いちごの洗い方で注意する方法は?塩を使ってはダメなの?

いちごの洗い方で注意する方法は?塩を使ってはダメなの?
この記事は約4分で読めます。

いちごを購入して、自宅で食べるとき、どんな事に注意して洗っていますか?

洗い方は、だた水にさらすだけ?

塩や重曹、お酢を使っている方もいると思います。

どれが、正しいいちごの洗い方なのでしょう。

水にさらすだけで、十分なのか。

塩や重曹、お酢を使った方がキレイになるのか。

どんな事に、注意して洗えばいいのか、悩みますよね。

お店で、購入したから、そんなに気にしないという方もいれば、農薬があって心配!という方もいますよね。

では、どれがいいのか、みてみましょう。

スポンサーリンク

いちごを洗うときは塩を使ってはダメ?

イチゴは塩を使って洗う?

イチゴを洗う時に、塩をつかってますか?

これは、意見が分かれているようです。

塩水で、洗うメリットは、塩が細かい汚れやゴミを取り除いてくれます。

塩水で、洗うことにより、甘みを強く感じることができる。

とあります。

これは、スイカに塩をかけて食べることと同じですよね。

デメリットは、塩で出来た傷から農薬や汚れが侵入する恐れがあります。

そして、塩水で洗うといちごの表面がつぶれたようになってしまいます。

これは、塩によっていちごの水分が吸い取られてしまい、組織が破壊されてしまったから。

塩水で洗うといちごを傷めてしまうのです。

塩水で洗うと殺菌効果があるといいますが、デメリットを見ると、せっかく、買ってきたいちごを逆に農薬や汚れをいちごに入れてしまうイメージになりますよね。

でも、必ず農薬が悪いと思わないでほしいのです。

たいていの野菜やくだものには、農薬がつかわれます。

ただ、農薬が悪いじゃなく、意味があり、使っているのでメリット、デメリットをみて判断しましょう。

スポンサーリンク

いちごの洗い方で注意する方法は?

イチゴの洗い方で注意すること

いちごを洗うのに注意ことは、ヘタは取らない!

いちごは、水に吸い取られやすいので、ヘタを取って洗うと水分が入り込み風味が落ちてしまいます。

1番いいのは、ボウルに水をはり、いちごを静かに入れる。

ざっくりとかき混ぜると汚れはボウルの底に沈みます。

この時、ボウルの水ごとザルを上げると、せっかく底に沈んだホコリやゴミがつくので注意してください。

そこで、素早くいちごを手ですくい上げタオルやキッチンペーパーなどで、表面の水分を拭き取るだけ。

お酢の場合は、大きいボウルに水を入れ、お酢を水の20~30%を入れる。

いちごをボウルに入れて、一晩つける。

翌日、いちごの水気を拭き取り、タッパーに入れて冷蔵庫で保存。

重曹の場合は、大きいボウルに水をはり、小さじ1の重曹を入れる。

いちごを重曹水に30秒~1分浸す。

流水で洗い流す。

注意点は、浸す時間は1分まで。

ヘタは取らないの2つです。

今は、野菜やくだものに使える専用洗剤があります。

どうしても、お酢や重曹でとれないのではと思う方は1度試してみるのもいいですね。

スポンサーリンク

農薬の残留は大丈夫?

いちごの洗い方で注意する方法は?塩を使ってはダメなの?

必ずしも、農薬が悪いと思わないでほしいのです。

たいていの野菜やくだものには、農薬がつかわれます。

なぜなのでしょうか。

農薬を使わないと農作物が病気になったり、害虫の被害にあい出荷できなくなります。

消費者の私たち生産者の農家の方、どちらにもいいことがないのです。

スーパーに売っている物に、カビや変色、虫がいたら、野菜やくだもの買いますか?

そうならないように、必要最低限の農薬で育てられていますし、出荷前にも、洗ったりしているので過度に怖がる必要はないのです。
大切なのは、正しい知識を持つことです。

ただ、虫を殺す薬を使っているのではなく、私たち購入する人たちのために使い、健康なものを作っているということを知識として、一緒に身につけましょう。

農薬=悪いではなく、農薬=自分にあった洗い方や選び方がいいのではないかと、私は思います。
店頭に出てからは、お店のホコリやゴミがあるので、自分にあったいちごの洗い方をみつけてみてはどうでしょう?

スポンサーリンク

まとめ

いちごの洗い方で注意する方法、塩や重曹、お酢、専用洗剤での洗い方、農薬の残留についてわかりました。

塩を使って洗うことには、意見が分かれていて、メリット、デメリットがある。

塩を使うことで、細かい汚れは落ちるが、いちごが傷つき、逆に汚れや農薬が入ってしまうこともある。

お酢、重曹、専用洗剤では、やり方が違うので注意。

特に重曹は、浸す時間に注意しましょう。

やはり、農薬の残留が気になる方は専用洗剤を使ってみるのも、いいかもしれません。

農薬の残留については、出荷されている、野菜やくだものに多く使われているが、それは必要な事です。

ですが、ちゃんとした基準を満たしたもののみ出荷されています。

だからこそ、過度に怖がらずに、正しい知識を持ち、農薬が使われている意味を理解して、自分にあったいちごの洗い方をみつけてみてはどうでしょうか?

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました