瓶の蓋が開かない!今すぐ開けたい時の裏技は?

ジャムの瓶などの蓋が開かないことってありませんか?
今すぐ使いたいのに開かないと困りますよね。
特に料理をしている時や朝の食事の時など、時間がない時や急いでいる時に限って開かないのは私だけでしょうか。

そんな瓶の蓋が開かずに困ったとき、今すぐ開けたい時の裏技を紹介しますよ!

スポンサーリンク

瓶の蓋の開け方の裏技

では早速瓶の蓋の開け方の裏技を紹介します。
いくつかあるので、1つ1つ紹介していきますね。

瓶の蓋を温めましょう

よく瓶の蓋を温めると開くと聞いたことがありませんか?
これには理由がありますよ。

瓶の蓋は、金属でできています。
温めると、膨張して瓶と蓋との間に隙間ができるので開きやすくなるのです。

深いお皿や鍋など、なんでも良いので深いものに熱いお湯を入れて瓶を逆さまにしてお湯につけましょう。
ただし蓋だけが温まるようにしてくださいね。
しばらく浸けておくと蓋が熱くなるので、火傷に気を付けて開けて下さいね。

もし急いでいる時でお湯が用意できないような場合は、ドライヤーで温めるのも良いですよ。

くれぐれも火傷には気を付けてください。

輪ゴムを巻いてみましょう

輪ゴムを2~3本用意し、それを蓋に巻きつけます。
これで滑らずに力が蓋に加わるので開けやすくなります。

ゴム手袋や軍手を使ってみましょう

輪ゴムと同じです。
滑りにくくなるので、ゴム手袋や軍手を使ってみてください。
また、どちらも滑り止めのブツブツがついているものを使うと、更に開けやすくなると思います。

もし、片手で瓶を抑えて、片手で開けるのは難しいようでしたら、膝に瓶を挟んで固定すると両手で蓋を開けられるので、力が更に加わりますね。

蓋の周りを叩いてみましょう

瓶の蓋の周りを一周スプーンなどを使ってコツコツと叩いてみてください。
軽くで大丈夫です。
蓋に衝撃が与えられると、蓋の内部に空気が入り隙間ができるので簡単に開くようになりますよ。

蓋を回さず、瓶を回してみましょう

いつもは、瓶を固定して蓋を回して開けると思いますが、それでは開かない時、蓋を固定して瓶を回してみてください。
瓶本体の方が蓋よりも握りやすいので力が加わりやすくなり、案外簡単に開くかもしれません。
ただし、この場合、中身がこぼれる危険があるので気を付けてくださいね。

腕の力を使ってみましょう

蓋を開ける時って無意識で手や手首だけで開けようとしていませんか?
もし、これで開かないようでしたら腕全体の力を使ってみてください。

腕を伸ばして瓶と瓶の蓋を握り、手首を巻けず伸ばしたまま肘を曲げて開けてみてください。
瓶を自分の方に勢いよく近づけるイメージです。
この方法ですと、あまり力を入れなくても開けやすくなると言われています。

キャップオープナーを使ってみましょう

キャップオープナーとは、キャップを開ける道具のことです。
力がない人でも簡単に開けやすくなります。
100円ショップなどでも売られているので試してみてください。

瓶の底を叩いてみましょう

蓋ではなく、瓶の底を叩いてみてください。
手のひらで10回程度強くたたいてください。
これで意外と開けやすくなります。

ガムテープを巻いてみましょう

布のテープが良いです。
蓋にガムテープを貼って、瓶と蓋の両方にかかるように側面の半分くらいに貼り、そこまで巻けたらガムテープを引っ張ってみてください。
ガムテープを引っ張る力で蓋を回すことがコツになります。

これで頑固な蓋も簡単に開きます。
ガムテープの強い粘着力を利用して開ける方法になります。

タオルを使ってみましょう

タオルを濡らして蓋を固定して開けてみてください。
濡らしたタオルは、滑り止め効果があるので力を入れやすくなります。

温めたタオルだと尚良いです

濡らしたタオルでも十分良いですが、それでもダメな場合は濡らしたタオルを電子レンジで温めて、それで蓋の部分をつかんで開けてみてください。

瓶のフタの隙間にスプーンやマイナスドライバーなどを挟みましょう

瓶と瓶のフタの隙間に、マイナスドライバーなどの平べったいしっかりしたものを入れて押すと、ポコッとフタが取れます。

私はいつも手元にあるペーパーナイフを使っています。

そんなに力を入れなくて空くことが多いのでお勧めです。

瓶のフタに傷がつく場合があるので、大事なフタの場合は慎重になさってください。

蓋に穴を開けてみましょう

これは、最終的なやり方です。
ここまで紹介した方法を全て試したけれど、どうしても開かない場合の最終手段となります。
蓋に穴をあけてください。
そうすると、中に空気が入るので開けやすくなります。
缶切りなどを使うと穴が開きます。
蓋に穴を開けてしまうので、その後その瓶は使えなくなります。
一度で食べきれない場合は、他の瓶などに中身を移して保管してください。

【まとめ】
瓶の蓋が開かないと焦ってしまいますよね。
でも、こんなにたくさんの裏技があることを知りました。
これを1つずつ試してみるのも楽しいと思うので、今度からは瓶の蓋が開かなくても焦らずに1つずつ試してみてはいかがですか?
簡単にできるものから試してみると、案外簡単に最後の方法まで試す前に開いてしまうかもしれませんね。

私も普段急いでいる時に蓋が開かないとパニックになってしまうのですが、今度からは焦らずに冷静に楽しんで試してみようと思います。

タイトルとURLをコピーしました