『映画チョコレートドーナツ』はどこまで実話?涙なみだの結末と感想!

映画『チョコレートドーナツ』は、2012年のアメリカで公開されました。

原題は『Any Day Now』意訳すると「いつの日か」という意味になります。

映画チョコレートドーナツの内容は、ゲイのカップルがダウン症の少年と出会い、彼を引き取って一緒に暮らしていく中で愛と幸せの時間を得るが……。

脚本はどこまでが実話なのか。

また、悲しく、切ない結末を紹介していきます。

スポンサーリンク

チョコレートドーナツの脚本・監督とキャスト

映画『チョコレートドーナツ』予告編

出典:シネマトゥデイ

脚本 ジョージ・アーサー・ブルーム

ジョージが20年以上前に書いた脚本を、ジョージの息子が監督のトラヴィスに紹介したことにより、映画化の話が一気に進みます。

監督・脚本 トラヴィス・ファイン

ジョージのシナリオを読んだトラヴィスは号泣し、監督と、脚本のアレンジを手掛けることとなります。

マルコ・ディレオン役のアイザック・レイヴァ

麻薬中毒の母に捨てられたダウン症のマルコ・ディレオン。

この役を務めたアイザック自身もダウン症。

アイザックは俳優になることを夢見て、障がいのある大人のための演劇学校へ入学。

この映画のオーディションを受けて、見事、夢を実現させました。

お二人のインタビューです。

日本のみなさまへ アイザック&監督からのメッセージ(映画「チョコレートドーナツ」)

ルディ・ドナテロ役のアラン・カミング

歌手になることを夢みながらショーパブで働くルディ。

アラン・カミングは、スコットランド出身の俳優。

舞台『キャバレー』でトニー賞を受賞しました。

実は、彼自身バイセクシュアルと語っていて、2007年に男性と同性婚を挙げています。

ポール・フラガー役のギャレット・ディラハント

ゲイを隠しながらも正義を信じる弁護士のポール。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Happy…I wanna saaaay…Thursday?

Garret Dillahunt(@garretdillahunt)がシェアした投稿 –

ギャレット・ディラハントは、アメリカの俳優。

テレビ版『ターミネーター:サラ・コナー クロニクルズ』にて、無表情のターミネーター役が好評です。

他にもたくさん出演されています。

ここからは、ネタバレが始まります。

チョコレートドーナツのネタバレ!幸せな時間は・・。

映画の舞台は1970年代のアメリカ・カリフォルニア。

ショーダンサーのルディと、弁護士のポールはショーパブで知り合い、惹かれ合います。

そこにルディの隣人の麻薬中毒者の母に捨てられたダウン症のマルコを引き取って、3人で一緒に暮らすことに。

3人は、血はつながらなくても、家族のように愛のある、とても幸せな時間を過ごします。

しかし、ゲイのカップルには子供を育てることは出来ないという偏見から、ルディとポールは、マルコと一緒にいられなくなりました。

そこで2人はマルコの養育者として認められるよう、裁判で訴えますが……。

マルコと一緒に暮らすための裁判で負けてしまったルディとポール。

マルコは再び、母親と暮らすことになってしまいます。

しかし、この母親はまた同じことを繰り返します。

男と遊んでいる間、マルコを家から追い出していました。

悲しくて、ただ辛い結末

マルコはルディとポールの家へ帰ろうと夜の中を歩き始めます。

そのまま行方不明になってしまい、三日後、橋の下で独り亡くなっているのが発見されました。

マルコの死は小さいながらも記事になりました。

ポールは、あの裁判に関わった元上司や裁判官に記事を同封した手紙を出します。

手紙には、マルコのことを書かれていました。

マルコの心やさしいところ。チョコレートドーナツが大好きで、ディスコダンスを踊るのが得意で、ハッピーエンドのお話が大好きなところ。

各々がポールの手紙を読む姿と、シンガーとして認められ、ステージに立ったルディがしみと怒り全てを魂に込めて歌う姿。

そして、夜の街を歩き続けるマルコの姿を最後に映画は幕を閉じました。

 

映画チョコレートドーナツはどこまでが実話?

この映画の脚本のうち、実話の部分は「麻薬中毒の母親に捨てられた障がいを持つ子どもを、ゲイの男性が引き取って育てていた」 というところだけなんだそうです。

モデルとなった男性が住んでいた街も、実際の場所はニューヨークのブルックリンでした。

また、他の部分も、大きく脚色しています。

ジョージのシナリオでは、ポールの役はほとんど出ず、最後は戻ってきた麻薬中毒者の母と食卓を囲んでハッピーエンドを迎えていました。

けれど、脚本を読んだ監督の知人から「ここまで正義が貫かれていない様を描いていたのに、最後だけハッピーエンドになるのはおかしい」と言われ、一番苦しい終わり方へと変更します。

つまり、ルディとマルコのモデルになった実在の人物はいましたが、ポールとカップルになることや、マルコのことを法廷で争うこと。

最後の結末については完全に映画オリジナルの話となります。

実話をベースにした映画ということなんですね。

映画チョコレートドーナツの感想とまとめ

チョコレートドーナツは、見た人の胸を強く見せつける映画となっています。

ゲイの方や障がいを持つ子どもたち。

マイノリティ側の生きていく厳しさを描きながらも、”家族”や”愛”というテーマも描いている映画チョコレートドーナツ。

愛する者のために偏見と戦うルディとポールの姿と、偏見で凝り固まった考え方を持つものへの怒りや悔しさ。

戦いの果てに永遠に失ってしまう家族への深い哀しみ。

見終わったあともずっと、ずっと考えさせられる映画だと思います。

そして、この映画を題材とした舞台が上演される予定となっており、話題となっています。

主演のルディ役を東山紀之さん。ポール役を谷原章介さんが演じられます。

演出は世界の宮本亜門さんです。

2020年12月東京から始まり、長野、宮城、大阪、愛知で公演予定です。

こちらの舞台も伝説になること間違いなしですね。

舞台のチケットは、チケットぴあで発売しています。

U-NEXTは31日間見放題作品が無料で見られます。
>>>映画チョコレートドーナツを見る!

アマゾンプライムは30日間無料で見られます⇩
チョコレートドーナツ(吹替版)

タイトルとURLをコピーしました