TOKYO MERは面白い?面白くない?評価が多い方はどっちか感想をまとめた!

TOKYO MERは面白い?面白くない?評価が多い方はどっちか感想をまとめた!
この記事は約8分で読めます。

日曜日のTOKYO MER~走る緊急救命室~は、鈴木亮平さんが主演の破天荒な医師が救命救急のプロフェッショナルチームを引っ張っていくドラマ。

この「TOKYO MER~走る緊急救命室~」の放送が終わって、「面白い」「面白くない」の感想を集めたみました。

TOKYO MER~走る緊急救命室~は、面白いのか?面白くないのか?感想はどちらが多いのでしょうか?

それでは、どうぞ!

スポンサーリンク

TOKYO MER~走る緊急救命室~は面白いという感想

 

災害、事故現場へ行ってそこで救命活動しながら手術もこなすという画期的な医療活動に驚かされました。現場がとてもリアルに表現された迫力で緊迫感が押し迫ってくるのを実感しました。チーフドクターの喜多見を演じる鈴木亮平さんは目力が強く行動力があり指示が的確で患者さんにはとても優しい言葉がかけをするとても有能な医者でした。手術の丁寧さと手早さを兼ね備えていてきっとこの人は命を救ってくれるだろうという安心感もありました。厚生労働省から派遣されてこのチームに加わっている音羽は医師でありながらこのプロジェクトを潰そうとする人物です。それを冷静沈着に賀来賢人さんが演じていてて素敵です。政治的な思惑が絡む展開に音羽が判断に思い悩んで行きそうな気配がして余計に興味が湧きました。

 

期待していたTBS日曜9時の鈴木亮平主演ドラマがスタートしました。他の医療ドラマとの違いが何なのか初回を楽しみに観覧しました。出演者一人一人の個性が初回からしっかり描き出されているため、作品に入り込みやすく安心して見ることができます。特に、主要キャラクターの3人喜多見(演:鈴木)、弦巻(演:中条)、赤塚(演:石川)は立ち位置が明確で、さらにライバル的な立ち位置の人物、音羽(演:賀来)、蔵前(演:菜々緒)、白金(演:渡邉)がそれぞれ用意されており、これから起こるであろう嵐の予感を意識させられて今から楽しみになりました。

 

石川演じる東京都知事の赤塚と渡邉演じる厚生労働大臣の白金の「赤白対決」はストーリーの主軸の1つとなっているようでしたが、石川の可愛らしい微笑みと存在は緊張感のある救急医療ドラマで癒されました。他に鈴木の筋トレは医療現場の過酷さに対する準備時間とし、トラックの中や爆発事故現場での手術シーンは実際に血が流れて、リアルな緊迫感との対比がスゴく感じられました。事故現場からの撤収シーンで、その日の被害状況報告時に、必ず「死者は0でした。」となり、撤収するシーンは爽快です。

 

鈴木亮平さん演じる喜多見は、もっと張り切りすぎて、空回りでもするのかなと思ったら、冷静沈着。トリアージも素早くして、MERには欠かせない人だと感じました。それも、昔の母親が置き去りにされた経験からだったんですね。でも、その立場になってわかることもあるかともいます。

 

このドラマは喜多見のまっすぐなところが良かったです。危険な場所にも自ら動いて助けに行くのがかっこよかったです。そして弦巻はとにかく必死なのが伝わってきました。本当はMERにいたくないけど、助けないといけない歯がゆさがリアルです。そんな中、音羽の冷静な感じがハラハラしました。スピーディーに処置をしていくけど、本当はMERを無くそうとしているのが怖かったです。弦巻からいろんな話を聞き出していたのが、すごく緊張感ありました。さらに喜多見は両親を亡くしているからこそ、待っていてはダメなのがとても深いです。消防士から止められても、助けに行くところは迫力ありました。自分の体がフラフラになりながらも、頑張る姿が良かったです。

 

当初経歴が曖昧という点で喜多見幸太は危惧されていたものの、実際の現場での的確な指示や手際の良さには医師としての確かな実力が感じられ、観ていて非常に清々しかったです。危険を顧みず決して迷うことなく現場へ向かっていく姿は本当にかっこいいというほかなかったです。また、幼少の経験から待っているだけじゃ助けられない命があると揺るぎない信条を持っているところが素敵だなと思いました。一分一秒とて無駄にできない現場でスピーディな対応が求められる、そんな過酷な仕事をしている人がいると思うと胸が熱くなりました。意識が朦朧とする中、抜群のタイミングで助っ人に入った音羽尚が凄く印象に残りました。権力者の息がかかっていると言われている彼が今後どのように変わっていくのかが楽しみです。

 

チーフドクター喜多見のキャラはとてもいいとおもった。なにか隠している大きな問題を匂わせる内容など、今後の展開がとても楽しみな内容です。また、音羽の今後が、喜多見に影響されてかわっていくのか、もしくは、厚生労働省側につくのか、この点も目が離せない内容になると思っています。弦巻は、新人ドクターキャラなので、今後も化けていくのかが要チェックだとおもいました。喜多見と千住のいざこざもなにか進展しそうな内容で、だいぶたのしみです。赤塚と白金のやりとりは、いまいちどうでもよい内容かなと思いましたが、この二人の関係が今後大きな展開になるのであれば、楽しみにしたいと思います。
最近、他局も含めてこういった緊急救命室を扱ったドラマが多いですが一番観ていてリアル感が伝わってくると思いました。鈴木亮平さんが演じる主人公はやり方は多少破天荒ではありますが、とにかく人の命を大事に順位をつけてはいけないという信念を持ち、ドラマとはいえ手際のよい素晴らしい支持を周りに出していてドクターチームを引っ張っている姿が印象的でした。平和主義な性格のため人とぶつかる事は苦手みたいなイメージがありましたが、自分が信じた事はぜったいに曲げない強さを持つ方だと思いました。また病院経営でありがちな権力争いや政治がらみになってくるのもこれから石田ゆりこさん演じる知事がどのような手腕を取っていかれるのかが見ものであります。全体的にテンポがよくて見やすい番組でした。

 

 

まず、主演の鈴木亮平さん演じる喜多見医師の救命現場でのトリアージの場面。セリフや動きテンポが非常に良く、物語の導入でここから持って来たのでグッと視聴者を引き付けたと思います。MERに集められたチームのメンバーも個性的な面々が集められており、2話以降各メンバーにスポットを集めつつの展開になると予想されますが、対喜多見医師の見立てでそれぞれの立場があるので楽しみに見られそうです。

 

鈴木亮平さん演じる主人公・喜多見の判断力、行動力、そして医師としての技術の高さに凄味を感じさせました。命を助けるために危険を省みない行動によって批判的な声が出る中で、「待ってるだけじゃ、救えない命がある」という喜多見の信念とその信念に従ってリーダーシップを発揮する姿からTOKYO EMRの結束力を強くしているように感じました。過酷な現場でも命を救うという思いの強さに心震え、どんな困難な事態でもこのメンバーならば乗り切れると強く感じました。

 

 

 

EMRを潰すためにスパイとして選ばれた賀来賢人さん演じる音羽の存在が今後の活動のキーパーソンになると感じられ、喜多見による影響力や実際に命と向き合うことでEMRの重要性やそこから白金の考えに反した行動が見られていくと予測され、それがストーリーの面白みを強くすると感じました。

 

スポンサーリンク

TOKYO MER~走る緊急救命室~は面白くないという感想

それでは、次はTOKYO MERが面白くないという感想を見てみます。

医療ドラマではありますが、政治との絡みも入ってくるので、どちらも楽しめるドラマになっているとは思います。喜多見先生の、真っ直ぐでとにかく人命救助を第一に考える姿は素敵です。ただ、危なっかしいと言いますか、それでは自分が死んでしまうと思うことが多いので、ハラハラしてしまい、もう少し自分と巻き込まれる周りのことを顧みてほしいと思ってしまいます。

 

官僚でも医師でもある音羽先生は、どちらの味方なのかよくわからない立ち位置に、これを楽しみに見る人もいるとは思いますが、どっちつかずな感じがしてあまり面白いとは思いませんでした。今後、喜多見先生の隠された過去についても掘り下げられていくと思うので、その点は楽しみではあります。
爆発事故では手が回らない自分にボーッとしていましたが、その時の医者の事を思っていたのではないでしょうか。少人数だけだととても手が回らない事に。みんなが来たときは嬉しかったです。これで乗り切れると思いました。最後に助けた人も、喜多見だけでは共倒れでした。音羽がいたから助けられたのです。音羽は厚生労働省のスパイのようなものですが、喜多見の気持ちに傾いていくのではないかと思っています。この時間帯は大物同士が対立をするという暗黙のルールでもあるのでしょうか。どうせ厚生労働省が負ける運命なので、もう対立はうんざりでした。
この時間帯のドラマ特有の善VS悪も描かれているのはお約束。日曜夜には必要でしょう。ただ気になるのは、ピンチになると賀来賢人さん演じる音羽医師が助けに来るシーン。喜多見医師に反発しつつも結局は人命重視で助けに来るのですが、話が出来過ぎているので、毎回毎回同じパターンで描かれると少し萎えるかもしれません。次話以降はある程度の変化球が欲しい感じです。
TOKYO EMRを発案した石田ゆり子さん演じる東京都知事・赤塚を目の敵にしている渡辺真起子さん演じる白金によって存続が危ぶまれそうになる展開は面白くなく、命を助けるために奮闘することを自分の私利私欲のために潰そうとする姿に実際の政治家の姿に重なり苛立ちさえ感じさせました。
政治的嫌な面は面白くなく感じましたが、その考えを反するだけのメンバーが揃っていることから今後の展開が面白くなっていくと期待が高まりました。
スポンサーリンク

TOKYO MER~走る緊急救命室~の視聴率は?

TOKYO MER~走る緊急救命室~の初回放送の世帯平均視聴率は14.1%と好調だそうです。

スピード感たっぷりの初回放送はあっという間に時間が過ぎてしまいましたね。

まだまだ謎な部分が多いのでこれからのストーリーの展開も楽しみです。

 

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました