達孝太の出身中学や小学校は?父や母や兄弟など経歴プロフィールは?

達孝太の出身中学や小学校は?父や母や兄弟など経歴プロフィールは?
この記事は約7分で読めます。

天理高校の右腕投手達孝太選手が球界や野球ファン、女性ファンから注目を集めています。

達孝太選手は「天理のダルビッシュ」と呼ばれています。

193cm88kg、手足の長い長身細身。

長身選手ながら稀有なバランス感覚持ち主です。

最高速球146km/hキロ中盤のストレート。

2種類のフォーク、カットボール、カーブを器用に投げ分けるスタイルです。

そして小さな顔に大きな目とすっとした高い鼻筋。

お顔の良さまでダルビッシュ級です。

そして高校卒業後、すぐにメジャーリーグを目指すと公言されています。

目標と志も高い選手ですね。

達孝太投手の出身小学校や中学校、野球の経歴が気になります。

お父さんやお母さん、ご兄弟は何をしている人なのでしょうか?

  • ご家族のことも知りたいですね。
  • 達孝太投手の出身小学校と中学校。
  • 野球の経歴。
  • お父さんなどの家族の事を調べてまとめてみました。
スポンサーリンク

達孝太選手の出身中学や小学校はどこ?野球の経験は?

今は奈良県の天理高校に在籍している達孝太投手ですが、出身は大阪府堺市。

堺市立浜寺昭和小学校と堺市立浜寺南中学校を卒業。

野球の経歴は小学校4年生の時からスタートします。

「高石スワローズ」で軟式野球を始めました。

なんと小学校の時のポジションはキャッチャーだったんです。

背が高くて肩が強かったからでしょうね。

中学校入学後は名門チーム「泉州阪堺ボーイズ」に所属しました。

「泉州阪堺ボーイズ」は楽天のスラッガー黒川史陽選手やロッテの三木亮選手を出身チームです。

このチームで投手としてのキャリアがスタートしています。

在籍中は優勝こそ経験していませんが全国大会の常連でした。

中学時代のチームの大会結果です。

  •  2016年ボーイズ選手権大会(3回戦)
  •  2017年ボーイズ選手権大会(2回戦)
  •  2017年ジャイアンツカップ(2回戦)
  •  2018年ボーイズ春季全国大会(ベスト8)
  •  2018年ジャイアンツカップ(1回戦)

天理高校進学後は1年生の時から控えとしてベンチ入りしました。

2019年夏の県大会準々・大和広陵戦でデビューを飾ります。

チームは敗退しましたが2回2安打無失点の実績を残しました。

同年秋の近畿決勝・大桐蔭戦で先発で初めて登板します。

この先発デビューは強豪大阪桐蔭相手にいきなり登場し、大阪桐蔭を封じ込めた逸材として騒がれました。

この時の試合は初回にソロホームランを打たれ洗礼を浴びますが、その後は持ち直しました。

2回から7回まで2安打0封。

結果、大阪桐蔭相手に8回途中4失点に抑えました。

2019年明治神宮野球大会ではチームのベスト4に貢献します。

達孝太選手は最強世代の中京大中京戦との準決勝戦に先発しました。

激闘の末、10−9で天理高校はサヨナラ負けしてしまいましたが、近畿と東海の名門校同士が激闘した記録と記憶に残る試合になりました。

2020年甲子園高校野球交流試合では広島新庄戦に中継ぎで登板しました。

4−2で負けてしまいましたが甲子園でのピッチングを経験しました。

スポンサーリンク

達孝太選手の父や母や兄弟は?

ご両親や兄弟の事を調べてみましたが、情報を見つけられませんでした。

ただご両親の身長のデータが見つかりましたが。

お父さんは身長173cm。

お母さんは身長160cm台前半だそうです。

193cmの達孝太投手と比べると高くは感じませんが、一般的に見ると背が高い部類に入りますね。

達投手は小学6年生の時点で177cmありました。

小学校の時にお父さんの身長を抜いているのですね。

高校1年生の時には192cmで、入学後も成長して今の身長になっています。

達孝太選手は幼少の頃から暇があれば良く寝ていたそうです。

「寝る子は育つ」とはある意味真実です。

深く眠ることで成長ホルモンが分泌され骨の生育や肌の新陳代謝を促します。

実際に同じ身長193cmのメジャーリーガーの大谷翔平選手は、小さいころから睡眠を重視していたそうです。

今でも睡眠にこだわりをもって自己管理をしているそうです。

達孝太投手もご両親のサポートのもとで、子どもの頃から安心して身体を休める環境にあったのでしょうね。

スポンサーリンク

達孝太選手の経歴プロフィール

  • 名前:達 孝太(たつ こうた)
  • 生年月日:2004年3月27日
  • 出身:大阪府堺市
  • 高校:天理高校
  • 学年:新3年生
  • 最高速球:146km/h
  • 変化球:スライダー、カーブ、フォーク
  • ポジション:投手
  • 投打:右/右
  • 身長:193cm
  • 体重:88kg
  • 憧れの投手:シカゴ・カブスのダルビッシュ有投手
    :ワシントン・ナショナルズのマックスウェル・M・シャーザー投手
  • 進路希望:メジャーリーグ

達孝太投手は2021年のドラフトでも注目を集めています。

しかし、本人は高校卒業してすぐにでもメジャーリーグに行きたいと発言しています。

しかし日本のプロ野球には特殊なルールがあります。

将来有望な選手が日本の球界に入らず、直接メジャーリーグへ入団することでプロ野球の人気が下がることを防ぐためのルールです。

そのルールの内容は「ドラフト前に日本野球機構のドラフト指名を拒否した場合、海外球団を退団した後に、高校生は3年間、大学・社会人は2年間、指名を凍結する」というものです。

言い換えると「プロ野球の誘いを無視してメジャーに行って駄目で帰国しても日本の球界にすぐ入れないよ」ということです。

過去には菊池雄星選手が高校卒業後すぐに渡米を希望していました。

しかしご両親と花巻東の監督との話し合いの結果、渡米を断念しました。

日本で経験をつんでから渡米する事を決心し西武に入団しました。

また大谷翔平選手も高校卒業後即メジャーを決心していましたが、意に反して日ハムが1位指名を強行しました。

日本ハムの粘り強く誠意ある交渉で大谷翔平選手は日本ハム入団を決断しました。

今では菊池雄星選手と大谷翔平選手はメジャーで活躍していますね。

ルールに法的拘束力は何もないので、高校卒業後すぐにメジャー入りすることに問題はありません。

しかし今のところそれを実行した人は誰もいません。

達孝太投手が初めての「高校卒業後即メジャー」の選手になるのでしょうか。

これからも動向が気になります。

スポンサーリンク

達孝太選手のまとめ

  •  達孝太投手は「堺市立浜寺昭和小学校」と「堺市立浜寺南中学校」を卒業しています。
  •  過去の所属チームは「高石スワローズ」と「泉州阪堺ボーイズ」です。
  •  達孝太投手の父の身長は173cmで母は160cm台前半だそうです。
  •  達孝太投手は身長193cm、体重88 kgです。
  •  最高速球は146km/hです。

達孝太投手の誕生は2004年3月27日の早生まれなので、

2021年3月19日の春のセンバツの開始時にはまだ16才なんですね。

同学年の2003年代選手と比較して丸々1才ぐらいの差がありますね。

その分成長の伸びしろがありますね。

最高球速は現時点で146km/hですが、春のセンバツでは150km/hを狙っているそうです。

達孝太投手のこれからの活躍と成長がとても楽しみですね。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました