35歳の少女『第6話』結人と望美のキスシーンに感動した人多数!

スポンサーリンク
35歳の少女『第6話』結人と望美のキスシーンキュンキュンした人多数!
この記事は約7分で読めます。

第5話で、やっと想いが通じ両想いになった望美と結人。

しかし、母の多恵から交際を反対され望美は家を飛び出してしまいました。

第6話では、結人との生活で幸せを感じながらも、自分は家族を笑顔にする存在であったことを思い出す望美。

25年眠っていた望美に、家族を笑顔にすることが出来るのでしょうか?

望美を支える結人の優しい言葉にも注目です。

ネタバレがありますのでご注意ください。
スポンサーリンク

望美と結人と同棲生活が始まった!

夢から目覚めた時岡望美(柴咲コウ)は、ここが母・多恵(鈴木保奈美)の居る実家ではない事に気が付きます。

広瀬結人(坂口健太郎)と両想いになったことを多恵に打ち明けましたが、交際を反対されてしまったのです。

望美と多恵は口論になり、望美は実家を出て結人のアパートで暮らすことになりました。

もう母とは暮らせないのかと不安に思っていると、結人が心配して優しく声を掛けます。

結人と一緒に居られることに喜びを感じながらも、はじめて実家以外の場所で暮らしてみて、母のありがたさを実感する望美。

生活用品を買いに来た結人と望美は、お互いの就職について話し始めます。

今までは代行業をしていた結人は、もう一度教師の仕事につこうと決意していました。

一方、望美は幼いころからの夢であるアナウンサーになろうと考えています。

25年間眠っていた望美がアナウンサーになることは現実的にはとても難しいことでした。

頑張ればなんとかなると意気込んでいる望美に対し、結人は無理だと否定することなく、前向きな言葉をかけサポートをしてあげる様子です。

しかし結人の言動は、望美に現実の厳しさを伝えることにはなりません。

望美を傷つけないようにと気を遣う結人と望美の生活はうまくいくのでしょうか?

居場所を失った愛美と進次

望美の妹・愛美(橋本愛)は恋人を部下に取られトラブルを起こし会社を退職しました。

愛美は夢であったグラフィックデザイナーになるために、仕事の人脈を使って再就職を目指しますがなかなかうまくいきません。

一方望美の父・今村進次(田中哲司)は、ハウスメーカーに勤めていて社長賞を何度も取っていた優秀な社員でしたが、酔っ払ってお客様の家に不法侵入してしまい懲戒解雇となりました。

しかも、再婚した加奈(富田靖子)にも家を追い出されてしまう始末。

加奈は進次がいつまでも離婚した多恵や望美たちのことを大事にして、自分たちを大事にしてくれていないと不満に思っていたのです。

仕事を探して偶然進次と会った愛美は、望美が結人と暮らしていることを知り結人のアパートにやってきました。

愛美は、望美と結人が自分と同じように就職活動をしているにも関わらず、前向きに頑張っている姿を見て嫉妬します。

望美がアナウンサーになることは無理だと決めつけ、2人の生活を「おままごと」と否定します。

そんな愛美に対して、望美は多恵の居る実家に戻ることを提案します。

母からの愛に飢えている愛美は、心の底では実家に戻りたいと思っているのに素直になれず望美たちに悪態をついて帰ってしまいました。

父・進次が仕事を辞めた事を知った望美は、進次に電話して事情を聞きますが、進次は望美の前では格好をつけて自分の不安は口にしませんでした。

加奈の居る自宅に帰った進次は、荒れ放題の家に驚きます。

加奈は部屋に籠り掃除も洗濯もせず、通販で沢山の買い物をしていたのです。

仕事のことも家庭のこともうまくいかない進次。

加奈との夫婦喧嘩はいつ修復できるのでしょうか?

みんなで一緒に住む条件とは?


参考:日テレ

家族のことを心配して眠れない望美は、25年前に録音したカセットを聞きながら10歳の頃の母との会話を思い出していました。

アナウンサーになりたいという10歳の望美に、多恵は何があっても応援すると優しい言葉を掛けます。
そして、10歳の自分は明るい性格で家族を笑顔にしていたことを思い出したのです。

望美は家族を笑顔にすると意気込み、実家に家族を集めます。

多恵・愛美・進次に望美がお願いしたことは、3人で実家に暮らすことでした。

25年前の仲のいい家族に戻って欲しいと願う望美でしたが、愛美も進次も望美の提案を受け入れることはできません。

本当なら実家に戻ってきたいと思っている愛美と進次でしたが、多恵に拒否されることが怖いので素直になれません。

あれやこれやと理由をつけて、望美の提案を拒否したのです。

ただ一人、多恵は家族でまた暮らすことを受け入れようとします。

ただし望美が実家に戻ってくることの条件付き。

多恵は結人と暮らすことが望美のためにならないと本気で思っているので、何とか結人と望美を引き離そうと試みます。

冷静に望美を諭そうとする多恵の言葉にヒートアップした愛美は、仲が良かった家族をバラバラにしたのは望美が事故に遭ったからで「25年前に死んでいたら良かった。」と口にしてしまいます。

愛美の言葉があまりにもひどいので、進次はたまらず愛美を叩きます。

多恵も愛美に謝るように促しますが、愛美は癇癪を起して家を出て行ってしまいました。

自分の存在が家族から大事な時間を奪っていたと気付いた望美。

愛美の言葉で自分の存在が家族をバラバラにしてしまったことに気付いた望美は家を飛び出し、行方をくらまします。

結人にも迷惑をかけていると自分を責める望美。

結人は必死で望美を探し見つけ出します。

家族から笑顔を奪っている自分は25年前に消えた方が良かったと言い出す望美に対して、結人は素直な気持ちを打ち明けます。

苦しむ望美を助けたいけど、何もできない。

けど、何があっても望美のそばを離れない。

優しい結人の言葉に、傷ついた望美の心は癒されます。

望美は自分の無力さを自覚すると同時に、結人が居ることに安心するのでした。

最後に結人と望美の美しいキスシーンがありました。

居場所を失った家族の葛藤

第6話の大きなテーマとなったのが、「居場所を失った家族」です。

多恵は25年間眠ったままの望美を支え生きてきました。しかし望美が結人と生活することを選び、家を出て行ってしまいます。

愛美は勤めていた会社を辞めて、独立を目指しますが上手く行かずに悩んでいます。

進次は、仕事も家庭も上手く行かず八方塞がりです。

悩みを抱えている家族に対して望美がまた一緒に暮らすことを提案します。

望美の提案は、お互いの気持ちがかみ合えば効果のあるものでしたが、まだ素直になれない家族は余計に関係をこじらせていきました。

家族関係の修復はまだ時間がかかりそうですが、今回の件で望美はまた大きく成長した気がします。

自分の無力さを自覚した望美が、これから家族にできることとは何なのでしょう?

第7話以降の展開が楽しみです。

タイトルとURLをコピーしました