リコカツは愛の不時着に似ている?原作は漫画か韓ドラ?

リコカツは愛の不時着に似ている?原作は漫画か韓ドラ?
この記事は約4分で読めます。

自衛官の緒原紘一(永山瑛太)とファッション誌の編集者の緒原咲(北川景子)のドラマのリコカツが始まりましたね。

リコカツ1話の内容が、愛の不時着に似ているという声が沢山みられました。

そこで、リコカツと愛の不時着は似ているのか?を検証してみたいと思います。

また、リコカツの原作は漫画なのか?韓ドラなのか?も調べてみました。

スポンサーリンク

リコカツと愛の不時着が似ている?


リコカツドラマのはじまりは、咲(北川景子)が、友達と雪山に来ていて足を滑らせて山に遭難してしまいます。

遭難した、咲をヘリコプターで助けに来た自衛官が緒原紘一(永山瑛太)。

紘一に助けてもらった咲は、好意を持ちます。

この時の出会いの仕方が、愛の不時着に似ているとか。

愛の不時着のヒロインのセリは、パラグライダーで強風にとばされて森に遭難します。

セリが遭難して出会った相手は、北朝鮮の保衛部少佐のジョンヒョク。

ジョンヒョクも紘一も、質実剛健のお堅いイメージが似ていますね。

自衛官らしく短くキレイにそろえた髪型もジョンヒョクに似ているという話もあります。

咲と初デートのときの紘一のスーツのシーンも愛の不時着の時と似ていると。

緒原紘一(永山瑛太)の姿がジョンヒョクに似ているなどという話もあります。

今回の紘一の女性を守ることが男性の役目的なところや押しの強いところなどもジョンヒョクに似ているのかもしれません。

自分を曲げないところや真面目なところなどもジョンヒョクを彷彿とさせますね。

そしてリコカツ第1話の最後の階段落ちのシーン。

体を張って咲を守る姿なんて、身の危険を顧みずにセリを守ったジョンヒョクみたいと思ってしまいます(笑)

ジョンヒョクを演じたヒョンビンと紘一を演じた瑛太は1982年生まれの同じ年齢。

年齢までそろえた?なんておもったりして。

リコカツと愛の不時着が似ているという場面もありましたが、初めの出会いなど少しの場面だけで、そのほかの内容は全然違っていました。

たしかに愛の不時着とリコカツの内容設定が全然違いますよね。

リコカツと愛の不時着は、なんとなく似ていると思われるところもあるようです。

リコカツ2話ではどんな内容なのか楽しみです。

スポンサーリンク

リコカツの原作は漫画か韓ドラにある?

リコカツの原作が漫画なのか気になったので調べてみると、オリジナルの脚本でした。

オリジナル脚本なので原作は漫画でも韓ドラでもなかったですね。

リコカツの脚本家は、ギルティ~この恋は罪ですか?の泉澤陽子さんです。

ギルティは、なかなかすごい話でしたね。

ギルティの脚本を書いた泉澤陽子さんなので、面白いストーリーになると期待しています。

また、リコカツの漫画はあるのか?とさがしてみたら、マンガボックスで3話まで見れるようです。

マンガの内容は、ドラマのあらすじのような感じでしたよ。

マンガボックスは、正規の漫画サイトなので安心です。

 

 

 

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました