十六団子の日と由来は?読み方と作り方をご紹介します!

十六団子をご存じでしょうか?
実は、私は知りませんでした。

十六団子?
お団子?
食べられるの?
お月見団子みたいなもの?

と、疑問ばかりが頭に浮かびました。

そこで、十六団子の日と由来、読み方や作り方などを調べてまとめました。
読んでもらえたら嬉しいです。

【十六団子の日の読み方と由来は?】

まず読み方、そして由来などを紹介していこうと思います。

「十六団子」=「じゅうろくだんご」と読みます。
昔は「じゅうろうだんご」と読まれていたようです。
どちらの読み方でも良いそうです。

~由来~

十六団子とは、毎年3月16日に行われる伝統行事の1つです。

米粉や上新粉に砂糖を加えて小さな団子を16個作り御供えする日です。

話を続けますね。

日本では昔から米作が盛んに行われてきました。

豊作を祈願して色々な行事が催されてきましたが、十六団子も、その1つです。

神去来(かみきょらい)という伝承が日本にはあり、昔から山には神秘的なものを感じていた日本人は信仰の対象としてきました。

農民たちは、山の神様を自分たちの村へお迎えして、米作豊穣祈願をしようと考え、春に山の神様を農事の神様、田んぼの神様としてお迎えしてきました。

収穫が終わる秋になると山の神様を山へお見送りするようになりました。

春に山から村や里へ下りてくることを「さおり」と呼び、神様をお迎えする女の人のことを「早乙女」と呼んでいました。

神去来によると毎年山の神様が山と田んぼを往来する日は、3月16日と11月16日(地域により異なり、10月16日の場合もある)としており、この日に団子を16個作って御供えするのが伝統として現在にも伝わっているのです。

3月16日は、山の神様をお迎えする大切な日なので、日本各地で「神迎の儀式」が執り行われています。

【どうして16個なのか?】

十六団子は、なぜ16個用意するのでしょうか。

室町時代に「嘉定喰い(かじょうぐい)」という風習があり、これは陰暦の6月16日に16個のお餅を食べて、無病息災を祈願するものとして江戸時代頃には16文で購入できるお菓子を買って笑わずに食べきると病気にならないという風習へと変化していきました。

現在は6月16日を和菓子の日と制定し、お下がりを善哉へ入れて無病息災を祈願しています。

しかし十六団子のお団子は山の神様をお迎えする時の御供えものです。

お団子の理由は、山の神様を村や里にお迎えするための合図として杵で臼を叩き音を鳴らして山の神様に知らせるためと言われています。

杵と臼を使ってお餅をついて、お迎えする日にちなみ、16個のお団子をこさえて御供えしてきたこしとから「十六団子の日」と呼ぶようになったそうです。

今は、杵と臼が自宅にあるという家はほとんどありません。

ですから、米粉や上新粉、片栗粉などでお団子を16個作り、行事食として食べるのが、現代のスタイルのようです。

【地域は?】

ところで十六団子を作り地域はどこなのでしょうか?

十六団子の行事は、東北地方や北陸地方で行われています。
米作り、稲作の豊作を祈願する行事なので、米作りの盛んな地域で行われているのですね。

【作り方は?】

では十六団子の作り方を紹介します。

~用意するもの~

  • 上新粉200グラム
  • 熱湯150CCから200CC
  • 砂糖

 

 

~生地の作り方~

ボウルに上新粉を入れます。
好みで砂糖を加えても良いです。
熱湯を注いで、箸でかき混ぜてください。

手で触れるくらいの温度になるのを待って、熱が引いてきたら手でよくこねましょう。
粘り気が出てくるまでこねてください。

~団子を作ります~

生地が出来上がったら、16等分に切り簡単に丸めます。

蒸し器に濡れ布巾を敷いて、団子を等間隔に並べて蒸し器に蓋をして10分くらい強火で蒸して完成です。

 

 

伝統行事ではあるものの、現在は杵と臼で十六団子を作る家庭はあまりありません。

上新粉で簡単に作ることができるレシピを紹介しました。

他にも十六団子のレシピはあるようですが、ここでは簡単に家庭で作れるレシピを紹介しましたので参考にしてください。

東北地方や北陸地方の行事で、農家さんが中心となって行う行事のようですが、豊作を祈るのは農家さんだけの話ではありません。

私達も毎日お米をいただきているのですし、美味しいお米の豊作を祈って東北地方や北陸地方ではない地域に住んでいる方3月16日に十六団子を作って豊作を祈願するのも良いですね。

【まとめ】

十六団子について説明させてもらいました。

毎日お米を食べているのに、その伝統行事を私は初めて知りました。

私はお米が大好きで、1日3食お米を食べる日も少なくありません。

次の3月16日には、私も美味しいお米の豊作を祈って十六団子を作ってみようと思います。

簡単に作れそうですし、子供とも楽しく作れそうだなと思いました。

こうやって日本の伝統行事を日本全国に伝わっていくと素敵だなと思いました。

また十六団子は、可愛らしいですし美味しそうですよね。

農家さんのこと、神様のことを考えながら伝統行事を続けていきたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました