半夏生にうどんを食べるのはなぜ?うどんの日がある?

半夏生にうどんを食べるという地域があるそうです。

あなたのお住まいの地域、または出身地では半夏生にうどんを食べる風習がありますか?

私の住む地域や、これまで住んだことのある地域、出身地では半夏生にうどんを食べる風習はありません。
主人の実家も、そういう風習はないようです。

半夏生にどうしてうどんを食べるのか?
理由を知りたいと思い調べてみることにしました。

スポンサーリンク

半夏生にうどんを食べるのはなぜ?いつから?

うどんと聞いて、あなたはどこの地域を想像しますか?
きっと多くの方が「香川県」を想像するのではないでしょうか。
讃岐うどん美味しいですよね。
私は、いつか本場の讃岐うどんを食べたいと思います。

半夏生にうどんを食べる風習は、香川県に根付いているようです。
香川県の人は、普段からうどんを食べているように思うのですが、どうして半夏生にうどんを食べるようになったのか、そのルーツなどを調べてみましたよ。

通説・1

昔、香川県の農家では麦の刈り入れや田植えが終わる半夏生の頃に、その年に収穫した麦を使い、うどんを打ち、農作業を手伝ってくれた人に振舞っていたそうです。
この風習が、今も代々受け継がれて、定着したのですね。

通説・2

その年の収穫物を神様に供えて収穫を祝うことから半夏生にうどんを食べるようになったとも言われています。

半夏生は、昔の農家の人にとって大切な節目の日でした。
この時期には、畑仕事や水稲の田植えを終わらせる目安の日だからです。
半夏生に食べるものは、地域により異なるようですが、香川県ではうどんのようですね。

香川県では、半夏生の時期に小麦が収穫されるので、振舞うものやお供えするものはうどんで、現在では香川県内のイベントで「うどんの無料サービス」もあるようです。

この風習がいつから始まったのか、色々な角度から調べましたが、わかりませんでした。

うどんの日がある?

「うどんの日」、調べてみたらありました!

7月2日に香川県内各地でイベントが行われているようです。
7月2日は、うどんの日!県内では恒例イベントとなっており、うどんの振る舞いなどがあるようです。

香川県の農家では、麦刈りから田植えという忙しい農作業がひと段落する半夏生の日に農家の人が農作業を手伝ったくれた人に、その年に収穫した麦でうどんを作り振舞う伝統的な風習です。
半夏生は、毎年同じ日ではありませんが、昭和55年に香川県の本場さぬきうどん協同組合が7月2日を「うどんの日」と定め、毎年献麺式や無料でうどんの振る舞いなどを行っています。
イベントの内容は、その年により異なるかもしれませんが、うどんの振る舞いの他、小学生と保護者を対しように、手打ちうどん教室などの体験教室も開かれるようです。
楽しく学べて素敵ですね。

うどんを食べると良いと思うこと

ところで半夏生に、うどんを食べると良いことはあるのでしょうか。

私は、香川県の出身ではありせんが、うどんを好きなので普段頻繁に食べています。
うどんを食べると良いと思うことを考えてみましたが、「美味しい」「食欲がない時も食べやすい」くらいしか思い浮かばなかったので、調べてみることにしました。

うどんは、炭水化物の1つですよね。
ですから、お腹がいっぱいになる食べ物というイメージで、特に何か栄養があるようには思っていませんでしたが、そんなことはありませんでした。

うどんの主な成分は、小麦です。
そこで小麦に含まれている栄養素や効能を調べてみました。

  • グルテン→血中コレステロールや中性脂肪減少を助けてくれます。
  • プロリン→お肌の美容効果が期待できます。
  • グルタミン→免疫力の向上や感染症の予防効果が期待できます。
  • グルタミンペプチド→筋肉疲労の回復効果が期待できます。

また、うどんは消化が良いので、食べるとすぐにエネルギーに変わります。
病気がちで食欲がない時や、病み上がりの時などに向いている食材です。

まとめ

昔の日本では農業に生活が密着していました。
そのため、生活暦が農作業の目安に重要視されていました。
田植えで疲れた体を休めるために、香川ではうどんを打ち振る舞い食べていたのですね。

私の実家の地域も昔は小麦を主に作っていた(関東です。米は作れない地域で小麦を作っていたそうです)そうなので、昔々を辿っていくと半夏生にうどんを食べるというような、似ている風習があったかもしれません。
今は、実家の地域では農家が減ってしまったので、そういう風習が仮にあったとしても知っている人もいないと思いますが、機会があったら、もし知っている人がいるようでしたら調べてみたいと思いますし、そういう伝統は受け継いでいきたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました