イチケイのカラスの芸人5話は3時のヒロインのゆめっちとかなで!

イチケイのカラスの芸人5話は3時のヒロインのゆめっちとかなで!
この記事は約4分で読めます。

毎回変わるイチケイのカラスの傍聴人が楽しみです。

5月3日のイチケイのカラス5話の芸人枠は、3時のヒロインの「ゆめっち」さんと「かなで」さんでした。

今、テレビをつければ3時のヒロインの姿が良く見られますよね。

今回は、ゆめっちさんとかなでさんだけの出演でした。

イチケイのカラスの芸人枠に出演する方は、今大人気の芸人さんが多いです。

ちらっと映る姿もやはり芸人さんということで光るものがありますね。

スポンサーリンク

イチケイのカラス第5話の芸人は3時のヒロインの感想は?

 

イチケイのカラスの第5話に傍聴人として出演していた芸人さんは、3時のヒロインのゆめっちとかなででした。

3時のヒロインは、コントも面白くて演技もできるからと評判が良かったですね。

福田さんは、どうしたのでしょうか?残念です。

スポンサーリンク

イチケイのカラスの第5話のネタバレ

イチケイのカラスの第5話は、人気バレリーナの馬場恭子さん(生田絵梨花)が所属するバレエ団の経営者が元トレーナーの矢口雅也を階段で突き飛ばした罪で捕まってしまいます。

そして、その人気バレリーナの馬場恭子さん(生田絵梨花)は、書記官の石倉文太(新田真剣佑)の同級生で、過去に思いを寄せていた相手だったのです。

石倉文太(新田真剣佑)は、書記官としての役目を果たそうと仕事をします。

しかし、別件の食い逃げ容疑で捕まった男性と合同で裁判が行われたときに、その容疑者が馬場恭子さんを見たと証言します。

馬場恭子さんに疑いがかけられますが、仲間のバレリーナの方の証言によってアリバイがあることが立証されます。

ただ、そのアリバイは同じような証言で、みなしっかりしすぎているという逆に怪しい印象を与えてしまいました。

そこから、馬場恭子さんを調べていくと怪しい点が見つかります。

実は、馬場恭子さんの足はケガがもとでバレエを続けていけない状態。

その状況は悪化するばかりですが、いまバレエを辞めるとバレエ団がつぶれてしまうという状況。

恩師でバレエ団の経営者でもある槇原楓から馬場恭子がケガで出演できなくなった公演をわかっていながらも当日まで言わないようにと。

そのことを知った元トレーナーの矢口雅也は、二人を脅して様々な嫌がらせをしていたのでした。

その最中にもみ合って馬場恭子は、矢口雅也を階段から突き飛ばしてしまったのです。

しかし、そのことを知られるとバレエ団がつぶれるので、黙っているようにと槇原楓だけが突き飛ばしたと証言したのでした。

イチケイのカラス芸人枠一覧!初回から最終話までまとめ!傍聴席で見守り

イチケイのカラスは煉獄杏寿郎の名言やHEROに似ている?脚本家は?

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました