【大豆田とわこ】かごめはなぜ死んだ?心筋梗塞か?伏線を調査!

大豆田とわ子と3人の元夫
この記事は約5分で読めます。

5月18日の「大豆田とわ子と3人の元夫」の第6話でかごめちゃんが亡くなるというストーリーに非常に驚きましたね。

いきなりの展開に、驚きと悲しさで「どうなってるの?」という声が沢山ありました。

八作が病院に駆けつけると、とわこが静かに座って待っていましたね。

とても衝撃的な出来事でしたが、かごめちゃんが亡くなった理由はドラマでは語られていません。

大豆田とわ子の親友の「かごめ」の死因は何なの?心筋梗塞なの?と思ったので調べてみました。

スポンサーリンク

「大豆田とわ子と3人の元夫」かごめの死因は?心筋梗塞?


「大豆田とわ子と3人の元夫」の第6話は初めは、3人の元夫の恋に関する話の展開が主な流れでした。

失踪した「とわ子」の姿が見えず、早く戻ってきて!という声が沢山ありました。

そして不意に「とわ子」から電話がかかってきた八作が向かったのは病院。

え、とわ子に何かあったの?と思いきや。

かごめちゃんが亡くなっていました。

ここで「え、何?どうなってるの?」と思いませんでしたか?

かごめちゃんの死因がふとよぎった自殺かと思ったり、事故か病気かとおもったり。

実は、病院で医者が死亡時刻のときに心筋梗塞と言っていたのでした。

心筋梗塞の症状の一つとして肩が痛いということがあるようです。

どうやら心筋梗塞で間違いなさそうですね。

大豆田とわ子が、「ひとりで死なせてしまった」といった言葉は、悲しくてやりきれないですね。

例のイベント会社の社長の嫌がらせのせいで、会議に出ていた「とわ子」。

その会議の最中にかごめちゃんが心筋梗塞で亡くなってしまったという風にも聞こえました。

そして、会議の最中にかごめちゃんが病院に行ったことを知らされて、会議を途中で中断して駆けつけた。

そのことが、会議を放棄したのでは?ということで契約破棄になってしまった。

そんなストーリーに感じました。

かごめちゃんは、自分にできるマンガを書くということに意欲的でしたね。

とわ子にも、なかなか手伝わせず、自分で書いて仕上げると頑張っていたのだと思います。

財産を勝手に寄付したりと、ちょっと周りとは違う行動をするかもしれないけれど、自分に正直なかごめちゃん。

そんなかごめちゃんのことを八作は好きだったが、とうとう何も言えずに恋を終わらせることができませんでした。

スポンサーリンク

八作は、かごめを好きだった

ドラマの細かい描写が涙を誘います。

かごめちゃんは、パーカーの紐をいつも取っていました。

八作にストローを買ってきてもらった、とわ子はパーカーに紐を通します。

ドラマの前半の3人の元夫の恋の話は、八作のかごめちゃんへ対する恋への伏線だったのかもしれません。

脚本家の坂元裕二さんの世界にますます引き込まれそうです。

スポンサーリンク

大豆田とわ子のかごめはなぜ死んだ?まとめ

大豆田とわ子と3人の元夫は、お洒落な大人の物語。

そのとわ子の親友のかごめちゃんは、なぜ亡くなったのか?をまとめました。

かごめちゃんは心筋梗塞で亡くなった理由は医者が心筋梗塞と言っていたのです。

また、かごめちゃんは、肩がいたいと言っていたこともありました。

心筋梗塞の前兆として肩が痛いということがあるそうです。

 

 

 

 

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました