藤井菜々子競歩選手の中学や高校の学歴プロフィールは?身長と体重は?

石川県能美市の市営コースで行われた、全日本競歩能美大会は、東京オリンピックの選考も兼ねています。

この大事な大会で、見事、藤井菜々子選手が優勝しました。

そして、東京オリンピックの代表に内定!

おめでとうございます!

ケガを乗り越えての優勝は、とても感動的でした。

藤井菜々子がどんな中学校や高校で練習を重ねてきたのかと気になりますよね。

そこで、学歴やプロフィールなどをまとめてみました。

スポンサーリンク

藤井菜々子選手の中学校や高校は?

 

  • 氏名:藤井菜々子(ふじい ななこ)
  • 生年月日:1999年05月07日
  • 星座:牡牛座
  • 出身地:福岡県福岡県那珂川市
  • 身長:159cm
  • 体重:44kg
  • 学歴:那珂川市立那珂川北中学校⇒北九州市立高等学校
  • 所属:株式会社エディオン
  • ニックネーム: ななこ、ななすけ、ななお
  • 好きな食べ物 :フルーツ・豆乳

藤井菜々子選手は、1月に参加していた宮崎の合宿中に右脚が大転子滑液包炎になってしまって、日本選手権を欠場していましたがケガも治って優勝をされました!

東京オリンピックの代表が内定が決まって、思わず涙を流されましたね。

 

バリバリのアスリートの藤井菜々子選手は、くまのプーさんのグッズを集めることが好きな女の子の一面も持ち合わせています。

プーさんと言えば、羽生結弦さんを思い出してしまいます。

そんな藤井菜々子選手のご両親は福岡出身で、山口県に少しだけ住んだことがあるそうですが、それからは福岡県で育ったそうです。

福岡県出身の女性芸能人は、橋本環奈さんや山本美月さん、蒼井優さんなど沢山の有名人がいます。

人材の宝庫ですね。

母親が元短距離選手だったことと、父親も市民ランナーとして楽しんでいるという環境だそうなので、陸上が身近な存在だったのかもしれません。

そんな環境の元、走ることが好きだった藤井菜々子さんは小学校3年生の時に、陸上を始めたそうです。

そのころからマラソン大会で優勝したりなどしていたということなので、素質もかなりあったようですね。

そんなころに、友達と一緒に陸上クラブへ通うことになったそうです。なんでも友達のお父さんが誘ってくれたそうです。素質を見抜いていたのかもしれませんね。

そして、短距離やクロスカントリー、那珂川北中では中長距離などの経験をされたようです。

高校生1年の冬から競歩を始めたのですが、実はそのころ故障をしてリハビリのために取り入れたとか。

長距離種目も並行して取り組んでいた競歩は、

  • 北部ブロック予選大会 25分28秒76 2位
  • 県大会 24分38秒27 優勝
  • インターハイ 23分17秒23 優勝

高校2、3年の時に全国高校総体の競歩女子5000メートルで連覇という素晴らしい結果を出しています。

そして「ダイヤモンドアスリート」に選出されています。

ダイヤモンドアスリートとは、日本陸上競技連盟が19歳以下のオリンピックや国際大会などで活躍する選手を認定し、英会話などを支援するものです。

故障の影響で日本選手権を欠場し、今回が7入賞を果たしたドーハ世界選手権以来のレースとなる藤井菜々子選手(エディオン、ダイヤモンドアスリート修了生)が

リハビリのための競歩が、今では、東京オリンピックの代表とはすごいです。

 

タイトルとURLをコピーしました