富樫縫製(二本松) 水着マスクの販売は?通販で買える?繰り返し使用可!

マスク不足に富樫縫製という会社がまた新しく水着の生地でマスクをつくることに着手したとニュースでみました。

富樫縫製のマスクはどこで販売しているのか調べてみました!

スポンサーリンク

富樫縫製のマスクが販売している店舗は?

富樫縫製の水着生地のマスクはどこで売っているのでしょうか?

今はJR安達駅隣にあるショールームで販売しています。

毎日、大勢の人たちが水着マスクを買いに来ているようです。

 

午前500枚を一人4~5枚まで購入可。

9時開店ですが、開店前に沢山の人が並んでいるようです。

後日の予約券を販売してくれています。後日の分は午後からの販売なります。

1枚400円(税込)、はじめは1枚330円(税込み)でしたので少し値上がりしてますね。頑張って作ってくれているので仕方がないです。

 

水着マスクは、洗って繰り返し使えからリーズナブルだと思います。

マスクは色や模様がついていて可愛いものもありますが、無地はなさそうです。

電話での問い合わせは受け付けできない状態なので、直接行ってみてください。

水着マスクの通販は?

遠方で店舗に行けなくても通販もできていました。

富樫縫製さんの公式サイト富樫縫製さんの公式サイトで販売しています。

通販の値段は、1枚500円(税込)です。オンラインショップのほうが少し高いですね。

フリーサイズで色柄は選べません(3/16現在)

一人20枚まで購入できます。

送料は、1000円で1万円以上購入の場合は無料になります。

代引手数料は、3千円以上購入の場合は無料。

3千円未満の場合は330円です。

振込手数料は、購入者負担になります。

午後の1時ごろに通販サイトを見てみたら、まだ購入できました。

ですが、その5分後ぐらいには売り切れていたので、当日の午前中に購入することをおすすめします。

※3月16日の情報になりますので、日々変化する可能性がありますのでご了承ください。

 

富樫縫製の会社とは?

福島県の二本松にある富樫縫製は縫製業を営んでいる

いままでは、マスクは作ってなかったそうですが、
このマスク不足に社長の富樫三由さんが作ると発表しました。

3月4日から二本松の本社工場と福島工場と合わせて、1日300枚作るそうです。

一つ一つ、手作業で作っています。

マスクの生地は水着の生地の布製。
内側にポケットがついていて、フィルターやガーゼを挟みたい人の需要に合わせています。

中にフィルターや布を挟むことで、少しでも吸い込みにくくなりますね。

来週には1日1,000枚作るそうです。

なぜ作るようになったか?

この会社は、中国から輸入していた生地が入荷が少なくなっていて、
困っていたところ、
経済産業省がマスクの製造をしないかと持ち掛けられたことから引き受けたそうです、

 

タイトルとURLをコピーしました