レンコンを柔らかくする方法は?選び方や保存方法や調理方法は?

レンコンを柔らかくする方法は?選び方や保存方法や調理方法は?
この記事は約4分で読めます。

レンコンは食物繊維が豊富!

そんな話はよく聞くけれど、実際に調理してみると固くて美味しくない・・・そんな経験はありませんか?

そこで、レンコンを柔らかくする方法を紹介します!

また、スーパーで並んでいるレンコンの中で、どのレンコンを選べばいいのか?

見た目の見分け方は?レンコンを調理はしたけど、保存方法は?

レンコンを柔らかくする調理方法は?などの疑問があるかと思います。

そこで、レンコンの選び方や適切な保存方法、調理方法を紹介していきます!!

スポンサーリンク

柔らかいレンコンの選び方

レンコンを柔らかくする方法は?選び方や保存方法や調理方法は?

まず、スーパーで並んでいるレンコンの中で、どこに注目して選べば良いでしょうか?

柔らかいレンコンを選ぶポイントは、見た目ふっくらと丸みがあるもの、皮に艶があるものを選びましょう。

断面にあるレンコンの穴の大きさが揃っていて、肉厚なものが柔らかく良質と言われています。

逆に、切り口の色が変色していたり、穴の内側が黒くなっているものは鮮度が落ちている可能性が高いので、見分けるとき気を付けましょう。

また芽に近い一節を選ぶとより良いです。

レンコンは芽に近いほど柔らかく、芽に遠いほど固く感じます。

【サイズ的にも小さくて、端の部分】と覚えておくと実際に購入する時に便利です。

パックにされているレンコンを購入する時には見分けが付きにくいですが、一本ごとの販売の場合、柔らかいレンコンを見分けることが出来ます!

スポンサーリンク

レンコンを柔らかく調理したいなら冷凍保存

レンコンを簡単に柔らかく煮るには、レンコンを冷凍してから使うと柔らかく煮る事が出来ます。

冷凍保存することで、レンコンの繊維が壊れて柔らかく調理することができます。

急いで調理しないときなどは、レンコンを冷凍保存してみてください。

スポンサーリンク

レンコンの保存法は?

レンコンを柔らかくする方法は?選び方や保存方法や調理方法は?

大量に手に入ったり、使い切れず余ったりしたレンコンはどのように保存すれば良いでしょうか?

ポイントは【乾燥から守る】ことです。

レンコンは沼地のような泥の中で栽培されているため、乾燥に弱いのです。

常温・冷蔵・冷凍どの保存方法を選ぶにしても、乾燥から守ることが大切になると覚えておきましょう。

丸ごと一節のレンコンは、冬場であれば常温保存が可能です。

湿らせた新聞紙、なければキッチンペーパーを湿らせてレンコンを包み、ビニール袋に入れて風通しのよい場所で保存します。

カット済みのものは傷みやすいため、常温保存はNGです。

切り口が空気に触れないようにラップをして冷蔵庫で保存しましょう。

また気温が高くなる夏場は、丸ごとであってもカット済みのものであっても冷蔵庫または冷凍庫での保存をオススメします。

レンコンの保存の日持ちは?

丸ごとのレンコンの保存期間の目安は、常温保存の場合は5~7日が目安です。

泥付きレンコンの場合は、泥は落とさずに保存すると、もう少し日持ちします。

冷蔵保存の場合は、1週間程度保存可能です。

冷凍保存の場合、生のままでの冷凍も可能ですが、下ゆでをすることで食感が損なわれません。

変色しやすいため、まず酢水に浸けて色止めをし、下ゆでしてから冷凍することがオススメです。

冷凍保存の場合は1~2か月程保存可能です。

使う時は凍ったままでも、炒め物や煮物に利用できます。

スポンサーリンク

レンコンを柔らかくする調理方法

レンコンを柔らかくする方法は?選び方や保存方法や調理方法は?

レンコンを、調理する方法・レシピは様々あります。

レンコンのきんぴらや、レンコンサラダ。

また一番大堂な調理方法は煮物です。

まずレンコンを柔らかく調理するために、下ごしらえが重要です!

  1. 皮むきをする
  2. 食べやすい大きさに切る
  3. アク抜きをする

これは、レンコンを柔らかく調理するのに大事な行程です。

煮物の場合は、輪切りか半月切り、乱切りにして調理するかと思いますが、小さければ小さいほど、柔らかく煮上がります!

そしてアク抜きのポイントですが、レンコンのアク抜きには「酢水」につける方法と「水」につける方法の二種類あります。

シャキシャキした食感を残したいときは酢水につけます。

逆にホクホクした食感を残したい場合は水につけます。

柔らかく茹でる場合、鍋に水からレンコンを入れ、お湯を沸かします。

沸騰したら5分ほど茹でることによって、柔らかめの煮上がりになります。

下ゆでする事で、柔らかい状態から味をつけることができるので、調理の前にこの手順を取り入れましょう!

まとめ

レンコンを選ぶポイントは、

  • 見た目ふっくらと丸みがあるもの
  • 皮に艶があるもので、【サイズ的にも小さくて、端の部分】

に注目して選ぶ事です。
レンコンを保存するときは、常温・冷蔵・冷凍どの保存方法を選ぶにしても、乾燥から守ることが大切な事。
レンコンを調理するときは、特に下ごしらえが重要で、酢水を上手く利用する事。
などが分かりました。

レンコンは、調理がむずかしいと思われがちです。

しかし、ビタミンCや食物繊維が豊富で、とても栄養満点な食材です。

女性にも嬉しい栄養素の宝庫なので、積極的に食べたいですね。

そのためにも柔らかく美味しく調理し、保存方法も知っておきたいものです。

是非この記事を参考にして、レンコンを選ぶところからこだわって調理してみて下さい。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました