光永翔音(日大豊山)の出身中学や身長は?野球と水泳日本選手権の結果は?

光永翔音(日大豊山)の出身中学や身長は?野球と水泳日本選手権の結果は?
この記事は約6分で読めます。

皆さんは「二刀流」と聞くと誰の事を思い浮かべるでしょうか?

「二刀流」といえばエンゼルスの大谷翔平だろう!

そう思う方が大半かと思います。

しかし、「二刀流」はもう一人いるんです。

その名は光永翔音さん。

光永翔音さんは何の二刀流かというと、「野球」と「競泳」の二刀流なんです!

すごくないですか?

野球でもロッテジュニアに選出されたり、

水泳でも日本選手権で高校生以下で唯一出場するなど、結果を残しているんです。

現在は日大豊山で「野球」と「競泳」に励んでいます。

普通だとどちらか一方の競技に専念することが多いと思いますが、

日大豊山では野球部の監督と水泳部の監督が話し合って「二刀流」の可能性を模索したそうです。

その結果、光永翔音さんの「二刀流」への挑戦が実現できたとか。

アスリートファーストな学校で、才能が開花されそうですね!

そんな次世代の「二刀流」、光永翔音さんの事、もっと知りたくありませんか?

出身中学はどこなのか、身長や体重、日本選手権での結果など、調べてみました。

特に「二刀流」を実現させる身体づくり、身長・体重が気になりますね。

たっぷりとお楽しみください!

スポンサーリンク

光永翔音(日大豊山)の出身中学は?

光永翔音さんの出身中学は松戸市立第六中学校です。

学校のホームページでは「水泳部の部長の3年4組の光永翔音君が男子100mバタフライにて56秒の大会新記録で優勝しました。」との記述がありました。

大会新記録で優勝ってなかなかできることでは無いですよね。

同時に野球では「京葉ボーイズ」というチームに入団し、なんと全国制覇を2度も成し遂げているのです。

中学時代から「二刀流」で結果を残し続けているんですね。

これではスポーツ界が放っておくわけはないですよね?

現に中学を卒業するときは甲子園に出場する常連校からの誘いがあったようです。

ただその頃、光永翔音さんは「二刀流」に挑戦したいという意向があったため、それが実現できる日大豊山に進学しました。

光永翔音さんが逸材だとわかるエピソードですね!

スポンサーリンク

光永翔音(日大豊山)の身長や体重は?

光永翔音さんの身長と体重はこちらです。

  •  身長:190cm
  •  体重:76kg

身長が190cmとは、日本人にしたらかなり高いですね!

まさにスポーツをするために生まれてきたと言っても過言ではないでしょう。

身長の割に体重が軽い気がするのは、やはり水泳をするために体を絞っているからかもしれません。

「二刀流」として活躍するために体の管理はしっかりしているんですね。

これから「二刀流」としてさらなる飛躍をするために、どのようにして体を仕上げていくのでしょうか?

さらなる活躍が期待できそうです!

スポンサーリンク

光永翔音の野球の活躍は?


(右中央・右から2番目が光永翔音さん)

光永翔音さんは小学生時代から野球で活躍をしています。

どこのチームに所属していたかをざっと調べてみました。

  •  小学生時代:常盤平ボーイズ
  •  ジュニア:千葉ロッテマリーンズジュニア
  •  中学生時代:京葉ボーイズ
  •  高校時代:日大豊山

光永翔音さんが野球を始めたのは小学校1年生の時です。

そこからめきめきと頭角を現し、小学校6年生で右打ち強打の外野手として千葉ロッテマリーンズジュニアに選出されました。

そして中学時代は京葉ボーイズで2度の全国制覇を成し遂げます。

右投右打で3番打者・外野手の主軸として活躍していたそうです。

そして現在、甲子園を目指し日大豊山高校で練習に励んでいます。

朝は水泳部、放課後は野球部の練習に参加し、日々鍛錬を積んでいるようです。

「二刀流」を両立させるのは並大抵の努力では難しいでしょう。

それをやってのける光永翔音さん。

陰ながら応援をしています!

スポンサーリンク

光永翔音の水泳日本選手権の結果は?

光永翔音さんの水泳日本選手権の結果はこちらです。

50mバタフライ 24.68秒で28位(予選落ち)

やはりオリンピックに出場する選手も出場する大会です。

そう簡単に優勝できるものでは無いのでしょう。

しかし、光永翔音さんは将来性があり、パリ五輪では代表候補に上がるのではないかと言われています。

実は光永翔音さんは野球よりも水泳の方が始めた時期が早いのです。

光永翔音さんが水泳を始めたのは、なんと生後6か月の頃から。

小学校3年生からジュニアオリンピックに出場し、中学校3年生の時にはバタフライ50mと100mで中学生男子の記録を更新しました。

そして高校1年生の時に水泳日本選手権に出場します。

残念ながら記録は予選落ちとなりましたが、「二刀流」の選手が水泳の日本選手権に出場できること自体がすごいことです。

光永翔音さんは「世界記録を出したい。世界記録を出せば五輪で金メダルを獲れます」と語っており将来競泳でオリンピックを目指しています。

もしかしたら本当にパリ五輪では光永翔音さんの雄姿が見られるかもしれません。

私はその日を楽しみにしています。

まとめ

光永翔音さんについてわかったことは

1. 出身中学は松戸市立第六中学校で水泳部の部長だった
2. 松戸市新人水泳大会・男子100mバタフライにて56秒の大会新記録を出した
3. 光永翔音さんの身長は190cm
4. 小学校自体から野球を始め、結果を残し続けてきた
5. 高校1年生の時に水泳日本選手権に出場し、惜しくも予選落ち

以上です。

小さい頃から野球や水泳に触れ、結果を出し続けてきた光永翔音さん。

高校生活でも朝は水泳、放課後は野球と息をつく暇がないことが想像できます。

このような努力がいつか実を結び、花が咲くことを私は信じています。

光永翔音さんが甲子園で活躍し、パリ五輪では代表選手に選ばれることを願ってやみません。

これからの活躍を楽しみにしています!

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました