かぼちゃの冷凍保存期間は?生のままの保存方法は

かぼちゃって甘くてホクホクして美味しいですよね!
野菜嫌いの方でも、かぼちゃは好きという方も多いのではないでしょうか。

私は、野菜全般好きですが、かぼちゃは特に大好きです。

ご飯のおかずはもちろん、子供のおやつなどにも食べることがあります。

栄養も豊富なかぼちゃなので、年間通していつでも食べたいですが、季節により美味しくない時もありますし、高い時もあるので、いつでも安定して食べるために冷凍保存ができたら便利なのにな!と思いました。

冷凍保存ができれば、いつでも美味しいかぼちゃが食べられて、お弁当のおかずに少し使いたいという時にも便利ですよね。
ただ気になるのが、かぼちゃの冷凍保存できる期間や生のまま保存する方法があれば知りたいと思います。

そこで、ここでは「かぼちゃの冷凍保存期間」や「生のままの保存方法」について紹介したいと思います。

スポンサーリンク

かぼちゃの冷凍保存期間

では早速、かぼちゃの冷凍保存期間からお話を進めていきますね。

かぼちゃは、生のまま冷凍した場合も、加熱して冷凍した場合も、どちらも1カ月~2カ月間保存が可能です。
調理したものについては、約1カ月間冷凍保存が可能です。

しかし、やはり長期間保存冷凍保存したものは、冷凍庫の臭いがつくこともありますし、参加が進み味が落ちます。
品質や美味しさなどの点からも2週間くらいで食べる方が良いようですよ。

冷凍保存をすると、何カ月間も保存しておけると私は思っていたのですが、そうでもないのですね。

実は、以前かぼちゃの煮たものを冷凍したことがあり、それはお試しでやったのですが、いざ食べようと思い解凍したものの、美味しくなくて、かぼちゃは冷凍保存ができないものだと思っていました。
詳しく覚えていませんが、保存可能な期間が過ぎていたのかもしれません。

かぼちゃの保存方法

続きまして、かぼちゃの保存方法を紹介します。

かぼちゃを上手に保存して、長く美味しく食べたいですよね。

常温で保存する場合

かぼちゃは、丸ごと保存することが可能です。
風通しの良い冷暗所で保存すると良いです。

常温保存する場合、丸ごとが基本となり、カットしたものは冷凍保存が長期間保存に適しています。

冷蔵庫で保存する場合

冷蔵庫で保存する場合は、カットして保存する場合と、茹でて保存する場合の2種類があります。

カット保存する場合は、種とワタを取り除き、種とワタが入っていたところにキッチンペーパーを詰めて、しっかりラップで包み冷蔵庫の野菜室で保存します。

茹でて保存する場合は、タッパーか保存袋に入れて冷蔵保存をします。

冷蔵保存は、2日~3日間が保存期間の目安になります。

冷凍庫で保存する場合

冷蔵庫で保存する場合、生で冷凍しても良いですし、加熱して冷凍してもOKです。

加熱して保存する場合は、カットしたかぼちゃを電子レンジで加熱して保存しても良いですし、加熱しマッシュして保存しても良いようですよ。
加熱したかぼちゃの実をかきとってつぶして冷まし、フリーザーバッグに入れて空気を抜いて冷凍保存すると良いですね。

栄養と食感

かぼちゃを長期保存できることは嬉しいですが、冷凍保存すると栄養や食感に変化があるのでしょうか?

まず結論から申しますと、冷凍保存したことで、かぼちゃの栄養価が減るということはありません。
それは、かぼちゃの栄養素の中で特に多いのはβカロチンですが、このβカロチンは水に溶けにくい性質があります。
また、かぼちゃに含まれるビタミンCは水に溶けやすい性質なので、加熱する時に出る水分に溶け出す可能性は考えられますが冷凍保存することで、これらの栄養が失われることは考えられません。

かぼちゃを調理する時に加熱によって栄養が溶け出てしまうことはあっても、冷凍することで栄養がなくなるということはないのですね。

食感については、冷凍保存する時に生で保存すると食感が落ちると言われています。
少し茹でてから冷凍すると、味も食感も落ちる心配はありません。

手間かもしれませんが、かぼちゃを冷凍保存する時は、少し茹でてから保存するようにしてくださいね。

おいしくない・水っぽい・臭いなどにならない方法

ここまで、かぼちゃの冷凍保存に関することをお話してきました。

茹でて冷凍することで味も食感も心配することはないと言われていますし、調べてみると、冷凍保存したかぼちゃで、おいしくない・水っぽい・臭いなどが気になるということは生で冷凍した場合だということがわかりました。

先ほど、生のままでも冷凍保存は可能と申しました。
できないわけではありませんが、やはり少し茹でてから冷凍した方が良いようですね。
茹でてから冷凍することで、解凍した時の「おいしくない・水っぽい・臭い」という心配はなくなるようです。
かぼちゃは、加熱調理してから冷凍した方が劣化しにくい野菜ということです。

まとめ

最後にまとめます。

かぼちゃは、冷凍保存が可能です。
冷凍保存する場合は、少し茹でてから冷凍しましょう。
しかし冷凍しても、長期間は保存できません。
早めに食べるようにしましょう。
また、かぼちゃは丸ごとのままでしたら冷凍しなくても保存できます。

上手に保存して、美味しく食べて、しっかり栄養も摂りたいですね。

タイトルとURLをコピーしました