林間学校のリュックとボストンどっちがいい?その選び方は?

お子さんが林間学校に行く親御さん、荷造りに悩まれていませんか?

カバンは、リュックが良いのか、ボストンが良いのか、また大きさも悩みますよね。

私自身が小学生の時、林間学校に行きましたが、当時も親は私の荷物のことでこんなに頭を抱えていたのかな?

と思うほど、私は自分が親になった今、荷物のこと、そもそもどんなカバンがいいのか悩みました。

きっと同じようにお悩みの親御さんが多くいると思うので、少しでも参考にしてもらえたらうれしいです。

調べてわかったこと、私体験談も混ぜて書いていこうと思います。

スポンサーリンク

【リュックとボストンそれぞれのメリット・デメリット】

まずは、リュックのメリットとデメリットを紹介します。

~リュック編・メリット~

  • 両手が空く
  • 均等に力がかかるから楽

この2つです。

確かに、リュックでしたら背負ってしまうので両手が空きますし、片掛けですと重心がそちらにかかるので辛いという声もあります。

~リュック編・デメリット~

  • 今後使う頻度が少ない
  • 小さいリュックをサブとして持つ場合、前にも後ろにもリュックとなってしまう

デメリットも2つです。

リュックタイプは、例えば今後修学旅行などに使うことはないかもしれません。
ですから、今回の林間学校のみの使用となる可能性もあります。

また、小さめ(遠足などに使う)のリュックも用意するように学校から指示されている場合、リュックを2つ持参することになるので、前と後ろにリュックを背負うことになります。

このように、リュックにはメリットとデメリットがあります。

もし今後も使う予定があるようでしたら、デメリットは1つになりますね。

また、サブに小さいリュックを持っていかない場合でしたら、背中に1つ大きいリュックを背負うことになるだけなので、デメリットはなくなりますね。

学校から、どのような指示をされているか、また今後の修学旅行などのカバンによりデメリットはなくなるかもしれませんし、やはりデメリットになるかもしれませんね。

続いてボストンのメリットとデメリットを紹介します。

~ボストン編・メリット~

  • 今後も長く使える

メリットは、なんと言っても「長く使える」ことです。

今後、修学旅行や、中学でも旅行はあると思いますがボストンでしたらその先も使えますよね。
我が家は、家族で兼用にしています。

子供も大人も使えるデザインを購入し、家族旅行の時にも使っています。

ただ、我が家の場合は学校からボストンという指定があったので、そうしましたが、もしリュックでもどちらでも良いと言われたら迷いましたね。

~ボストン編・デメリット~

  • 片掛けになるので、重心が片方にかかり辛い
  • 背負えないので、持ち歩きが大変

この2つですね。

片掛けにしても、子供は片掛けで重い物は慣れていないと思うので、大変だと思います。

学校からバスで行くとしても、学校まで持ち運び、バスに積み込み、現地に着いてから自分の泊まる部屋まで自分で運ぶことになると思うので、短い距離かもしれませんが、子供にとっては大変だと思います。

【林間学校に持っていくもの】

ところで、林間学校には、どのようなものを持っていくのでしょうか?

一般的に持っていくものを紹介します。

  • 水筒
  • エチケット袋
  • ビニール袋
  • 筆記用具
  • タオル
  • 雨具
  • ハンカチ
  • ティッシュ
  • 着替え
  • 下着
  • 靴下
  • 洗面用具
  • 常備薬
  • 軍手
  • 保険証のコピー
  • 現金
  • 腕時計
  • お弁当
  • お手拭き
  • 帽子
  • パジャマ

これらが一般的かなと思います。

タオルは、汗ふきタオル・洗顔用・お風呂用と大小必要ですね。

雨具は、カッパが良いと思います。

もし学校から折り畳み傘と指定されたら、傘を用意してくださいね。

ハンカチ、ティッシュについては、普段から使っていると思うので、それを持参してください。

着替えは、宿泊する日数分の持参になると思います。

我が家の経験ですが、日中の活動の後に(汗をかくので)楽な服に着替えて夕飯や夕方の活動をするということで、宿泊する日数×2で着替えは用意しました。

靴下も宿泊する日数分で良いと思います。

特別汚れる行動がある場合は、予備を持参すると良いかもしれませんね。

洗面用具は、歯磨きセットくらいでしょうか。

シャンプーなどは宿のものを使うのか、持参するのか学校からの説明に従ってください。

常備薬について、普段使っている薬がある場合は持参した方が良いです。

慣れない環境で体調を崩すことがあるかもしれないので、持参しておくと安心です。

場合により学校にお伝えする必要があるかもしれないので、事前に確認しておくと良いですね。

これも我が家の体験ですが、常備薬を持参する場合、なんという薬を持参するのか学校に事前に伝えました。

保健の先生や看護師さんが林間学校に付き添うので、伝えておくと必要な時に対応してくれるようです。

軍手は、必要でしたら学校から説明があると思います。
持ち物として言われていなければ不要だと思います。

保険証のコピーについて、当日に子供に持たせるのか事前に学校に預けておくのか、学校によりやり方は異なると思います。

現地や往復の途中でケガや体調不良等で医療機関にかかることがあった時に必要です。
昔はコピーで診察してくれた医療機関も、今は、コピーでは診療しない場合があるという説明がありました。

現物を持参することもあるかもしれないので、その点もしっかり説明会で聞いてください。
大切なポイントだと思います。

学校と現地の医療機関でどのような話をしてあるのか、コピーを持参するのか現物を持参するのか、重要です。

現金については、お土産等を買うことが予定に入っているのか、なければ不要だと思います。
これも我が家の話になりますが、林間学校はお小遣い不要で修学旅行はお小遣い持参でお土産を購入できるようです。

学校により異なると思います。
説明をしっかり聞いてください。

腕時計について、これは全員が持参するのか、現地でのグループ(班)で代表が持つのか、全く不要なこともあると思います。

お弁当も持参する場合と現地で用意してもらえる場合とあります。

もし持参する場合は、荷物にならないように食べ終わったらコンパクトになる容器にすると良いと思います。

お手拭きも、使い捨てのものが良いかもしれませんね。

帽子は、学校の体育で使っているものをかぶる学校もあると思いますし、各自用意する場合もあると思います。

我が家の場合は、夏でかなり暑い地域に行ったので、メッシュなど風通しがよくて、つばが大きめのものを理想と説明がありました。

パジャマは、半袖が長袖が指定があるようでしたら、それに従って用意してください。

その他、学校で指示されたものを用意してくださいね。

【泊数の大きさの目安】

ところで、宿泊数により荷物の量は変化しますし、カバンの大きさも変わりますよね。
そこで目安を紹介します。

  • 1泊2日→30リットル前後
  • 2泊3日→40リットル前後
  • 3泊4日→50リットル前後
  • 4泊5日→60リットル前後
  • 5泊6日→70リットル前後
  • 6泊7日→80リットル前後

これが目安です。

カバンにリットルが表示されていない場合があるので、その場合リットルに換算の方法は「縦×横×奥行の3返(cm)を掛けて、それを1000で割る」という方法でリットルに換算できます。
目安にしてみてください。

まとめ

林間学校に持っていくカバンはリュックが良いのか、ボストンが良いのか、学校から指示がない場合、迷いますよね。
それぞれメリットとデメリットがありますが、荷造りの段階から無理なく楽しく林間学校に行ける良いに準備できると良いですね。

タイトルとURLをコピーしました