ポン酢と味ぽんとゆずぽんや昆布ポン酢の違いは?特徴と種類は?

ポン酢と味ぽんとゆずぽんや昆布ポン酢の違いは?特徴と種類は?
この記事は約4分で読めます。

ポン酢と味ぽん、ゆずぽんや昆布ポン酢の違いが分かりますか?

私は先日、ポン酢を切らして調味料コーナーに行きましたがポン酢類だけでも本当に多くの種類があり、どれを買おうかとても悩みました。

なぜなら私は今まで主にポン酢を使ってきたこともあり、いつもの買い物でも無意識にポン酢を選んできましたが他にも味ぽん、ゆずぽん、昆布ポン酢…と試してみたい商品が幾つも見つかったからです。

しかし同時に、これらの商品の大きな違いってなんだろう?と疑問に思いました。

そこで今回は、ポン酢と味ぽんとゆずぽんや昆布ポン酢の特徴や具体的な違いについて紹介していきます。

スポンサーリンク

ポン酢とは?

ポン酢と味ぽんとゆずぽんや昆布ポン酢の違いは?特徴と種類は?

まず始めに、よく店でも見かける「ポン酢」について説明していきます。

ポン酢は使い勝手の良さから多くの家庭で使われているのではないでしょうか?

実際に私の家では常備されている調味料の1つです。

確かに鍋料理やドレッシングなど色々なメニューに使うことができて便利ですよね。

とても万能なポン酢は豊かな風味が特徴であり、お酢にかんきつ果汁を加えたお酢のことを指します。

食欲がなくなる今の時期、酢には食欲増進を手助けしてくれる効果もあるのでいまの時期には特に大助かりですよね!

スポンサーリンク

味ぽんとは?

ポン酢と味ぽんとゆずぽんや昆布ポン酢の違いは?特徴と種類は?

次はポン酢と同じくらい見聞する「味ポン」について紹介します。

こちらも鍋料理、餃子、焼魚など幅広い料理に使うことが出来ますよね。

しかしポン酢との大きな違いは、味ぽんはかんきつ果汁、醸造酢、醤油が1つになった絶妙な風味が特徴の「ポン酢醤油」と言われる調味料であるということです。

また、味ぽんの商品の中には醤油の濃さを好みで調整することができる商品もあるようなので減塩したい方には特におすすめの商品ですよ。

スポンサーリンク

ゆずぽんとは?

ポン酢と味ぽんとゆずぽんや昆布ポン酢の違いは?特徴と種類は?

そして、次は「ゆずぽん」についてです。

ポン酢や味ぽんほど見聞きすることがなく有名ではないかもしれませんが、この商品は名前の通り、ゆず果汁を加えた「味付けポン酢」の1種です。

そのままサラダにかけたり、鍋のつけ汁や冷奴などの料理をゆずの風味と共に味わうことが出来ます。

なんと驚くことに国産のゆずを丸絞りして作られているのが特徴です。

国産ゆずを丸絞りなんて、とても贅沢な商品ですよね。

かんきつ系が好きな方に好まれる商品かもしれませんね。

スポンサーリンク

昆布ポン酢とは?

ポン酢と味ぽんとゆずぽんや昆布ポン酢の違いは?特徴と種類は?

最後に「昆布ポン酢」について紹介します。

こちらの商品も名前から想像できるように昆布だしのうま味入りのポン酢です。

ゆず等のかんきつ果汁も入っているので、かんきつ系の爽やかな香りと酸味を楽しむことができるようです。

また、この昆布ポン酢は昆布だしのうま味によって口当たりが優しくなりツンとしない酸味が特徴です。

酸味が抑えられているので、たくさんかけても美味しく食べることができます。

特に酸味が苦手な人や小さなお子さんにも向いている商品ではないでしょうか。

ポン酢と味ぽんとゆずぽんや昆布ポン酢の違いは?

ポン酢と味ぽんとゆずぽんや昆布ポン酢の違いは?特徴と種類は?

ここまで4種類の商品を比較してきました。

そして、このポン酢、味ぽん、ゆずぽん、昆布ポン酢の4種類の商品の大きな違いはポン酢が”ベース”となっていて、そこから「ポン酢醤油」である味ぽん、「味付けポン酢」であるゆずぽんと昆布ポン酢などの商品が枝分かれのように派生していたことでした。

また「味付けポン酢」には、ゆずぽんと昆布ポン酢以外にも、ごまぽん、だしまろぽん、すりおろしたまねぎぽんなどの幾つかの商品も販売されているようです。

どれも、食欲をそそられるような商品ばかりで試してみたくなりますね!

ポン酢が酸っぱい時に酸味を抑える3つの方法!なぜむせるの?

ポン酢と味ぽんとゆずぽんや昆布ポン酢の違いまとめ

今回は「ポン酢と味ぽんとゆずぽんや昆布ポン酢の違いは?」というタイトルに対し、ポン酢と味ぽんとゆずぽんや昆布ポン酢の特徴や具体的な違いについて調査しました。

その結果、「ポン酢」は酢にかんきつ系の果汁を加えただけのものを指します。

そしてかんきつ果汁、醸造酢、醤油が1つになったものが「味ぽん」、ゆず果汁を加えたポン酢が「ゆずぽん」、昆布だしのうま味が入っているものが「昆布ポン酢」と呼ばれていることが分かりました。

ただ、「ポン酢」は酢にかんきつ系の果汁を加えただけのものですが、そこに醤油が入っているものは「ポン酢醤油」、その他だしなどが含まれているものは「味付けポン酢」と呼ぶのが分かりやすいうえに正しい呼び方のようです。

つまりポン酢が”ベース”となっていて、そこから「ポン酢醤油」である味ぽん、「味付けポン酢」であるゆずぽん、そして昆布ポン酢などの商品が派生していったことも分かりました。

いろいろな種類のものが販売されているポン酢や味ぽんですが、その違いが分かったところで今後は自分に合うものを見つけてみるのも良いかもしれませんね。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました