イチケイのカラス芸人枠一覧!初回から最終話までまとめ!傍聴席で見守り

イチケイのカラス芸人一覧!初回から最終話までまとめ!
この記事は約5分で読めます。

竹野内豊さんと黒木華さんが主演のイチケイのカラス。

ちょっと変わった裁判官の竹野内豊さんとエリートまっしぐらの黒木華さんのコンビが面白いです。

このイチケイのカラスには、必ず芸人が裁判の傍聴人として登場します。

芸人さんのちょっとした演技がドラマに彩を与えていて楽しいです。

そこで、イチケイのカラスに登場する芸人さんを初回から最終話までまとめてみました。

スポンサーリンク

イチケイのカラスの第1話の芸人

イチケイのカラスの第1話の芸人さんはチョコネットさんでした。

イチケイのカラスの第1話は大学生の長岡誠(萩原利久)が、代議士の江波和義(勝村政信)に対して殴ってけがをさせた事件から始まります。

長岡誠の父親が江波の秘書だったのですが、父親は2ヵ月前に電車に飛び込み自殺を図っていました。

このとき、長岡誠の父親は、不正献金疑惑で東京地検特捜部がマークされていたのでした。

長岡誠は、父親が亡くなったのは、江波のせいだと思っていたのです。

しかし長岡誠の父親の洋一郎は自殺でもなく事故だったのです

電車が来ているのを知らなかった子供が線路の中に入ってしまい、それを見つけた洋一郎が自らを犠牲にして助けたのでした。

助けてもらった母親は、江波におどされて洋一郎は自殺したのだと虚偽の報告をしたのでした。

不正献金をしていた江波は、洋一郎を自殺したことにして自分の身を守ろうとしていたのでした。

スポンサーリンク

イチケイのカラスの2話の芸人

イチケイのカラスの2話の芸人さんは、ミルクボーイさんでした。

イチケイのカラスの第2話は、前田敦子さんが登場。

人気料理研究家の深瀬瑤子(前田敦子)が自分の子供を虐待して頭を揺らせた罪で捕まっていました。

しかし深瀬瑤子は、一貫として自分は虐待をしていないというのです。

実は1歳半の長女の頭を激しく揺さぶった原因は、ベッドから落ちたことだったのです。

当時診察していた医師が目を離したすきに、ベッドから落ち、そのときに激しく頭を打ったのです。

はじめは症状がずに、のちに症状がでたため、ベッドから落ちたことが理由とはわかりずらい状況だった。

医師はベルリンにいき世界の様々な症例と合わせて診断しました。

その結果は、幼児揺さぶられ症候群(SBS)ではなく、3日前にベッドから落ちたことによるものだったのです。

深瀬瑤子は、無罪となりました。

スポンサーリンク

イチケイのカラスの第3話の芸人

イチケイのカラスの第3話の芸人は、鬼越トマホークでした。

鬼越トマホークさんの泣きの演技も良かったですね。

イチケイのカラスの第3話も、やりきれない悲しいお話。

ガラス工房に勤めている藤代省吾(岡田義徳)は、警察官の奈緒(佐津川愛美)に好意をもっていました。

奈緒(佐津川愛美)は、夫も子供もいるので、その思いは届かずにいました。

ある日、奈緒(佐津川愛美)の夫の野上哲司を殺してしまいガラス工房の焼却炉で焼いてしまいます。

ところが、実は野上哲司を殺害したのは、娘の碧(渡邉心結)だということが・・。

イチケイのカラスの第3話は、なんとも切なく悲しいという声が沢山ありました。

イチケイのカラスの第4話の芸人は誰なのでしょうか?

スポンサーリンク

イチケイのカラス第4話の芸人

イチケイのカラスの第4話の芸人は空気階段でした。

イチケイのカラス第5話の芸人

イチケイのカラスの第5話に傍聴人として出演していた芸人さんは、3時のヒロインのゆめっちとかなででした。

イチケイのカラスは煉獄杏寿郎の名言やHEROに似ている?脚本家は?

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました