木嶋真優の夫(旦那)の超有名社長はどんな人?気になる年齢や年収は?

木嶋真優さんといえば、世界的なバイオリニストで最近はテレビ番組でもよく見かけますね。

2月26日の「今夜くらべてみました」の番組で「実は結婚していました。」と発表されました。

これだけの美貌ですから、どんな素敵な旦那様なのかと気になりますよね。

そこで、木嶋真優さんがご結婚された旦那様の年齢や職業、年収などを調べてみました!

スポンサーリンク

木嶋真優の夫(旦那)の年齢や職業、年収とは?

今夜くらべてみましたの番組終了後に、木嶋さんはツイッターでも、結婚の報告をしています。

報告では、一般の人とご結婚されたとか。

番組では超有名社長と紹介していたので、ただの一般人とは違うと思います。

夫となったお相手は、

  • 年齢は40代
  • 職業は、ブライダル・飲食・不動産などを手掛ける超有名企業の社長
  • 夫から告白されたのは2019年2月3日。

ということが分かりました。

ただ、今のところ旦那様の顔と会社名は分かっていません。

超有名社長というからには、私たちも知っているような会社でしょうね。

年収は相当すごいんと思います。

そういえば、番組を見ていた時に、木嶋真優さんのコメントがいつものバラエティ番組の調子と違って、とても恥ずかしそうにしていたのが印象的です。

ちょっと緊張しているようにも見えたのは気のせいでしょうか^^

番組内で行った携帯の入力予測変換では、「スメタナ 好き すぐ..」と出ていて、スメタナが一番最初にでてくるのは流石ですね。

以前、バラエティー番組で料理や家事は苦手ということを言っていたのですが、今では、「夜ご飯を朝9時から一日かけて仕込むことがある。」そうです。

そして、旦那様からは「一人何役も演じながら食材と話す。」という不思議な日常を暴露されていました。

木嶋さんは、ハマるととことんハマるタイプで、料理もハマってずっと作っているときがあるそうです。

この集中力がバイオリンにも生かされているんですね。

いままでは、幸せになりそうになるとぶち壊してしまいたくなると言っていた木嶋さんですが、今回は別。

実は、木嶋さんは「何回もぶち壊している5~6回は言っている。」と番組で言っていました。

が、「もうやめようと何回いっても、唯一この人は絶対ダメと留めてくれた。」その相手がご主人だったそうです。

ご主人に相当愛されているように思いました。

婚姻届けを出した日は?

木嶋さんほどの才能と美人だと、旦那様もきっと素敵な方だと思いますね。

番組で顔出しと言っていたのですが、ロングTシャツの端に描いた顔のイラストが映っただけで、お顔は分かりませんでした。

そのお顔は丸くてにっこりと笑っていたので、優しい雰囲気の方だと思います。

白いロングTシャツには、それぞれ旦那、嫁と日付の2019 11.22が書いてありました。

11月22日と言えば、「いい夫婦の日」です。

この日を選んで入籍されたということは、記念日を大切に毎日楽しんで仲良くしている感じが分かりますね。

今夜くらべてみましたで発表したのはなぜ?

2019年11月22日で、今まで結婚したことを言わなかったそうです。

それは、木嶋さんは指原莉乃さんに最初に伝えたかったからだそうです。

指原莉乃さんのことが好きでリスペクトしているんですね。

今夜くらべてみましたからのオファーがくるまで、じっと待っていたんですね。

木嶋真優の経歴は?

木嶋さんは、きれいでおしゃれな方で、その経歴もすごいんです。

  • 1986年12月13日生まれ 射手座
  • 兵庫県神戸市出身
  • ジャパンアーツ、ワタナベエンターテインメント所属
  • 血液型 A型
  • 身長 157cm
  • 小林聖心女子学園小学校・中学校
  • ドイツの高校
  • ケルン音楽大学

 

音楽が好きな父親の正憲さんとピアノ演奏家の母親の真理さんとの間に一人っ子として生まれました。

3歳からバイオリンを林泉に習い始め、
ヤマハ音楽教室に通っていたころからコンクールに参加して数々の賞を取るような天才的な少女でした。

第52回全日本学生音楽コンクール大阪大会小学生の部で第1位を取ったりと、このころから才能を発揮。

私立の小林聖心女子学院の小学校へ通います。

小林聖心女子学園は入学するときに500万円、年間70万円以上の学費がかかるような学校です。

ご実家は裕福なご家庭だったと思います。

その後、小学校からエスカレーター式で中学校へ進み、日本クラッシック音楽コンクール全国大会で最高位をとりました。

カーネギーホールなどでブルッフのコンチェルトを演奏したり、

2000年にリピンスキ・ヴィエニヤフスキ国際コンクールのジュニア部門で、最高位を取ったときには奨学生に選ばれました。

このころにザハール・ブロンから留学を勧められ、ケルン音楽大学のヤングコースに留学。

そしてレコーディングに参加したり、ロストロポーヴィチと演奏会を行ったりして、ヨーロッパや
アメリカの新聞に好意的に書かれるほどの腕前です。

日本では、2006年に小林研一郎指揮の日本フィルハーモニー交響楽団と共演してヨーロッパで演奏会を行ったりと活躍の場を広げていきました。

その美貌から日本では、女性ファッション誌や情熱大陸などの番組や最近ではバラエティー番組にも出演するようになります。

もちろん、音楽活動も精力的におこなっており、コンサートや演奏活動、CDアルバムなども作っています。

2016年10月31日のフェイスブックで、尊敬する大叔母の書家小山やす子さんが文化功労者に選ばれたことを喜んでいるコメントを出されています。

有名な方がご親戚なのですね。

ご結婚されても、ますますバイオリニストとしての活躍を楽しみにしています。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました