35歳の少女『9話』ラジカセの言葉が切なくて泣ける!望美の変化は?

スポンサーリンク
35歳の少女『9話』ラジカセの言葉が切なくて泣ける!望美の変化は?
この記事は約6分で読めます。

35歳の少女第9話では、望美の気持ちに変化があるのか気になりますよね。

前回、35歳の少女第8話では、心を閉ざし豹変した望美を元に戻そうとやって来た多恵が目の前で倒れてしまいました。

なぜ多恵は倒れてしまったのか。

望美は奇跡を起こして多恵を目覚めさせることが出来るのでしょうか?

35歳の少女第9話では、望美が大事にしていたカセットテープに大事な言葉が込められていました。

望美の家族や父の進次に、どのような変化が起こったのか見どころです。

ネタバレがあるのでご注意ください。

 

スポンサーリンク

くも膜下出血で倒れた多恵、母に対する姉妹の違い。


時岡望美(柴咲コウ)の前で倒れた母・多恵(鈴木保奈美)は病院に運ばれましたが、未だ目覚めていません。

多恵はくも膜下出血だったのです。

 

望美から連絡をもらった今村進次(田中哲司)と時岡愛美(橋本愛)は急いで病院にやってきました。

望美は医者から目覚めることはないと言われたことを説明し、2人の前から去っていきます。

 

多恵が眠る姿を見て取り乱す進次でしたが、愛美は気丈に振る舞い母が目覚めることを信じていました。

病院から荷物を取りに実家にやって来た愛美は、母の日記を見つけます。

 

日記には、豹変してしまった望美を元の笑顔の望美に戻したあと、家族4人ですき焼きを食べることを決意した母の言葉が書かれていました。

 

母の日記を手に、望美にもう一度話をしに来た愛美。

しかし望美は多恵のために働こうとはしません。

 

愛美は望美を病室に連れていくことをあきらめ、自分が看病して多恵を目覚めさせることを決意したのでした。

父の進次とニートの達也の変化

今の家族と向き合う決心をした進次、達也の気持ちも前向きになっていくのでしょうか?。

時岡家を訪れた広瀬結人(坂口健太郎)に多恵が倒れた事を伝えた進次。

自分を責める結人に対して、進次は望美と向き合うように諭します。

進次は多恵が倒れてしまったいま、望美を支えられるのは結人だけだと思っている様子でした。

帰宅した進次を待っていたのは、妻の加奈(富田靖子)でした。

加奈は部屋から出てきたものの、進次とろくに会話をしてくれていません。

進次は腹を決めて、引きこもりの息子・達也(竜星涼)の部屋に入っていきました。

父親として達也と向き合う進次。

殴られても必死に向き合おうとする進次に、達也は上手く行かない自分の人生をぶつけました。

加奈は達也と進次は血のつながりはないが、似たもの親子だと話します。

そして進次は、家族としっかり歩んでいこうと説得します。

達也は部屋から出てきて、家族3人で夕食を食べることが出来たのでした。

今の生き方に迷いが生じた望美。

家族を捨て、一人で生きていくことを決めた望美。

ネット配信のため撮影をしていましたが、そこに10歳の望美が現れ、自分の生き方を否定します。

望美は母が倒れた事で心の奥では動揺していたのです。

一方、病院で多恵の看病をしている愛美は、母に語り掛けていました。

はじめて母を独り占めしているような気持ちになり、幼い頃の自分の想いを口にします。

愛美は事故に遭った望美に寄り添う母・多恵の姿を見て、本当は羨ましくて、自分が事故に遭っていたらと密かに思っていたのです。

いまの愛美は、多恵を目覚めさせることに前向きに取り組んでいました。

自分の無力を思い知る結人。

結人は、クラスで不登校になった生徒を気にしていました。

家に尋ねて行っても会ってもらうこともできず、クラスで何が起こっているのかも把握できずにいました。

そんなとき、結人の父が亡くなった連絡がきます。

自分の無力さに落ち込む結人。

1人になった部屋で、望美のラジカセを聞くことにしました。

そこには多恵の言葉が録音されていたのです。

結人は望美にラジカセを渡し、母の言葉を聞くように促します。

ラジカセに録音されていた多恵の声は、望美が25年ぶりに目覚めた日の言葉でした。

録音の最後には、

「自分が居なくなっても望美が生きていけるようにしなくては。」と言う多恵の想いが込められていました。

多恵の言葉を聞いて病院に向かう望美。奇跡は起こせるのか?

母の言葉を聞いた望美は、多恵と愛美がいる病院に向かいます。

病院で望美と愛美は、望美が目覚めた日の状況を再現することにしました。

トンボの歌と病院の非常ベルの音を何度も聞かせますが、多恵は目覚めません。

眠り続ける多恵に話しかける望美。

望美が涙を流すと、多恵はゆっくりと目を覚ましたのでした。

しかし油断は許さない状態です。

心臓が弱っているので、つぎ意識が無くなったら目覚めることはないと医者から言われてしまったのです。

多恵の前で、自分の不甲斐なさを謝罪する進次。

多恵は弱々しい声で進次に「あなたはそのままでいてください」と告げるのでした。

愛美に対しても、「良い母親じゃなくてごめんなさい」と謝り、いままでの感謝を伝えました。

まるで自分の人生を総括するかのように話す多恵。

望美は多恵のおかげで、25年ぶりに目覚めることが出来て、パパに甘えることも、愛美と姉妹ケンカすることも、ママと暮らすことも出来たと感謝を述べます。

「ママはずっと間違ってなかった。」

この言葉を聞いて、多恵はやっと家族4人の気持ちがつながったことを安堵し、娘たちに「愛してる」と繰り返し伝え続けました。

そしてゆっくりと目を閉じて、息を引き取りました。

母を失ってはじめて存在の大きさを痛感した望美と愛美。

亡くなった多恵を送り出した望美と愛美と進次は無事に葬儀を終えました。

葬儀に来てくれていた結人とは、あまり話をしなかった望美。

結人と向き合う前に自分自身のことを、きちんとしてからという決意だったのです。

葬儀のあと望美たちは、実家で食卓を囲んでいました。

望美は実家に戻り、多恵が居なくなってしまった事をはじめて実感したのです。

母の喪失感を感じた望美と愛美は、2人で泣き出してしまいます。

失ってはじめて、多恵の存在が自分体にとってどれだけ大きかったか思い知ったのです。

これから望美と愛美は姉妹で協力して生きていくことになります。

お互いに母を失った悲しみを抱え、前向きに生きていくことが出来るのでしょうか?

そしてすれ違ったままの結人と望美はもう一度、心を通わせることが出来るのでしょうか。

\初回登録で2週間トライアル!/
huluでオリジナルドラマをみる!

配信中のドラマをピックアップ♪

  • 今日から俺は!!
  • 親バカ青春白書
  • 私たちはどうかしている
  • ギルディ~この恋は罪ですか?~
  • 鬼滅の刃など。

※配信が終了している場合がありますので、最新情報はhuluで確認してください。

タイトルとURLをコピーしました