ぱんちゃん璃奈は高校中退で前職は?経歴やキックボクサーのキッカケは?

ぱんちゃん璃奈は高校中退で前職は?経歴やキックボクサーのキッカケは?
この記事は約6分で読めます。

強さと可愛さを兼ね揃えているぱんちゃん璃奈さん。

ぱんちゃん璃奈さんはRIZINにも出場します。

無敗を誇るぱんちゃん璃奈さんですが、経歴をみると順風満帆ではなかったようです。

高校を中退して引きこもりがちだった過去があるとか。

そこからキックボクサーになるキッカケや前職は何だったかを調べてみました。

ぱんちゃん璃奈さんはどの高校中退して、前職は何だったのか?と経歴をまとめました。

スポンサーリンク

ぱんちゃん璃奈の学歴は高校中退?

ぱんちゃん璃奈さんの学歴は、中学受験をして中高一貫校にかよっていたようです。

関西大学第一中学校と関西大学第一高等学校に通っていたそうです。

関西大学第一中学の偏差値は55~60だそうで賢い方のようです。

関西大学第一高等学校の偏差値は68だそうです。

高校からの編入は大変そうですね。

関西大学第一高等学校の有名人はジャルジャルの後藤淳平さんや福徳秀介さん、ガリガリガリクソンさんなどがいます。

ぱんちゃん璃奈さんは、関西大学第一中学時代には、水泳部に所属していました。

ぱんちゃん璃奈さんは、中学のマラソン大会では3年連続1位という快挙を達成します。

しかも校内記録を3年間更新し続けていたそうです。

そんな足の速いぱんちゃん璃奈さんは、中学3年9月のときに陸上部に誘われました。

中学3年生から部活を変わるなんて、相当熱心に誘われたのかもしれませんね。

その期待に答えるように、ぱんちゃん璃奈さんは陸上部で一生懸命練習に打ち込みました。

毎日20km以上を走るような練習を続けた結果、疲労骨折をおこしてしまいます。

それだけ入れ込んでいた陸上部でしたが、休んでいる間に糸がぷつんと切れたように高校も中退してしまったそうです。

高校中退後は、母親から言われた定時制に通いますが、すぐに中退します。

その後、嫌々ながらも通信制に入ったそうですが、卒業されたのかは分かりません。

大学には行ってなさそうですね。

母親と喧嘩が耐えない日々に嫌気がさしたぱんちゃん璃奈さんは、一人暮らしを始めました。

この頃は居酒屋やカラオケボックスやコールセンターのバイトなどをして生活していました。

しかしバイトでは生活費を稼ぐだけの毎日に嫌気がさして、バイトも辞めてしまいます。

バイトを辞めたあとは、しばらくは家から出ない引きこもりがちな生活を送っていたぱんちゃん璃奈さん。

ある日モデルに誘われて東京へ行きます。

スポンサーリンク

ぱんちゃん璃奈がキックボクサーになるキッカケは?

引きこもりから東京へ出てきたぱんちゃん璃奈さんは、バイトをしながらアクションやキックボクシングも習える「バク転教室」や「アクロバット教室」に通います。

もともとスポーツが好きな、ぱんちゃん璃奈さんは、バク転教室でキックボクシングにハマります。

キックボクシングが面白い、もっとやってみたいと思ったぱんちゃん璃奈さんは、近くにあった「STRUGGLE(ストラッグル)ジム」に通い本格的にキックボクシングを習うことになります。

ムエタイの練習も兼ねて、タイへ修行をしたりします。

そして、念願のデビューになります。

ぱんちゃん璃奈さんは、現役高校生の川島江理沙さんと試合をして勝利します。

スポンサーリンク

ぱんちゃん璃奈の前職はコンパニオン?

ぱんちゃん璃奈さんは、持ち前の負けず嫌いから、キックボクシングの練習とメンテナンスに集中するために、効率の良いバイトのコンパニオンをしていたという前職があります。

コンパニオンは、時給が良いのでコスパが良いようです。

キックボクシングをする時間とお金を効率よく稼ぐためにコンパニオンをしていたようですね。

モデルの仕事よりも、キックボクシングを選んだようです。

今は、キックボクシングが主ですが、モデルのお仕事もされていて両方頑張っているようですね。

スポンサーリンク

ぱんちゃん璃奈の学歴と前職と経歴のまとめ

最後に、ぱんちゃん璃奈さんが高校中退してその後のキックボクシングとの出会いや前職などをまとめました。

関西大学第一中学校・関西大学第一高校に通っていました。

水泳部から中学3年生で陸上部に変更しました。

陸上部ではハードな練習に疲労骨折を起こし、ドクターストップになります。

ドクターストップの間に高校を中退します。

大阪から東京へ上京しキックボクシングの楽しさを知ります。

前職はコンパニオンをしていた時がありました。

現在、キックボクシングで連勝して、RIZINに出演予定の華やかな「ぱんちゃん璃奈さん」ですが、これまでに紆余曲折あったようですね。

しかし、これからは、もっと注目される選手になると思います。

これからも応援していきたいと思います。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました