MIKIKO先生(水野幹子)の学歴!大学や高校や中学は?結婚して夫はいる?

MIKIKO先生(水野幹子)の学歴!大学や高校や中学は?結婚して夫はいる?
この記事は約6分で読めます。

振付師・演出家として有名なMIKIKO(ミキコ)さん

愛称MIKIKO先生と呼ばれ、日本を代表する演出振付家です。

MIKIKO先生といえば、Perfumeの専属振り付け師として有名です!

また、2020東京オリンピック開会式を担当することでさらに注目されましたが、辞退されています。

そんなMIKIKO先生がこれまでどんな経歴をお持ちの方なのか気になるところです。

大学や高校、中学の際はどんな生活を送っていたのでしょうか。

また、「MIKIKO先生かわいい!」と男女ともに人気のMIKIKO先生ですが、ご結婚はされて夫はいるのでしょうか?

そこで今回はMIKIKO先生の学歴、大学や高校、中学時代について、また、ご結婚されて夫はいるのか調べてみました!

まずはプロフィールを見てみましょう。

スポンサーリンク

MIKIKO先生(水野幹子)の学歴!大学や高校や中学は?

MIKIKO先生は、1977年8月11日三人姉妹の末っ子として、東京で生まれました。

2歳のときに父親の転勤で広島県に引越し、その後は28歳まで広島県で過ごしています。

父親が広告代理店に勤めていたため、ライブや舞台裏を見ることができたそうです。

その中で、米米CLUBのライブのバックステージを見せてもらったことをきっかけに、振付師という職業を知ったといいます。

広島にある安田女子中学校のバトン部に入部。バトン部の一員としてフラワーフェスティバルの舞台やパレードに出演し、人前で踊る楽しさを覚えたそうです。

安田女子高校へ進学し、「かっこいいダンスがやりたいな」と思いヒップホップダンスを始めました。

ダンスは小さい頃からしている子も多く、MIKIKO先生は体の硬さなどで苦労したそうです。

しかし、高校卒業後の1996年、19歳からバレエとダンスの経験を元にダンス指導を開始。

「習いながら教えることで勉強していきなさい」とスタジオのオーナーに言われ、教えるのと習うのを同時にやるようになったそうです。

そしてMIKIKO先生は21歳の大学在学中(どこの大学かは不明)、アクターズスクール広島を開校するため、最初の講師陣の一員となりました。この一期生の中に、後にPerfumeとなるメンバー3人もいたようです。

高校から始めたダンスを、高校卒業してすぐ指導者としても動き始めたMIKIKO先生の挑戦は「すごい」の一言です。

そこには計り知れない努力があったのだと思います。

スポンサーリンク

MIKIKO先生は結婚して夫はいる?

では、MIKIKO先生はご結婚されているのでしょうか?

これに対しては、独身説・バツイチ説・結婚説と、いろんな情報が錯綜しています。

ですが、どれも決定的な情報はありません。

独身説については、そもそもMIKIKO先生が自身の結婚について話していないということが大きいです。

一部では結婚していない、とご自身で話していたとか…

バツイチ説については、広島時代ダンサーのtakaさんと21歳のときにご結婚。アミューズと契約する上京時に離婚した、という噂があります。

こちらも確かな情報はないので何とも言えませんね。

最後に結婚説については、「メディアアーティストの真鍋大度さんが旦那なのでは?」と噂が出ています。

ですがMIKIKO先生ご本人が否定しているという話もありますので、ガセネタの可能性もありそうですね。

真鍋さんとMIKIKO先生は2010年頃から一緒にお仕事をすることが多くなったようです。夫婦としてではなくても、大事な仕事上のパートナーとして思っているのかもしれません。

どの噂も根拠のあるものはなく、噂のままとなっています。

MIKIKO先生自身、ご家庭についてはあまりお話したくないのかもしれません。

何かお話される機会があれば注目したいと思います!

スポンサーリンク

MIKIKO先生の経歴

高校からダンスを始めたMIKIKO先生ですが、1999年大学在学中の21歳のときに、アクターズスクール広島の講師として動き始めています。

2000年にはMAXのバックダンサーとなり、同時期にダンスグループVAXを結成しています。

2005年MIKIKO先生が28歳のといにアミューズとマネジメント契約を結び、本格的に演出家として活動を開始させます。

ニューヨークへ留学

その後2006年から2年間、「自分が何を表現したいと感じるか?」を課題にニューヨークへ留学。

そこでは多くの刺激があり、古き良きものから新しいものまでたくさんのことを学ばれたそうです。

帰国後は、アミューズ所属のアーティストを中心に振り付けを提供することとなりました。

2009年32歳のとき、自身が代表を務めるELEVENPLAYを立ち上げます。

立ち上げ後には、BABYMETALやRIPSLYME、CHEMISTRYなどアーティストの振り付けやMVの演出・制作に関わっています。

レディガガ前座や恋ダンス振り付けなど

  • ELEVENPLAYがレディーガガのコンサートの前座を務める(2014年)
  • 振付・制作した伊勢丹の宣伝動画がグッドデザイン賞を受賞(2014年)
  • 『逃げるは恥だが役に立つ』のエンディング(恋ダンス)の振付を担当(2015年)
  • リオ五輪閉会式における、五輪旗引き継ぎ式の芸術パートを担当(2016年)

このような数々の仕事を任されています。

多くの人がMIKIKO先生の演出・振り付けに魅了されていることがわかりますね。

そんなMIKIKO先生がNHK「プロフェッショナルの流儀」に出演された際、「プロフェッショナルとは」という問いに対しこう答えています。

“自分を信じて相手を信じる。相手を信じた自分を信じること。こだわるところと相手にゆだねるところを明確にすること。”

このMIKIKO先生の信念が、人々を魅了する力の一つなのだと感じます。

スポンサーリンク

MIKIKO先生(水野幹子)の学歴や結婚のまとめ

今回MIKIKO先生の生い立ちや経歴、ご結婚について調べましたが、以下のことがわかりました!

  • MIKIKO先生は父親の仕事がきっかけで振付師という職業を知った。バトン部・ダンス部の経験を経て、振付師・演出家へと道を広げていった
  • ご結婚について多くの噂はあるが、実際には結婚しているか夫がいるのか確証はもてない

多くの努力と経験をし、人々を感動させていることがわかりました!

これからもMIKIKO先生のどんな演出・振付が繰り広げられるのか、楽しみが止まりません!応援しています!

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました