理想でしたが、この夢はまだ叶えられません。

桃子は徒歩で自宅まで送ってもらい帰宅すると、トマト鍋を食べずに待っていてくれた家族と親友に感謝し、いつもの元気を取り戻していきました。

動き出すチーフ日南子と悟志の恋。

桃子の上司の日南子は、バーで飲んでいるとき隣に座った男性と仲良くなります。

翌日、男性に名前も聞かなかった事を後悔する日南子でしたが、なんとその男性とは真人の上司の高田悟志。

悟志が同じ会社の同僚だと知った日南子は恋の予感に心を躍らせます。

一方真人は自分を心配してくれる貴子に、クリスマスが終われば「元に戻る」と宣言し安心させようと思いますが、小さな赤い車を見て桃子を思い出しクリスマス準備が終わったら会えなくなるのかと寂しい気持ちにもなっていました。

ハロウィン当日は桃子と真人は一緒に朝を迎える?

ハロウィン当日の営業を終え、スタッフ総出でクリスマスレイアウトの準備が始まりました。

リーダー桃子のアナウンスを聞き、気合を入れる真人。

モミの木を運ぶ真人と桃子はすれ違うとき、言葉は交わしませんがアイコンタクトと会釈で微笑み合うのでした。

無事クリスマスレイアウトが完成した店内。

日の出を迎えたファミレスでは、肩を寄せ合い眠り込む桃子と真人の姿が。

2人の関係は順調に深まってきましたが、今後の展開にも注目です。

桃子の過去を知った真人は歩み寄るのか離れていくのか?

第2話では桃子が抱える車へのトラウマが明らかになりました。

克服できない事を悔しがる桃子に対して、「簡単には克服できない」という真人。

一見、優しく励ましているようにも見えますが、真人の言葉は自分への戒めの様にも感じました。

確実に惹かれあっている桃子と真人ですが、他人に深入りすることを避けている真人の恐れによって2人の恋がどのように進展していくのでしょうか。

次回第3話も楽しみです。

放送日 タイトル
10月27日 姉ちゃんの恋人第1話洋服共有シーン
11月3日 姉ちゃんの恋人第2話交通事故の心の傷
11月10日 姉ちゃんの恋人第3話は徹夜明けの二人!
タイトルとURLをコピーしました