あと1センチの恋の結末!お父さんやルビーが優しくて泣ける!

「あと1センチの恋」は幼なじみの若い男女を中心に展開する恋愛映画です。

恋の結末にいたるまでは、タイトル通りに、あと1センチの距離をなかなか埋められない二人。

二人の12年間のストーリーは紆余曲折で、そんなに簡単なものではありませんでした。

何度すれ違っても諦められない恋が切なく美しく描かれています。

ここでストーリーの展開のキーマンとなるのは意外にも主人公ロージーのお父さんです。

娘が希望を持ったときも、絶望を感じたときも、いつも見守ってくれるのです。

そしてもう一人、親友のルビーもまたロージーの運命を動かします。

ロージーの周りはいい人ばかりで、お父さんやルビーが優しくて泣けてきます。

さて、二人の恋の結末はいかに?

ここからネタバレも含まれます。

スポンサーリンク

幾度とすれ違う二人

出典:シネマトゥデイ

イギリスの田舎町に住む幼馴染のロージーとアレックス。

二人の性別は違えども、どんな時も一緒でなんでも話し合える大親友。

よく自分が物になる不思議な夢を見ていたアレックスはいつもロージーにそのことを話します。

アレックスにとってくだらない話を笑顔で受け止めてくれるロージーは、唯一無二の存在でした。

二人は互いに惹かれ合っているけれど、気持ちを伝えることはありませんでした。

高校生になるとアレックスは、ロージーにそれぞれの夢を叶えるために大学進学を提案します。

アレックスは医者、ロージーはホテル経営者になるという夢です。

二人は夢に向かって努力をします。

二人の運命を変えるきっかけとなったこの日。

ロージーは18歳の誕生日にクラブで踊っていました。

すると飲み過ぎてしまい酔ってアレックスにキスをしてしまうのです。

ロージーはキスの記憶がない。

アレックスはロージーがその話に触れることはなかったので、ロージーを諦める決意をします。

二人は何ごともなかったかのように日常を過ごしていました。

そんな時、童貞であることを悩むアレックスは同級生のベサニーと体の関係を持つことに。

ロージーの嫉妬から歯車が狂いだす

話を聞いたロージーは嫉妬し、クラスメイトのグレッグと一夜を共にしてしまうのです。

二人は初体験、避妊に失敗しロージーは妊娠してしまいました。

間もなくしてアレックスはロージーに大学合格を報告します。

このときすでにロージーも大学に合格していました。

しかし、妊娠したロージーは進学を諦めることにします。

ロージーはアレックスに妊娠のことを言い出せずにいました。

将来も恋愛も友情も順風満帆なアレックスはロージーの異変に気づきません。

そのままアレックスは一人ボストンへ出発、二人は離れ離れになってしまいました。

夢のために大学進学をするアレックス、夢を諦め地元に残るロージー。

二人は違う人生を歩み始めます。

ロージーは子供を出産し里子に出す予定でした。

ところが我が子をみたロージーは、娘をケイティと名付け自分の手で育てることにします。

あるとき、ロージーは町で同級生のベサニーに遭遇してしまいます。

子供を見られて焦ったロージーは、ベビーシッターの仕事であることを伝えます。

しかし話はアレックスに伝わりロージーの元を訪れます。

アレックスは父親代わりをさせて欲しいと告げ、二人の交流は続いていきます。

それでもボストンに戻ったアレックスは、大学の同級生サリーと交際を始めてしまうのです。

父親代わりを申し出ても、ロージーとアレックスの関係は進展することなく、長い年月が過ぎていきました。

二人は再び出会うが

ケイティが小学生になった頃、ロージーはホテルの清掃員として働き始めました。

一方アレックスとサリーは価値観の違いから溝ができ始めます。

アレックスのくだらない夢の話に苛立つサリー。

こんなときロージーならばと思ったアレックスは、ロージーに連絡をします。

ボストンへ招待されたロージーは期待を胸に出発します。

二人は会うなり和やかな時間を過ごしいい雰囲気に。

ロージーはアレックスにキスをしようとしますが、なぜかアレックスはためらいます。

そしてアレックスの自宅へ行ったロージーはサリーと出会います。

全員で食事をしていたとき、ロージーはサリーの妊娠を聞かされます。

彼女が妊娠しているのに期待を持たせたアレックスにロージーは激怒します。

そのまま二人は言い合いになり友情崩壊の危機に陥ります。

その後、ケイティの父親であるグレッグと再会したロージーはアプローチを受けました。

自分を愛してくれる人と一緒になりたいと思ったロージーは、グレッグと交際し結婚をします。

一方で、アレックスはサリーと破局をしてしまいます。

理由はサリーが妊娠していたのは別の男性との子供だったからです。

二人の恋の結末!失った時間を取り戻す?

葬式に現れたアレックス。

悲しむロージーの前で、葬式にも関わらず夫のグレッグは酒に酔いロージーを困らせます。

その様子を見たアレックスは、ロージーに自分が幸せにするという内容の手紙を送りました。

しかし、グレッグが手紙を隠してしまいます。

その後グレッグは浮気をし、ロージーとグレッグは別れました。

部屋の片づけをしていると、ロージーはアレックスからの手紙を見つけます。

すぐにアレックスへ連絡しますが、連絡を返してきたのはベサニーでした。

なぜベサニーが?と頭をよぎるロージー。

以前彼女は勤務先のホテルで、ベサニーと再会していました。

ロージーはアレックスと連絡をとってみたらと助言をしていたのです。

ロージーは自らお膳立てをしてしまったことに後悔しました。

さらにアレックスとベサニーは婚約していたのです。

披露宴のスピーチまで頼まれてしまったロージーは、気持ちを抑え出席します。

パーティー中、走って逃げていくケイティ。

そこへ心配したロージーとアレックスがかけ寄ります。

理由をたずねてみると親友のトビーにキスをされたと話すケイティ。

親友にキスをされたことに戸惑ったケイティは、二人にアドバイスを求めます。

するとアレックスは自らの体験を、まるでロージーに伝えるかのように話し始めます。

そこでロージーは、アレックスが友情を壊さないために、気持ちを隠してきたことを知ります。

そして18歳の時、酔って自らアレックスにキスをしてしまったことも。

その後、ロージーは父が残した遺産でホテルを開業しました。

そこに2番目の客として現れたのはアレックスでした。

戸惑いながらも喜ぶロージー。

アレックスはベサニーと別れ、ロージーに自分の素直な気持ちを伝えます。

長い時間をかけ、一緒になるべくして結ばれたロージーとアレックス。

二人は海の見える部屋で、二度目のキスをして気持ちを確かめ合いました。

お父さんが優しくて泣ける

ロージーの両親が地中海に旅行に出かけました。

楽しんでいるはずのお母さんからの電話はお父さんが亡くなったという知らせでした。

お父さんはロージーの夢をずっと応援していました。

高校生の頃、ホテルの経営者になりたいとお父さんに告げたロージー。

お母さんは反対しました。

その一方でお父さんは、「人生はよくばらないほうがもったいない」とアドバイスしロージーの背中を押してくれました。

ロージーが子供の夜泣きに悩まされている時も「甘ったれるな」と厳しい声かけをします。

さらに「お前もぐずって大変だった」と続けます。

お父さんの言葉はロージーを励ますとともに親としての愛情すら感じてしまいます。

過剰な干渉はせず、しかし見放すこともなくロージーを見守り続けるお父さん。

必要な時に諭してくれる素敵なお父さんでした。

亡くなった後も、お父さんはロージーの背中を押し続けます。

ある日お父さんからの手紙が届きます。

その手紙は生前旅行先から書いたものでした。

内容は、今、妻と地中海の沿岸を歩けていることが幸せだということでした。

そして諦めずにやりたいことをやりなさいという応援メッセージが記されていました。

娘思いのお父さん、優しくて泣けてきます。

親友のルビーにいつも助けられる

ルビーはロージーの親友です。

高校生の頃、グレッグと初体験後に吐き気がするようになったロージーは薬局へ行きます。

するとそこには喫煙を条件に店番をしていたルビーがいました。

ロージーに問診し生理が来ていないと知ったルビーは、妊娠検査薬を勧めます。

ロージーはルビーに言われた通りその場で検査をすることに。

妊娠が発覚した後も動揺するロージーを励まし、二人は仲良くなっていきます。

ルビーは派手な髪色、派手なファッションをしています。

性格も見た目同様、とても大胆でサッパリした性格です。

ストーリーの中でもそんなルビーのキャラが引き立っています。

そしてロージーはいつもルビーの言葉に助けられていました。

一歩踏み出せないでいるとき、選択に迷っているときも。

実際にロージーは妊娠中に将来に諦めと絶望を感じていました。

そんな時ルビーは「子どもを欲しがっている人に養子に出せばいい」と提案します。

結局ケイティを自分で育てることにしたものの、当時のロージーに新たな道を教えてくれました。

また、アレックスとベサニーの披露宴に出席するよう促したのもルビーでした。

ホテル清掃員としてともに働き、ロージーがホテルをオープンさせた時もともに働き続けます。

ルビーのような友人を持ったロージーはとても幸せ者です。

あと1センチの恋の感想!

いわばベタな恋愛映画ですが、心が締め付けられました。

回想シーンを上手く取り入れながら、二人の成長や月日の流れを表現しています。

ロージーとアレックスは、お互いの気持ちを確かめ合うことをせず、すれ違いばかりでした。

しかし、アレックスの結婚式でケイティが親友にキスをされたと泣いてしまいます。

ケイティにアドバイスをしたアレックスの言葉は、ロージーへのメッセージでもありました。

そこでようやく過去のすれ違いに気づいた二人。

そのきっかけが娘であったことがよりストーリーに深みが増しています。

二人がすれ違いながらも共に過ごした時間は、思い出深くもとても切ないものです。

私には子供がいませんし、ロージーとアレックスのような恋愛の経験はありません。

しかし、何度も恋をし何度も傷つく二人の姿は、人間の不器用な部分でもあり共感できるポイントでした。

また、諦めきれない姿は、恋愛だけでなく他のものに置き換えて観ることができると思います。

ロージーのお父さんの死を通して、後悔することなく生きていきたいと改めて気づかされる内容でした。

本当に大切なものは逃さないように、常に正直でいたいと思う、心あたたまるストーリーです。

ストーリーの他に私が好きなポイントは劇中歌です。

他で聴いたことがある名曲、ちょっと切なくなる選曲がたまりませんでした。

U-NEXTでは、31日間無料で映画やドラマが見られます。(一部有料)
最新の情報は公式サイトでチェックしてくださいね。
>>>あと1センチの恋

※2021年8月31日 23:59まで配信予定(PG12)

アマゾンプライムはこちら⇩

※最新の情報は公式サイトでチェック!

タイトルとURLをコピーしました