珪藻土のコースターのカビはハイターやキッチン泡ハイターでも大丈夫?

珪藻土のコースターのカビはハイターやキッチン泡ハイターでも大丈夫?
この記事は約6分で読めます。

珪藻土のコースターは、速乾性があるためグラスについた水滴をすぐに吸いとり、机を汚す心配がない便利な商品です。

ですが使っているうちに汚れが染みついたり、カビが発生してしまうことがありますよね。

珪藻土コースターは日頃からお手入れしておかなければ、劣化しやすくなります。

この記事ではカビが発生した際にハイターやカビキラーを使用して良いのか、またその他のお手入れ方法やメンテナンスについて紹介します。

スポンサーリンク

珪藻土のコースターのカビはハイターやカビキラーでも大丈夫?

珪藻土のコースターのカビはハイターやカビキラーでも大丈夫?

珪藻土のコースターにカビが生えた場合は、ハイターやカビキラーなどの塩素系漂白剤を使うことでカビを除去することができます。

ハイター・カビキラーでカビを落とす方法

  • 清潔な布に液状の漂白剤を染み込ませる
    (泡タイプの場合はカビ部分に直接泡をふきかける)
  • 珪藻土コースターのカビ部分に1~2分あて、カビが落ちていないようであれば表面を軽く叩く
  • カビがとれたら水洗いし乾燥させる

上記の方法でカビが落ちない場合は、浸け置きも効果的です。

はじめは、ハイターやカビキラーなどの塩素系漂白剤は殺菌・洗浄力が強いので、原液に浸けるのではなく必ず水で薄めてください。

珪藻土コースターは長時間水の中に入れると劣化の恐れがあります。

浸け置き時間は5分程で、カビの落ち具合を確認しながら進めてください。

浸け置き後は、たっぷりの流水で漂白剤を洗い流してから乾燥させましょう。

洗浄後すぐは一時的にハイターやカビキラーのニオイが気になる可能性がありますが、時間とともにニオイは消失するので安心してください。

塩素系漂白剤は洗浄力が非常に強く、強いアルカリ性を示すため皮脂を溶かしてしまいます。

使用する時は手荒れ防止のため手袋を着用し、直接皮膚に触れないよう注意が必要です。

また、塩素系漂白剤は酸性のものと混ざると有害な塩素ガスが発生する恐れがあります。

独特な刺激臭で気分が悪くなる可能性もあるので部屋の換気を行いながら使用しましょう。

ここまでで、カビや汚れが落ちればOKですね。

これでもカビが落ちない場合がありますね。

ここからは、上記のやり方より外れますが、キッチン泡ハイターを使って珪藻土のカビを落としました。

珪藻土のカビと汚れをキッチン泡ハイターをつかってやってみた!

珪藻土のカビと汚れ

ダイソーで購入した珪藻土のトレイですが、カビと汚れがついています^^;

お手軽にキッチン泡ハイターを使ってカビと汚れを落としてみました。

 

はじめは、珪藻土のカビと汚れにキッチン泡ハイターをつけて5分ほどおいてみました。

珪藻土のカビと汚れを泡ハイターを使ってみた。

5分たってから水で洗い流してみましたが、まだ汚れが落ちていない状態です。

珪藻土のカビと汚れをキッチン泡ハイターでとる

30分ほどおいてみましたが、珪藻土のカビと汚れは、さほど変わらなかったです^^;

そこで、2時間ほどキッチン泡ハイターにつけて放置しました。

珪藻土のカビと汚れ

2時間ほど放置した後に、水で綺麗にすすいでみると。

綺麗にカビと汚れが取れました。

珪藻土のカビと汚れ

珪藻土のトレイを乾燥させると、カビも汚れも取れて、とても綺麗になっていました。

珪藻土のカビと汚れを取る方法

あまり長くハイターにつないほうが良いのですが、2時間ほとキッチン泡ハイターをつけても大丈夫でした。

ただし、必ず大丈夫とは言えないですが。

ハイターを使う方法以外の方法もありますが、ニトリの珪藻土バスマットのこともあるので、おすすめはしません。

ただし紙やすりで汚れを取る方法もあることを念のために載せておきます。

スポンサーリンク

珪藻土のカビと汚れを紙やすりでこする方法

珪藻土のコースターについたカビの除去方法は、漂白剤以外にも紙やすり(サンドペーパー)でコースターの表面を削る方法があります。

紙やすりは、表面につく粒子の粗さによって番号が振り分けられています。

100番のものは目が粗く、数字が大きくなるほど目が細かくなっています。珪藻土コースターのお手入れの場合は、300番〜400番の目が細かいものを選びましょう。

200番以下のものになると、珪藻土コースターの表面を削りすぎてしまい傷になってしまう可能性があります。

紙やすりはホームセンターや100円均一で購入できますよ。

紙やすりを使ってお手入れする場合に注意すべきポイントは、力を入れて削らないことです。

どれだけ目が細かい紙やすりを使用しても、力を入れすぎると珪藻土を傷つけて劣化の原因を作ってしまいます。

紙やすりを使う際はできるだけ目の細かいものを使用し、優しくなでるように削ってください。

また削りカスがたくさん出る可能性があるので換気をし、削り終わったら布で軽く拭き残った削りカスを取り除きましょう。

削りカスが残った状態で放置してしまうと、カスが珪藻土に詰まってしまい吸水性が悪くなってしまいます。

スポンサーリンク

珪藻土コースターのカビ予防のお手入れ方法

珪藻土コースターを綺麗に長く使用し続けるためには、日々のお手入れが大切です。

お手入れの基本は乾燥させることと水洗いすることですが、それぞれの注意点についても詳しく解説していきます。

珪藻土を乾燥させる

珪藻土は吸水率が非常に高いので、水がついていても放置してしまいがちです。

ですが水に長時間濡れた状態で放置してしまうと、カビが発生する危険性があります。

珪藻土コースターを使用した後に水滴がついている場合はふき取り、通気性の良い場所で乾かすようにしましょう。

またメーカーによっては珪藻土コースターを電子レンジで加熱して乾燥させることができます。

熱によって雑菌の除去もできるため衛生的です。電子レンジに入れる前に、お持ちのものが電子レンジ対応か確認してみてくださいね。

珪藻土が汚れたら水で洗い流す

珪藻土の表面には吸水孔と呼ばれる小さな穴がたくさんあります。

皮脂や油分などの汚れで穴が塞がれてしまうと、吸水力が落ちてしまうため汚れた場合は水洗いしましょう。

しかし清潔を保つことは大切ですが、食器用洗剤や食洗機の使用は禁忌です。

食器用洗剤に含まれる界面活性剤という成分は、珪藻土の表面にある吸水孔を塞いでしまう可能性があります。

また食洗機も同様で、洗剤の使用は劣化のリスクを高めてしまいますし、洗浄中に他の食器から出た汚れを吸い込んでしまう可能性もあります。

紹介したお手入れ方法は決して難しいことではないので、日頃から意識して取り入れてみてください。

スポンサーリンク

珪藻土のカビと汚れを取る方法のまとめ

珪藻土コースターにカビが発生した場合は、ハイターやカビキラーで除去できることが分かりました。

おすすめはしませんがた紙やすりで削る方法もあるので、やりやすい方で試してみてください。

吸水性が高く便利な珪藻土コースターですが、メンテナンスを怠るとカビや劣化の原因につながるので、適切な保管方法やお手入れ方法を覚えておいてくださいね。

藻土の寿命はおよそ2年と言われています。できるだけ長く使用するためにも簡単なお手入れは継続して行いましょう。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました