ナイトドクター北村匠海(桜庭) のドナーは誰?朝倉美月の母親?病名は?

この記事は約3分で読めます。

ナイトドクター第3話では、北村匠海さんが演じる桜庭先生の回でしたね。

ドラマの中で時々心臓を抑えて薬を飲んでいる姿が見られていました。

一体、桜庭先生の病名は何なんでしょうか?

そして、心臓移植のドナーについても朝倉美月の母親ではないかという伏線がありました。

スポンサーリンク

ナイトドクター北村匠海演じる桜庭先生の病名は?

ナイトドクターの北村匠海さんが演じる桜庭瞬先生は、幼いときから心臓を患っているということがわかりました。

そして、桜庭先生は心臓移植をしていたのでした。

病名は公表していませんでした。

飲んでいる薬は、シクロスポリンという薬。

そのことは、指導医の本郷は知っていました。

本郷先生と桜庭瞬先生は、昔からの知り合いで、桜庭瞬の母親とも何やら親交があったようです。

桜庭先生の母親は柏桜会本院の会長をしていて桜庭瞬さんに会社をついでほしいと思っています。

心臓のことも心配ということで、忙しい救急救命よりも会社の仕事をしてほしいと桜庭先生に言います。

スポンサーリンク

ナイトドクターの桜庭瞬の心臓のドナーは朝倉美月の母親?

ナイトドクター3話の最後に、朝倉美月の部屋で成瀬は美月のはがきを見てしまいます。

その葉書には、ドナー宛のお礼の言葉が綴られていました。

その葉書の文字が桜庭の字とそっくりだと気がついた成瀬。

成瀬は、桜庭にドナーについて聞きますが、知らないと言って去っていきました。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました