紫陽花の切り花がぐったり!復活させる方法と長持ちさせる方法は?

紫陽花の切り花 復活させる方法 長持ちさせる方
この記事は約8分で読めます。

紫陽花の切り花が、ぐったりして元気がない?枯れてる?どうしよう!と思った方も多いのでは。

いまの紫陽花は色とりどりで、花びらも沢山の種類があって可愛いです。

可愛い紫陽花がぐったりしてしまっても、まだ戻せることができます。

そしてせっかくなら、なるべく長持ちさせて、枯れるのを遅らせたいですね。

紫陽花が、ぐったりしてしまったときの復活方法となるべく長持ちさせる方法をまとめてみました。

それでは一緒にみてみましょう♪

スポンサーリンク

紫陽花の水切りの仕方を工夫!

紫陽花は、水揚げが難しい花で有名です。

水の量もとても大切です。

なるべくたっぷりと水を用意して水につけることがポイントです。

切り花をいけるとき、水が多いとしっかり水を吸い上げてくれます。

ですが、水に浸っている茎はとても傷みやすく、水も腐りやすくなってしまいます。

なので注意してください。

花は、元気がいいときはしっかり水を吸ってくれるので、花束をいけ始めは、水が少なくならないように注意しましょう。

どうしても咲き終わりに近づくと水を吸わなくなるので、枯れた花を取るなどして、花の全体量も変わったら、水の量も加減しましょう。

大きなバケツがないときは、紫陽花を少しずつわけてみると水揚げが上手くできることがあります。

それでもぐったりしてしまった!でも、諦める前に、やってほしいのは『深水』法です。

深水法の仕方

必要なものは、『新聞紙』『バケツ』『新鮮な水』です。

深水法とは、新聞で巻いて茎を斜めに切ってたっぷりの水に入れる方法です。

まずは、茎の下が新聞紙から出るように花首が下がった花をまきます。

ポイントは、花首をまっすぐに整えてからまくことです。

このとき、花首がまっすぐになるようにしっかりと新聞紙をまきつけましょう。

まき終わったら、半分以上の水を張ったバケツに浸けます。

浸けたら、水から出ている新聞紙の部分に霧吹きをしてあげて、湿り気を与えてあげましょう。

そのまま、約半日から1日ほど放置します。

時間が経ったら、新聞紙から優しく外してあげましょう。

そうしたら、花がきちんと水を吸ってシャッキリと復活します。

紫陽花の茎の白いワタをとる

白いワタをとるってなに?と思った方もいると思います。

紫陽花の切り花をいけるときに、はじめに、茎を斜めに切ると白いワタがみえると思います。

白いワタがあると茎がしっかり水を吸うことができません。

この白いワタを取ってあげると紫陽花の水が上がりやすくなります。

白いワタを取って、しっかり水を吸えるようにしてあげましょう。

やり方は、カッターナイフなどで、茎を切ると白いワタがみえると思うので、竹串など細長いもので、白いワタを取り除くだけでOKです。

とても簡単ですよね。

紫陽花を湯上げする方法

切り口から出るいろいろな菌から、バクテリアを繁殖させ、お花を腐らせてしまう原因になります。

切り口を熱湯で消毒して、強い刺激を与えすぐに水を吸収させるのが湯上げです。

水切りしてから、植物の上の方を紙にくるみ、先端の約3~4㎝ほどを熱湯に15秒ほど入れ、そのあと冷水で冷やします。

思ったよりも簡単にできますね。

紫陽花の茎を焼き上げる方法

焼き上げは、湯上げと同じように熱で殺菌して、茎の中の空気を出させる効果があります。

また、切り口が燃えると本来の炭と同じような効果で、水を腐らせにくくすることもできます。

必要なものは、『切り花』『新聞紙』『ガス台など』と『水の入った容器』です。

やり方は、

  • 新聞紙を水でぬらして茎を焼く少し手前まで出した状態にして花をまきます。
  • ガス台などに火をつけ、茎の約2~5㎝ほどを火であぶってあげます。
  • そして、炭のように黒くなったら、水の入った容器に浸けてさますだけです。

このやり方は、バラやかすみ草に向いています。

紫陽花の逆水の仕方

逆水は、紫陽花のように葉が大きい植物や葉がたくさんついている植物がしおれているかな?

何か方法がないかなというときにやってみて欲しい方法です。

水の蒸発をふせいで、水上げしてくれる逆水。

植物を逆さに持ち、深いバケツに紫陽花をいれて上からシャワーなどで、水をかけます。

その後、新聞紙などに包み、1~2時間、涼しいところに置けばOKです。

ミョウバンや活力剤を入れる

ミョウバンや切り花栄養剤も効果はあります。

ミョウバンは、花が咲く前の栄養になる効果があり、花が長持ちすることがわかっています。

切り花栄養剤は、お花屋さんなどで購入出来るので使ってみるのもいいですね。

ミョウバンや切り花の栄養剤以外にも、はっか水、酢、洗剤、銅などもあります。

漂白剤は殺菌作用があるため切り花にとって大敵の細菌を繁殖するのが防げます。

水1リットルに対して、漂白剤は5~6滴がベストだといわれています。

洗剤も同じ作用がありますので生けたときに、数滴たらしてあげるといいかもしれません。

はっか水は、除菌の効果や蒸散作用を高める効果がありますよ。

切り口につけるといいとされています。

お酢も、漂白剤と同じ殺菌作用のあるので切り花を長持ちさせてくれます。

水1リットルに数滴たらす、または茎の切り口にお酢を約30秒から1分くらいつけて、すぐに花瓶にいけるととてもいいとされています。

銅は、意外かもしれませんが、10円玉を使います。

花瓶に数枚入れるだけでいいのです。

銅は、抗菌効果があるとされています。

水をとりかえるときに、10円玉も洗うようにしましょう。

これは、簡単ですし、すぐにできますね。

紫陽花を飾る部屋の気温

切り花をかざるときは、明るい場所などに飾りたくなりますよね?

ですが、明るく、室温が高くなりすぎるのは、逆効果なのです。

なるべく、強い風や直射日光の当たる場所、そして冷暖房器具の近くを避けて飾りましょう。

☆まとめ

スポンサーリンク

紫陽花を復活させる方法のまとめ

紫陽花の切り花が、ぐったりしたとき、復活方法がたくさんありましたね。

そして、長持ちさせる方法も。

少し手の込んだものから、今すぐに出来る方法まで。

せっかくの切り花を長く楽しむのは、毎日の手入れや困ったときにすぐやることが大切です。

まずは、自分が出来そうなものや切り花にあった方法をためしてみてはどうしようか。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました