風間球打の出身中学や小学校は?両親(父・母)は?4人兄弟で名前がスゴイ!

風間球打の出身中学や小学校は?両親(父・母)は?4人兄弟で名前がスゴイ!
この記事は約6分で読めます。

2021年高校野球で注目のノースアジア大明桜高校ピッチャー風間球打投手。

プロ野球界からも注目され、ドラフト候補に名を挙げています。

風間球打投手の魅力はなんといっても、最速157km/hのストレート!

また、バッティングも得意で、チームでは4番を打ち、投げない時もレフトで出場しています。

そんな風間球打選手ですが、出身中学や小学校はどこなのでしょうか。また、両親や兄弟など家族構成も気になります!

そこで今回は、2021高校野球注目の風間球打選手について、出身中学や小学校、両親や兄弟など家族構成についても調べてみました!

スポンサーリンク

風間球打の出身中学や小学校と高校は?

まずは風間選手のプロフィールを見てみましょう。

  •  風間球打(かざま きゅうた)選手
  •  生年月日:2003年10月11日
  •  出身:山梨県甲州市
  •  身長:183cm
  •  体重:81kg
  •  ポジション:ピッチャー兼レフト
  •  憧れの選手:大谷翔平選手

風間選手は地元の甲州市立奥野田小学校に通い、中学は甲州市立塩山中学校へと進学しています。

小学校1年生から奥野田スポーツ少年団に所属し、野球を始めました。ピッチャーになったのは小学校3年生からだそうです。

中学時代は、公益社団法人日本野球連盟山梨県支部に加盟する中学硬式野球チーム「笛吹ボーイズ」所属し、中学校2年生のときには惜しくも初戦敗退とはなりましたが全国大会に出場しています。

その後高校は、“一緒に野球しないか?”と同じ山梨県出身の輿石重弘さんが監督を務める秋田県のノースアジア大明桜から声をかけてもらい、進学しています。

スポンサーリンク

風間球打の経歴は?

小学校3年生からピッチャーとなった風間選手ですが、中学時代にはストレートの最速を135km/h出しています!

中学生の平均速度が110~120km/h(硬球)といわれているので、当時からかなり速かったといえますね。

ノースアジア大明桜高校に進学後は、1年春からベンチ入り。春の東北大会では全4試合中2試合に先発し、準優勝に貢献しました。夏の秋田大会では準優勝を経験。

秋の秋田大会では投手としてだけでなく、風間選手の打力が評価され、4番レフト兼控え投手として活躍し、県大会準優勝に貢献しました。東北大会は悔しくも初戦敗退と結果を残せず。

この悔しさをバネに、2年の夏の秋田県独自大会では2試合に登板し、見事優勝!

また、準々決勝の修英戦ではなんと、150km/hを更新しました!

そのときに風間選手は「ビビったら打たれるので、強い気持ちで抑えようと思った。150キロは狙っていて、MAXを更新できて良かった」とコメントしています。

2年秋の新体制からエースを任されます。

しかし、秋の秋田県大会では初戦敗退。延長13回タイブレークの末2対3サヨナラで敗れたこの試合。

風間選手はリリーフを任され10イニングを1安打12奪三振と好投だったのですが、唯一打たれたヒットがサヨナラヒットという、なんとも悔しい負け方をしてしまったのです。

悔しい思いを忘れず懸命に努力した結果、3年春にはストレート最速153km/hを記録を伸ばし、さらに3年夏には157km/hと、かなり成長しています!

160km/hがでるのではないか?と周囲も楽しみにしていますし、本人も甲子園で出したいと意気込みを語っています。

また、ストレート最速に目がいきがちですが、風間選手はスライダー、カーブ、チェンジアップ、フォークボールの変化球をも使いこなすピッチャーです。

登板しないときにはレフトとして出場し、バッティングでも貢献するという、魅力溢れる選手です。

このような成績を残している風間選手のことをプロ野球界も注目しています。

すでに複数球団が視察し、「高校生ではトップクラス」と評価もでています。ドラフトの上位候補として見ているようですね。

2021ドラフトでは一位指名の可能性も高いと思われます。

スポンサーリンク

風間球打の両親や兄弟などの家族構成は?

風間選手のご家族について調べてみました。

風間選手の父・啓介さんは元・高校球児で塩谷商業のOBということがわかりました。

風間選手は4人兄弟の三男なのですが、大の野球好きの父親の影響で、4人兄弟全員の名前に“球”が入っています!

ちなみにそのお名前がというと

  • 長男 球道(きゅうどう)
  • 次男 球星(きゅうせい)
  • 三男 球打(きゅうた)
  • 四男 球志良(きゅうしろう) 

だそうです!

父啓介さんも塩山商の高校球児。「球星」の名前には、水島新司の漫画「球道くん」になぞらえ「球けがれなく星になれ」との思いが込められている。引用:日刊スポーツ

父親の啓介さんが好きな野球の漫画の「球道くん」から名前を考えたなんて野球への想いが伝わる素敵な名前ですね。

また、風間家には3つの家訓があります。

それは「礼儀」「謙虚」「感謝」この3つです。

野球に関することかと思いましたがそうではなく、人として大事な部分を両親は伝えたいということがわかります。

風間選手は2020年の甲子園がコロナの影響で試合が中止となったこともあり、「(卒業した)3年生の分も戦っている。

投げられることに感謝している」といったコメントや、「真っすぐばかり投げる自分は、変化球を先輩方から学んだ」と謙虚な姿勢を見せたり、マウンドではガッツポーズを見せず試合相手への敬意を払う姿勢などから、この家訓や両親の想いを引き継いでいることがわかりました。

スポンサーリンク

風間球打の出身中学や小学校は?両親(父・母)は?4人兄弟のまとめ

今回は風間球打選手について調べ、以下のことがわかりました。

  • 中学校までは地元の学校に通い、高校から秋田県の高校へ進学
  • 風間選手は4人兄弟の三男。元・高校球児の父親をもつ風間選手の兄弟の名前には、みんな「球」がついている
  • 風間家にある3つの家訓を風間選手は大事にしている

謙虚で礼儀正しく努力家の風間球打選手であることがわかりました!

160キロという記録が更新される日が楽しみですね。

ケガには気を付けて、頑張ってほしいと思います!応援しています!

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました