井手上漠の両親や姉・兄弟は?幼少期はどんな子だった?

井手上漠 の両親や姉・兄弟は?幼少期はどんな子だった?
この記事は約5分で読めます。

モデルやタレントとして活躍中の井手上漠さん。

とにかくお顔がかわいいです。

透明感のあるお肌がきれいです。

ついつい見とれてしまします。

気になる性別についてですが、本人は「性別はない」と明言しています。

また長所は「男でも女でもあること」と語っています。

井手上漠さんがどんな方なのかとても気になります。

「ばく」という名前もめずらしいですが本名なのでしょうか?

どんな幼少期を経て今の井手上漠さんがあるのか知りたいです。

井手上漠さんの本名、両親、家族、幼少期について調べてまとめみました。

スポンサーリンク

井手上漠さんの両親や姉・兄弟は?

本名:井手上漠(いでがみ ばぐ)
生年月日:2003年1月20日
身長:163cm
体重:49kg
血液型:B型
出身地:島根県隠岐郡海士町
学歴:高卒
海士町立海士中学校卒業
隠岐島前高校卒業
インスタ:instagram baaaakuuuu
ツイッター:井手上漠 (@i_baku2020) · Twitter
家族構成:母、姉、井手上漠さんの3人家族
好きな動物:犬と猫
飼っているペット:実家に猫2匹

井手上漠さんの出演作品

TV: 2019年 行列のできる法律相談書
2020年 天才てれびくんhello
2021年 プレバト 俳句
CM:2020年
デジタルハリウッド大学「みんなを生きるな。自分を生きよう。2020篇」
KANEBO-IHOPE「生きるために、化粧をする」
MV:サカナクション「モス」

井手上漠さんはお母さんと姉の暖乃(のんの)さんとの3人家族です。

ご実家は母子家庭で親戚も男の子が少なく女性と関わることが多かったそうです。

お姉さんの暖乃さんは井手上漠さんより1才年上です。

お二人ともかわいくてとても仲良しのようです。

名前も素敵ですよね。

お母さんと井手上漠さんの関係もとても信頼関係が厚く絆が深いです。

家族は常に井手上漠さん自身を尊重し生きて行く上で大きな支えとなっています。

スポンサーリンク

井手上漠さんは幼少期はどんな子だった?

井手上漠さんは2003年に男性として生まれます。

幼少期はとっても元気で活発な子どもだったそうです。

しかし本人にとっていわゆる「普通の男の子」の概念は違和感のあるもので、女の子の遊びが好きでドレスやかわいいものに興味がありました。

しかし小学校高学年の頃は周囲の目を気にして髪を短く切り、「普通の男の子」に合わせる日々を送っていました。

それでも周囲の好機の目や心ない言葉に傷つく毎日でした。

「ありのままの自分」が許されない苦しい日々が続きました。

そんな時に転機が訪れます。

中学2年生のときにお母さんが「漠は漠のままでいいんだよ。それが漠なんだから」と井手上漠さんに気持ちを伝えました。

お母さんは井手上漠さんの全てを理解してくれていました。

お母さんの言葉がきっかけで「お母さんが味方なら怖くない」と思い、そこからはマナーは守りながら、なんでもかんでも自由に、どこまでも自分を貫くという意志を持って生きて行く事を決心しました。

中学校3年生の時に信頼している国語の先生にだけに読んでもらうために、自分が自分らしくあるためにはどのように心を保ち、振る舞えばよいのかを作文を書き上げます。

その先生の勧めでその作文で「 第39回少年の主張全国大会」に参加し、文部科学大臣賞を受賞しました。

堂々と自分の言葉で伝えたことがきっかけで、周囲の反応や人間関係が良い方へ変わっていきました。

自分自身と向き合い悩み抜いた中学校時代を乗り越え、迎えた高校時代はとても明るく楽しいものだったそうです。

2018年高校1年生の時に「第31回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」に、挑戦しDDセルフプロデュース賞を受賞しました。

それがきっかけで学業とモデル、タレント業を両立する生活が始まりました。

高校在学中は仕事の際に隠岐諸島から東京に通っていましたが、卒業後は芸能活動に専念するために上京します。

2021年3月に無事に高校を卒業しましたので、これから東京へのお引っ越しが控えていて忙しいでしょうね。

今後は役者など新しいジャンルのお仕事にも意欲的ですし、美容やファッションのプロジュースなども手がけるかもしれませんね。

これから活躍の機会が今よりももっと増えると思います。

頑張って欲しいですね。

スポンサーリンク

井手上漠さんのまとめ

  •  井手上漠さんは母、姉、井手上漠さんの3人家族です。
  •  幼少期は活発な子どもでしたが成長とともにジェンダーにまつわる悩みに苦しみます。
  • 家族の支えや信頼できる先生との出会いにより「ありのままで生きる」事を決意しました。
  •  第31回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストでの受賞がきっかけでモデルやタレントして活躍しています。

井手上漠さんはとにかくかわいい透明感のあるルックスが注目されていますが、内面は強く優しくしなやかな印象を受けます。

「どんな声があったとしても、なりたい私になろうとするのをやめることは絶対にない」という強いメッセージはたくさんの人々を勇気づけていると思います。

これからも井手上漠さんの活躍を応援したいです。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました