映画TAG(タグ)は実話?キャスト&監督は?全力で遊ぶ大人に感動が!

この記事は約9分で読めます。

毎年、五月の一か月の間、本気で鬼ごっこをして遊ぶおじさん5人の姿を描いた映画『TAG』は、2018年のアメリカ合衆国で公開されました。

日本国内での劇場公開はなかったのですが、2020年現在ではいくつかの配信サイトで見ることができます。

子どものころから始めた鬼ごっこを30年間、一か月だけ本気で遊びつくす。

そんなおバカなただのコメディ映画かと思いきや、実はこの映画には原作があり、実話を基に描かれています。

ちなみに、映画のタイトル「TAG」とは、英語で「鬼ごっこ」の意味だそうです。

なぜ、大の大人が本気で鬼ごっこをしているのか。

そのほか、詳しい実話の内容と映画の違いや気になるキャストのことなどをお伝えしていきます。

スポンサーリンク

映画「TAG」の監督と主なキャスト


出典:ワーナーブラザース公式チャンネル

監督は、この映画で長編映画デビューとなったジェフ・トムシック監督。

デビュー作は2011年のサンダンス映画祭にて公開された短編映画 『私は両親を殺すのに苦労している』

アメリカの映画プロデューサー、作家、監督さんです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Get in the game and donate here: www.crowdrise.org/tagthemovie to win a trip to the premiere of @tagthemovie in LA! Link in bio

Jeff Tomsic(@mrtomsic)がシェアした投稿 –

出演は、鬼ごっこに魂を燃やすホーガン・マロイ(ホーギー)役に、エド・ヘルムズ

2002年から俳優、コメディアンとして活躍し、出演作「ハングオーバー!」シリーズにて大ブレイク。

唯一、鬼になったことがない完璧な男、ジェリー・プライス役をジェレミー・レナー

「ハート・ロッカー」や「アベンジャーズ」シリーズなど、日本でも大人気の俳優さんです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

New music available now. Go get it where you get your music… 📹 by the brilliant @randallslavin.

Jeremy Renner(@jeremyrenner)がシェアした投稿 –

大企業のCEO、ボブ・キャラハン役にジョン・ハム

「アリー・myラブ」で俳優デビュー。映画は「地球が静止する日」「エンジェル ウォーズ」など多数出演しています。

(ご本人公式のSNSは見つかりませんでした)

チリこと、チリアーノ役のブライアン・デネヒー

映画『ランボー』にて、シルヴェスター・スタローンを追う保安官役で有名になり、名バイプレイヤーとして数えきれないほどの映画・ドラマに出演されています。

2020年4月15日に、残念ながら亡くなりました。(参考:Wikipedia)

妻の浮気を心配するケビン・セーブル役のハンニバル・バーエス

アメリカのコメディアン、俳優、作家、プロデューサーとして活躍されています。

(公式 youtube   https://www.youtube.com/channel/UCi-ZwTCdxP2YXQ-8fvFkRKw )

映画TAGの原作・実話は?  映画との違いは?

映画TAGの原作は、2013年のウォール・ストリート・ジャーナルに掲載された「It Takes Planning, Caution to Avoid Being It」という記事を主体にしています。

高校生の時に始めた鬼ごっこを毎年、20年以上続けている鬼ごっこグループに興味を持った記者が取材して発表。

すぐに映画化への話が進んだそうです。

実話での鬼ごっこは毎年2月に行われていました。

なぜか新車のトランクから鬼が飛び出したり、リラックスしている夜中に鬼が狙ってきたりと、家族や会社の同僚たちもまきこんで大勢の仲間と遊んでいるそうです。

もちろん、映画の鬼ごっこもかなりハード。

奥さんの出産の最中や父親のお葬式、そして友人の結婚式だとしても関係なく鬼ごっこは続きます。

しかし、実話と映画ではいくつか変更している部分もありました。

実話は毎年2月でしたが、映画では5月へ変わっていました。

設定も、実話は高校の同級生でしたが、映画では小学生の頃からの幼なじみという関係になっています。

鬼ごっこに正しく命をかける男【ホーギー】

ホーガン・マロイは博士号を持っている獣医師です。

みんなからは、ホーギーと呼ばれています。

一年でかなり痩せたホーギーは、鬼ごっこ仲間のボブがCEOを勤めている会社の清掃員として潜入。

無事ボブにタッチして、鬼を交代することに成功します。

そしてホーギーは、30年間、一度も鬼になったことがないジェリーを、今年こそ鬼にしようと誓い、奮闘していきます。

仲間たちと共に、ジェリーを鬼にするために知恵を絞るホーギー。

彼がここまで鬼ごっこに力を入れる理由とは……

妻のアンナは、鬼ごっこ仲間と同じく幼なじみ。

かなり過激なアンナにホーギーはもちろん、みんなも振り回されていきます。

30年間、鬼に一度もなったことがない男【ジェリー】

ジェリー・プライスは持ち前の頭脳と運動神経の良さで、延々と鬼から逃げ切ってきました。

そんな彼が今年、結婚式をあげることに。

もちろん、ホーギーたち鬼ごっこメンバーは黙っていません。

ジェリーの結婚式の前にタッチすればいいと、うその情報で呼び出したり、ジェリーの家に押しかけたり、情報を聞き出して禁酒会を狙ったりと。

あの手この手でジェリーを狙いますが、ジェリーは全て逃げ切ります。

その上、婚約者・スーザンはオメデタだとウソをついて、鬼ごっこのメンバーを結婚式に呼ばない作戦に。

しかし、それもすぐに見破ったホーギーたちは、スーザンのオメデタもウソだと知って大激怒。

結婚式の誓いのキス終わりに、ホーギーが飛び出します。もちろん、ジェリーとスーザンは華麗にかわしますが……

仕事はできるが少し傲慢【ボブ】

会社のCEOとして活躍するボブは、ホーギーによって、今年最初の鬼ごっこで鬼になります。

仕事そっちのけで、全力で鬼ごっこをはじめることに。

そんなおじさん二人のやりとりを、ボブの取材中だった美人記者のレベッカは見ていました。そして、これは面白そうだと鬼ごっこに同行します。

ボブたちが今年狙うのは、ジェリーを鬼にすること。

しかし、故郷に戻ったボブは初恋の女性、シェリルと再会。

鬼ごっこそっちのけでシェリルに惑わされて振り回されますが、ホーギーに諭されて鬼ごっこに集中。

みんなと一緒にジェリーを狙います。

妻と離婚しやる気なし【チリ】

チリは父親と一緒に大麻をしていました。妻と別れた後、なにもやる気がおきません。

そんなチリのもとに、ホーギーの妻、アンナが訪れます。アンナは鬼ごっこの参加者ではありませんが、一定のルールは知っています。

そして、今年も5月だと知ったチリは逃走。マンション内で鬼ごっこがはじまりますが、結局、最後はホーギーが鬼となって一時中断。

ジェリーを狙うために協定を結びます。

しかし。実は、チリの初恋の女性もボブと同じく、シェリルでした。

ボブとチリはシェリルに夢中になりますが、ホーギーによって初心に戻り、鬼ごっこを再開します。

妻の浮気を疑っている【ケビン・セーブル】

ケビンは奥さんの浮気を心配し、精神的に参っていました。

精神科医に訴える様子を見守っていたホーギーたちも不憫でなりません。

しかし、今は5月。鬼ごっこをする時です。

いつもボソボソとしか話さないケビンですが、ジェリーを狙うためにみんなと走りまわっているうちに、次第に元気になっていきます。

ラストは泣いて、笑って

ラストは、ジェリーとスーザンの結婚式。

誓いのキスのあとに、ホーギーが飛び掛かります。

念願のジェリーへのタッチができた……というのはホーギーの願望でした。

牧師に激突し、意識を失ったホーギー。

実はホーギーは肝臓に腫瘍があり、余命三か月とのこと。

来年の鬼ごっこに参加できないと告げ、この鬼ごっこの仲間たちが好きだと伝えます。

日時は、5月31日の深夜23時55分。

あと5分で今年の鬼ごっこは終わります。

ホーギーはジェリーにタッチを迫り、ジェリーは悩んだ末に、タッチされました。

とうとう、無敗のジェリーが鬼になったのです。病室は大歓声で埋まります。

しかし。まだあと数分残っています。

ジェリーはすぐさまケビンにタッチして鬼を交代。深夜の病院中で鬼ごっこが再開します。

女性陣も鬼ごっこに参加できることにし、ホーギーも点滴を打ちながら起き上がって意気揚々と参加することに。

ここで映画は終わりました。

毎年、鬼ごっこを本気で遊ぶことによって、彼らは年に一度は必ず会うこととなります。

それぞれの人生。

いいことばかりではないかもしれませんが、それでも少年の頃と変わらない友情を感じられることは、かけがえのないものを持っている。

彼らの本気と笑顔が伝えてくれます。

私自身、久々に友達に連絡して、他愛ない話をしようと思いました。

タイトルとURLをコピーしました